【BtoBとBtoC】転職するなら知っておきたいBtoB企業とBtoC企業の違いとは!?

【BtoBとBtoC】転職するなら知っておきたいBtoB企業とBtoC企業の違いとは!?

BtoBとBtoCのビジネスモデルについて、社会人なら聞いたことはあると思います。聞いたことはあるけれど、詳しくはわからないという方のための用語解説から、ビジネスモデルによって生じる会社の違い、求める人材の違いまで解説します。(Misa)

【関連記事】「ものづくり業界では必ず理解すべき「OEM」とは!?【具体例で理解する「OEM」】」

1.BtoBとBtoCの意味と関連する用語

ご存じの方が多いと思いますが、BtoBとBtoCの違いについて解説します。フワッと理解していた方はあらためて確認してください。

1.1.BtoBとBtoCはビジネスモデルを示す用語

BtoB(Business to Business)は企業から企業に向けたビジネスモデルです。BtoC(Business to ConsumerもしくはBusiness to Customer)は、企業が個人に対して提供するビジネスモデルです。

【関連記事】「【ビジネス用語一覧】職場でよく使うビジネス用語集100選、意味と例文を紹介」

post763_img1.jpg

1.2.その他の主なビジネスモデルに関する用語は!?

その他の主なビジネスモデルに関する用語を紹介します。

1.2.1.BtoBtoC

企業から企業に卸し、個人に提供するビジネスモデル

例)

メーカー → 流通業者(卸、小売店) → 消費者

1.2.2.BtoC-EC

企業がECサイトを経由して個人に提供するビジネスモデル

例)

メーカー → インターネット流通(ECサイト) → 消費者

1.2.3.DtoC(Direct to Consumer)

BtoBtoCをスタンダードにしているメーカーが直接提供するビジネスモデル

例)

メーカー → 自社ECサイトなど → 消費者

1.2.4.CtoC

ここ数年で急増している個人間の取引です。

例)

個人(販売者) → ネットオークションやフリマサイトなど → 個人(購入者)

【関連記事】「【ODMとは】OEMとの違いやODMの身近な例、メリットとデメリットを解説」

キャリアアップを考えている方は、無料で相談できる転職エージェント「マイナビエージェント」がおすすめです。

「マイナビエージェント」のご利用方法はこちら。

2.BtoBとBtoCの違いで変わるポイント

ビジネスモデルによって生じる主な違いについて解説します。

2.1.会社の認知度

個人をターゲットとするBtoC企業CMやSNSなどを利用した宣伝活動を積極的に行い、また店舗や店頭で商品を見かける機会も多いため、会社や商品の認知度が高い傾向があります。

BtoB企業の中には、素材や部品メーカーのように一般消費者の認知度は低くても、グローバル・シェアをとっている企業もあります。

2.2.ブランディングや広報活動

BtoC企業は商品イメージとブランドが業績に直結するため、ブランディングや広報活動に積極的です。

BtoB企業の中でも、人材確保やSDGsを意識してブランディングに取り組む企業は増えていますが、業績に直結することはBtoC企業に比べて少ないようです。

【関連記事】「広報とは?職務内容から求められるスキルまで紹介」

post763_img2.jpg

2.3.社風

BtoC企業の社員は自社商品のユーザーあるいはファンである場合も多く、自社商品の魅力を外に向けて発信していく文化があり、外向的な社風の会社が多いと言えます。

BtoB企業は自社製品に誇りを持ちながらも、情報発信にはBtoC企業ほど積極的ではないケースもあります。

2.4.営業スタイル

BtoBとBtoC(BtoBtoCを含む)では顧客の購買行動が異なるため、営業スタイルが変わってきます。

BtoBの営業はターゲットが企業の窓口であるため、企業に直接働きかけることが多いです。

BtoCでは消費者一人ひとりにダイレクトにアプローチすることが難しい面もあるため、消費を促進するマーケティングや販売事業者に働きかけて販売を強化するスタイルになります。

【関連記事】「【マネタイズとは】もともとの意味やマネタイズのさまざまな手法を解説」

post763_img3.jpg

3.転職の際に注意すべき点

ビジネスモデルによって会社の構造や社風、求める人材が異なる理由と、転職の際に注意すべき点について以下に記載します。

3.1.ビジネスのターゲットが違う

ビジネスモデルによって会社の構造や社風にギャップが生じるのは、ビジネスのターゲットが違うからです。

会社の組織はビジネスモデルにあわせて構築され、ビジネスに必要な役割や部署も違ってきます。

3.2.求める人材の傾向も異なる

つまり、ビジネスモデルによって求める人材の傾向も変わるのです。同じ業種の同じ職種でも、法人向け(BtoB)と個人向け(BtoC)では、業務内容や働き方が違う場合があります。

転職を考えるときには、その部分もしっかり見きわめておかないと、入社後にミスマッチを感じる場合があります。

一方で、最近ではBtoBの企業がBtoCの市場にスタートアップとして参入するケースも増えています。

どちらのビジネスモデルでも、身につけたスキルや経験を活かして、新しい価値を創造できる人材が求められています。

【関連記事】「【アライアンスとは】ビジネスにおける意味と重要性、M&Aとの違い」

今の仕事、会社がつらい場合は、無料で相談できる転職エージェント「マイナビエージェント」にご相談ください。

「マイナビエージェント」のご利用方法はこちら。

原稿:Misa

ITベンチャーで企画、人材開発、広報などを経て独立。現在はコンサルタント、ときどきライター。ライターとしては、ビジネス系を中心に、アニメ・マンガ、車から美容・健康まで何でもチャレンジ中。



この記事をシェアしよう!