モテナビ|転職・人材紹介サービスのマイナビエージェント 豊富な求人情報で、あなたの転職をサポートします。

転職エージェントのマイナビエージェント >  モテナビ > 

モテナビ|二日酔い対策・完全マニュアル ~幹事になって牡蠣を食え~02

2012.12.12.

二日酔い対策・完全マニュアル
~幹事になって牡蠣を食え~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二日酔い克服法1:朝風呂で汗をかく。

あれだけ言ったのに二日酔いになってしまったあなた。一体どういうことでしょうか。まず朝風呂に入って反省してください。
体内に摂取されたアルコールは一晩たつと、肝臓の働きでアセトアルデヒドという猛毒に分解されています。これを体外に排出するためには、尿、汗をバンバン出すしかありません。布団を出る勇気を振り絞って、熱い風呂に入りましょう。
汗をたくさんかくにはぬるま湯の半身浴の方が良いとされますが、ぼやけた意識を取り戻すには熱い風呂が一番です。

二日酔い克服法2:温かい緑茶を飲む。

アルコールの分解には大量の水分が必要とされるため、二日酔い明けの朝は脱水症状。のどが異様に渇くのはそのためです。
風呂を上がったら、水分を摂取しましょう。スポーツドリンクは水分の吸収率の良い飲み物ですが、キンキンに冷やした飲み物は体温を奪う上、ついつい飲み過ぎて胃を圧迫し余計に気分が悪くなってしまいがち。飲むなら少し温めたり、お茶やコーヒーなどカフェインの入った飲み物を適量飲むのがオススメです。汗をかいたり、尿を排出した後はまた、適度に水分を補給し直しましょう。
他に黒酢、牛乳、野菜ジュースなども二日酔いに良いとされますが、二日酔いは吐き気との戦いでもあります。気分に合うもの、好きなものを適量飲む分には、何を選んでも問題ないでしょう。

二日酔い克服法3:牡蠣と柿を食う。

飲む前に食った方が良いものは飲んだ後も食った方が良いものです。そういった意味では、上述した牡蠣・柿や、ウコン、チョコレート、牛乳などはオススメです。
二日酔い明けは食欲なんてないものですが、胃腸を目覚めさせてあげるとアルコールの分解が進み、体調の回復は早まります。食べたい、食べても良いと思えるものなら、とにかく何でも口にしてみることが肝心です。
ただし、胃腸は暴飲暴食で疲れきっています。冷たいアイス…よりは、体が温まるおじやや湯豆腐といった、渋い定番料理の方が体には優しそうです。

二日酔い克服法4:黄色いシャツでスポーツする。

新陳代謝をうながし、汗をかくためには、多少の無理をしても外出して体を動かすべきです。もし、立ち上がる気力があるならば…約束していたフットサルへ出かけましょう。
ユニフォームは黄色でキマリです。黄色には、消化を助け、胃腸の働きを強くする視覚効果があると知られています。また、スパイクは体の回復機能を高める紫色がベターです。
どうしても、それでもどうしても家を出ることができないよ!という方は、布団や天井をあらかじめ黄色にしておくと、何か良いことがあるかもしれません。

くところによるとラスベガスには『二日酔い天国』と呼ばれるバスが走っているそうです。
これはラスベガスの主要ホテルを専用バスが巡回、二日酔いに苦しむ人を集めては水分補給やビタミン剤の点滴をしてくれるというもの。わずか45分後には「じゃあもう1杯飲みに行くか」ってくらい元気になっちゃうと言うのだから、何をどう気をつけても毎回二日酔いになる、かつ、お金が余っちゃって余っちゃってどうしようもないという方は、忘年会・新年会をラスベガスで開催するというのもアリかもしれませんね。

「正しいお酒の飲み方研究家」評論家・イワタテ

専門のキャリアアドバイザーが
あなたの転職活動を無料サポート