未経験OKの求人も多い「経理」ってどんな仕事?|求人・転職エージェント

転職エージェントとは

転職サイトと異なる転職エージェントの特徴と役割について

未経験OKの求人も多い
「経理」ってどんな仕事?

初めての転職エージェント FAQコンテンツ

利用しないと得られない転職エージェントの10大メリット

「ほとんどの企業に最低でも1人はいる経理担当者。経理は、会社のお金を管理する専門職ですが、実は未経験でも応募可能な求人は多く、転職エージェントでも数多くの案件を取り扱っています。
ここでは、実際に転職した場合の仕事内容をはじめ、経理に必要とされるスキル、年収、キャリアパスまで、経理の仕事をまとめてご紹介します。

経理の仕事とは?

経理の仕事は多岐にわたりますが、一言でいうなら「会社のお金の流れを記録・管理する仕事」です。まず、日常の業務では「小口精算」や「預金の管理」「請求書の発行」「売上と入金の確認」「仕入先に支払う買掛金の管理」などがおもな仕事となります。これに加えて月に1度の業務として、「月次決算」「費用と収益のバランスを把握・分析して改善要求を出す」「公認会計士とのやりとり」などがあり、さらに「年次決算」をはじめとする定期決算業務があります。
1人の経理がどこまで担当するかは、会社の規模や経理担当者の人数によって様々です。ただ、未経験者や経験が浅い経理の場合は、「小口現金の管理」や「請求書の発行」などの日常業務から始めて、慣れてきたら月次決算、定期決算、年次決算もできるようにと、一段ずつステップアップしていくのが一般的です。

経理に必要なスキル

経理に必要なスキルといえば、真っ先に「簿記」が浮かびますが、それは経理をする以上、当然、持ち合わせておくべきスキルといえるでしょう。ここでは、簿記以外に求められているスキルをご紹介します。

コミュニケーション能力

意外に思われるかもしれませんが、経理は、会計記録を基に各事業部と予算や売上の話をしたり、税理士や会計士とやりとりをしたりと、社内の他部署や、社外のパートナーと連携する機会が多い職種です。また、時には、会計データを分析した資料を基に、会社経営の問題点や改善のための提案、今後の経営の展望などに関して、経営陣や他部署に向けてプレゼンテーションをすることもあります。以上のことから、経理にはコミュニケーション能力は欠かせないといえるでしょう。

わかりやすい資料を作成する能力

せっかくお金の流れを記録し、分析しても、その内容を会社経営に役立てられなければ、意味がありません。日頃の記帳を正確に行い、間違いのない決算書を作ることはもちろん大切ですが、そこから一歩進んで、経営者が見て自社の経営の現状や課題が一目でわかるような資料を作ることができれば、さらに良いでしょう。
ただでさえ、膨大な情報が並ぶ経理資料ですから、見た人が理解しやすく、問題点や改善点を発想しやすい資料となっていると、会社経営に大いに役立ちます。

経営者目線で数字を分析し、経営戦略を練る力

IT技術の進歩によって、経理の仕事のうち、「入力業務」などの単純作業はどんどん自動化が進められており、今後の経理の仕事はデータを分析して経営戦略を練ることに移っていくといわれています。経営者目線で数字を分析し、会社運営に役立つアドバイスができることは、これからの経理に求められるスキルのひとつです。

経理の年収

マイナビエージェントが2016年までに調査した内容によると、経理の年収は平均443万円で、一般事務の347万円や総務の381万円に比べて多いですが、人事の478万円や財務・会計の531万円に比べると低く、事務系の職種の中で多いとはいえません。ただし、これは全体の平均ですので、年代や勤める会社の規模によりばらつきがあります。

経理におすすめの資格

経理を目指す未経験者が取っておくべき資格は、何といっても「日商簿記検定」です。この資格さえあれば、実務自体は未経験でも応募可能とする企業は多いので、経理への転職を目指すなら、転職活動を始める前に取得しておきましょう。
3級があれば応募できる求人はありますが、できれば2級を取っておくと選択肢が広がります。

他の求職者と差をつける資格

日商簿記検定は、経理を希望する人ならほぼ全員持っている資格なので、他の求職者との差別化にはなりません。そこで、やる気をアピールするために、会計・経理・財務の知識が試される「経理・財務スキル検定(FASS)」や「経理事務パスポート検定(PASS)」「電子会計実務検定」など、他の財務・経理系資格を併せて取得することもおすすめです。

ステップアップを目指す資格

経理担当者として実績を積んだ後、さらなるステップアップを目指して挑戦する資格としては、「税理士」や「公認会計士」があります。また、外資系やグローバル企業への転職で有利になる「U.S.CPA(米国公認会計士)」や「IFRS検定(国際会計基準検定)」「BATIC(国際会計検定)」なども、取得すれば働き方の選択肢が広がる資格といえるでしょう。

経理のキャリアパス

経理のキャリアパスとしては、大きくは次の3つが考えられます。キャリアパスは面接の際に聞かれることもありますので、自分は何がしたいのか、自分には何ができるのか、またその理由を答えられるようにしておきましょう。

  • 経理から主計になり、財務部長を目指す

    経理から主計(経理チームのリーダー)になり、財務部長へと経理の道を究めていくのは、最もオーソドックスなキャリアパスとなります。また、中小企業の経理としてキャリアを積み、大企業の経理へとステップアップする人もいます。

  • 経営企画へと進む

    経営企画とは、市場のニーズや競合他社の調査、消費者の動向などのデータを基に経営戦略を練る部署のことで、いわば経営者のパートナー的存在です。会社経営に興味にある人におすすめの部署といえます。

  • 税理士や公認会計士を目指す

    資格を取って税理士や公認会計士になるのも、ひとつの道です。資格を取得することができれば、企業内税理士・会計士として働く、または自分で起業する、大手会計事務所や税理事務所に勤務するなど、様々な働き方を選ぶことができます。

未経験OKの求人も多い「経理」ってどんな仕事?ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。