面談する際に準備することはありますか?|求人・転職エージェント

転職エージェントとは

転職サイトと異なる転職エージェントの特徴と役割について

望まない求人情報は
断る勇気も必要!
転職エージェントの賢い使い方

初めての転職エージェント FAQコンテンツ

利用しないと得られない転職エージェントの10大メリット

キャリアアップや新たな可能性を求めて「転職」を思い立ったものの、今の仕事を続けながらでは、転職活動をする暇がない…という悩みを抱える人も少なくないでしょう。

そんなときに手助けしてくれるのが転職エージェントです。実際、転職エージェントに依頼したことで、好条件の企業に転職できたという声が数多く上がっています。

しかし、一方で、転職エージェントの上手な活用方法がわからないという人もいるようです。転職活動を成功に導く、正しい使い方とはどのようなものなのでしょうか?

転職エージェント利用の流れ

まずは、転職エージェントを利用する場合の基本的な流れを追ってみましょう。

  • 1. 登録

    Webサイトから転職エージェントに登録をします。

    登録完了となれば、担当者より電話やメールで面談日程の調整依頼がきます。

  • 2. キャリアアドバイザーとの面談

    履歴書と職務経歴書を用意し、面談を行います。基本的には平日の日中に転職エージェントの所在地で面談をしますが、時間がとれない場合には、就業時間後や休日にも対応してくれます。

    面談では以下の項目は必ず聞かれますので、面談当日までに整理しておきましょう。

    • 求める仕事内容
    • 希望する勤務地
    • 希望年収
    • 入社可能時期

    メールや電話で面談ができるところもありますが、自分の要望をきちんと伝えるためには、直接会って話をすることをおすすめします。

  • 3. 応募企業の選定

    上記の条件を基に、転職エージェントから求人の紹介があります。気になった求人や、ぜひ受けたい企業があれば、詳細を確認して応募します。

    望んでいない求人が出てきた場合には、どこが要望にマッチしていないのかを伝えましょう。そうすることで、次から間違った求人が案内されないようになります。

  • 4. 書類審査、面接

    履歴書や職務経歴書は、担当のキャリアアドバイザーがチェックし、応募先に適した内容かどうか添削してもらうことも可能です。面接対策も行ってくれますので、不安な方は相談してみるといいでしょう。

    面接の日程調整など、企業との連絡は転職エージェントを介して行うため、先にスケジュールを伝えておくとスムーズです。

  • 5. 内定獲得

    応募企業から内定が出れば、無事転職活動は終了です。

    入社前に不安なことや確認しておきたいことは、転職エージェント経由で確認することができます。年収やポストなどといった条件面の交渉は、最終面接後、内定が出る前に行います。

転職エージェントにどこまで任せていいのか?

転職活動において、転職エージェントにどこまでお願いしたらいいのでしょうか?

「お任せしていいことがわからず、うまく負荷を軽減できない」または「自分ですべきことを任せてしまい後悔した」ということにならないよう、転職エージェントに任せることと自分でやるべきことについてご紹介します。

  • 求人の情報収集

    情報収集と企業への応募は、すべて転職エージェントにお任せでOKです。

    そもそも、個人でチェックできる求人には限りがあります。転職エージェントは、膨大な求人の中から条件にマッチする求人のみを抽出するノウハウを持っていますので、自分で探すよりも転職エージェントに任せたほうが時間もかかりません。

    また、転職エージェントの場合、その企業の社風や雰囲気のほか、人事担当者や直属の上司となる人の人柄などもわかることがあります。

    このような、転職エージェントではないとわからない情報は、応募するかどうかを決めるときに重要なポイントとなります。

  • 紹介された求人の精査

    転職エージェントに紹介された求人の中から、これはというものをピックアップします。こちらはすべて、自分で行わなくてはいけません。

    もちろん、応募前にほかの人の意見を聞くことは悪いことではありませんが、受けるかどうかを他人の意見で決めてしまうのは良くありません。転職エージェントの意見は、どうするか迷っているときの参考程度にしましょう。

  • 求人への応募

    企業への応募の際に必要な、提出書類の準備は自分で行わなくてはいけません。しかし、企業への提出は転職エージェントを介することになります。

    また、書類を提出する前に、手直しが必要かどうかを転職エージェントにチェックしてもらうこともできます。応募先が求める内容と違う場合には、アドバイスに従って書類の修正を行いましょう。

  • 面接後の対応

    面接が終了すると、企業から転職エージェントへ合否の連絡が来ます。その際に、評価点と懸念点をフィードバックしてもらい、二次面接や他社の面接に生かしましょう。

    第一志望の企業には、合否が出る前に意欲を伝えてもらい、合格への後押しをしてもらうことが可能です。また、条件の交渉など、自分では難しいことも転職エージェントを介して行うことができます。

    これらはすべて、転職エージェントならではのメリットです。

キャリアアドバイザーとの付き合い方は?

転職エージェントは、求職者に代わって企業とやりとりをしてくれる存在です。

ですから、担当してくれるキャリアアドバイザーとのコミュニケーション次第で、内定が左右されることもあるかもしれません。また、キャリアアドバイザーには、ほかにも抱えている求職者がいるため、ほかの方と比較して転職活動が大きく進まない可能性もあります。

では、キャリアアドバイザーと共に上手に転職活動を進めるにはどうすればいいのでしょうか。

  • お客様ではなくパートナーとして振る舞う

    転職エージェントからすれば、求職者はお客様です。しかし、求職者がお客様然とした振る舞いをしていると、キャリアアドバイザーもマニュアル的な対応しかしてくれません。転職を成功させるためのパートナーだという認識で対応するようにしましょう。

  • こまめに連絡をとる

    転職活動の状況をこまめにキャリアアドバイザーと共有するようにしましょう。

    転職活動に関わる情報はもちろん、現在の仕事の状況やプライベートの状況をこまめに伝えることも重要です。「仕事が忙しい時期なので、来月以降に面接の予定を入れていきたい」「子供が幼稚園に入園するとお金がかかるので、4月までに転職したい」というような、転職に関わる情報はいち早く連絡するようにしましょう。

  • 積極的にアドバイスを聞く

    求人の選定や提出書類のアドバイス、応募先のネガティブ情報などを積極的に聞くようにしましょう。

    このとき、キャリアアドバイザーの言うことを素直に聞いて、むやみに否定したり、曖昧な回答をしたりしないようにしましょう。意見が違うと思う場合には、「自分はこのように思うが、どうですか?」と、自分の意見についてのアドバイスをもらうといいでしょう。

  • アピールポイントを教える

    自分の経歴や成果について、企業へのアピールポイントを簡潔にまとめて伝えましょう。キャリアアドバイザーにアピールポイントを伝えることで、「このような人材を求めている企業は〇〇だ」と、アドバイザーが持っている情報と求職者を頭の中で結び付けてくれます。

転職エージェントを賢く使いましょう!

転職エージェントは、転職活動において非常に便利な存在です。

あなたの転職が成功するために、積極的にサポートしてくれますので、自分の要望や情報は包み隠さずに伝えるようにしましょう。

また、無料でやってくれているのだからといって遠慮はいりません。自分の要望とマッチする提案をしてくれるまで、何度でも思いを伝えてください。転職エージェントを利用して、「必ず転職を成功させるのだ」と考えるようにしましょう。

その他のFAQ

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面談する際に準備することはありますか?ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。