転職する際に有利な時期はあるの? |求人・転職エージェント

転職エージェントとは

転職サイトと異なる転職エージェントの特徴と役割について

転職する際に
有利な時期はあるの?

初めての転職エージェント FAQコンテンツ

転職する際に有利な時期はあるの?

転職活動を行う際には少しでも自分に合った企業に出会いたいものです。では、転職するにあたり有利な時期、不利な時期はあるのでしょうか?また、勤続年数はどのくらいで、人生の中で転職に向いた時期となるのでしょうか?今回は、転職と時期について徹底解説を行います。

まずは転職市場動向を把握しよう

転職市場には企業の転職ニーズを示す転職市場動向という数値があります。転職市場動向とは企業の転職ニーズが多いのか少ないのかを2016年上半期、2016年下半期などと言うように、転職ニーズの動向を調査発表しています。

  • 転職市場動向を転職活動開始の1つの目安として参考にしよう

    転職市場動向は、企業全体の採用意思が強いのか弱いのかをおおよそ知ることが出来ます。企業の求人ニーズが強い時は、転職に有利な売り手市場であると一般的には言われています。そのため、自分が転職活動をするべきかどうか迷っている方は、転職市場動向を参考にして、企業の求人ニーズが強いとされている時を狙って転職活動をスタートさせるとよいでしょう。

    転職活動は自分の就職希望時期と企業の求人時期がマッチしていることが前提の、めぐり合わせの側面も大きいですので、売り手市場の時の方がより良い企業と出会える確率が高いためです。

転職に最適な時期は?

では転職に最適な時期はいつになるのでしょうか?市場全体と自身のタイミングについてみていきましょう。

  • 1月~3月は最も転市場が活発化する時期

    一般的に転職活動は1月~3月に行うのがよいとされています。年内に新卒採用の採用活動が一段落し、採用計画との比較を行い、足りない人数は第二新卒や中途採用へと切り替える傾向にあります。また年度末の退職者の補充なども考える時期になるので、採用ニーズは高まります。同様に期末という意味で、9月もニーズが高まりやすい時期と言えるでしょう。

  • 勤続年数はどのくらい必要か

    年数だけを見ると、よい転職を行うための勤続年数はだいたい“2年以上が必要”と言われています。

    転職市場動向が売り手市場だからと言って、勤続年数が2年にも満たないのに焦って転職を行っても企業から「すぐ辞めてしまう人」と見られてしまったら、転職活動はうまくいきません。2年以内の転職を何度も繰り返し職を転々としている人はなおさらです。

    そのため、転職市場動向が売り手市場だからと言って、その情報に左右されることなく、腰を落ち着けて勤続年数を満たすまで待つことも1つの転職活動です。

  • 業界によって求人ニーズが高まる時期は異なる

    前述の通り、転職市場動向は全体の求人ニーズを反映したものとなっていますが、必ずしもすべての業界が転職市場動向と同じ求人ニーズがあるとは限りません。

    そのため、全体の求人動向にばかり左右されることなく、自分の行きたい業界の動向をしっかりと見極めることが大切です。

長い目で自分に合った企業を探しましょう

転職求人動向が売り手市場だからといって無理に焦ることなく、長い目で自分に合った業界や自分に合った企業と出会うことが大切です。ただし、そうはいっても自分だけで探すとどうしても市場動向に流されて焦ってしまうものですので、腰を落ち着けてじっくりと自分に本当に合った企業を探したいのであれば転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは客観的に転職希望者のビジネスパーソンとしての能力を把握しているため、自分で自分のことを分かっているつもりでも、全く違った業界への転職をすすめられたりすることもあるため、新たな自分と出会えるのも転職エージェントを活用した転職の魅力でもあります。

転職エージェントは業界ごとに異なる求人ニーズも把握している

転職市場動向というのはあくまで労働市場全体の求人ニーズをもとにした情報で、実際には求人ニーズは業界によって異なります。転職エージェントは表面では分からない細かい転職情報を把握していますので、自分の希望する業界の隠れた求人ニーズも知っている可能性が高く、そのような面からも転職にはエージェントを活用したほうが有利になります。

  • 何ヵ月前から登録すればよいのか?

    一般的に転職活動は1~3ヵ月間で行われると言われています。そのため、転職希望の3ヵ月くらい前に登録する人が最も多いようです。じっくりと探したい方はもっと前から登録しておけばよいですし、とにかく早く転職したいという人は、3ヵ月程度前から登録を行うのがよいでしょう。

  • 転職のスケジュール

    4月入社のために3ヵ月間の転職活動を行う場合のタイムスケジュールの一例は、おおよそ以下のようになっています。

    1. 11月 転職エージェント登録、求人情報収集
    2. 12月 転職活動(転職エージェントとの面談等)
    3. 1月 面接、最終面接
    4. 2月 内定、内定受諾、現勤務先への退職交渉
    5. 3月 退職、引き継ぎ等
    6. 4月1日 転職先企業へ入社

転職エージェントを活用することで、一般的な求人情報よりも具体的な転職情報を得たうえでの転職活動ができますので、双方のニーズがマッチすれば転職活動は驚くほどとんとん拍子に進んでいきます。

転職活動の多くは現在の仕事をしながら行うものですので、新卒時の就職活動とは異なり、その活動ばかりに集中できません。

時間的、精神的な負担をできるだけ減らすためにも転職エージェントを活用することが、賢く失敗しない転職活動であると言えるのではないでしょうか?

まとめ

  • 転職市場動向は全体の求人ニーズが反映されており、全体として売り手市場なのか買い手市場なのかを把握できる
  • いますぐ転職したいわけでなければ、勤続年数が2年以上経過するまでは焦って転職しない方が無難
  • 1月~3月が転職によい時期とされている
  • 業界によって求人ニーズが高まる時期は異なる
  • 転職エージェントを活用したほうが効率のよい転職活動ができる

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

転職する際に有利な時期はあるの?ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。