プリセールスとは?仕事内容や平均年収、将来性について詳しく解説|求人・転職エージェント

メニュー

更新日:2022/12/26

IT業界

プリセールスとは?仕事内容や平均年収、将来性について詳しく解説

it_1341.jpg

この記事のまとめ

  • プリセールスは自社のシステムや製品の導入を検討している顧客に対して製品の専門的な説明や質疑応答をする仕事。
  • プリセールスには「最先端の技術に触れられる」「豊富なキャリアパスがある」などの魅力がある。
  • プリセールスの平均年収は599万円とIT業界の中でも高め。

IT業界には「プリセールス」という職種があります。営業担当に同行し、自社のシステムや製品の導入を検討している顧客に対して製品に関する専門的な説明や質疑応答をする役割を担います。プリセールスへの転職を検討しているのであれば、事前に仕事内容や将来性、仕事に役立つスキルを押さえておきましょう。

この記事では、プリセールスの仕事内容や働く魅力、仕事に必要なスキルを詳しく解説します。将来性や平均年収についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

目次

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

プリセールスとは?営業やセールスエンジニアとの違い

it_1341_1.jpg

プリセールスは製品の販売において、IT技術の専門的な知識を活かして営業担当をサポートする仕事です。プリセールスとは「あらかじめ」「以前の」という意味を持つ「pre」と、販売を意味する「sales」からなる言葉で、「成約の前段階」を意味します。ここではプリセールスの仕事内容や営業・セールスエンジニアとの違いについて詳しく解説します。

プリセールスの仕事内容

プリセールスは自社システムや製品の販売において技術面から営業担当をサポートする仕事です。基本的には営業が顧客との商談の機会を作り、顧客が抱える課題やニーズをヒアリングします。その後の具体的な提案の段階で、プリセールスが技術面における専門的な説明や質疑応答を行い、契約獲得を支援します。プリセールスは営業に近い職種であり、専門的なITの知識に加えてコミュニケーション能力や提案力が必要です。

営業やセールスエンジニアとの違い

営業もプリセールスも契約獲得に向けて仕事を進める点では共通していますが、プリセールスはどちらかというと「エンジニア」寄りといえます。営業は提案書の作成や社内調整など商談全体を管理しますが、プリセールスは技術的な説明や質疑応答がメインの業務です。

セールスエンジニアは営業担当を技術面でサポートする点においてプリセールスと似ています。しかし、セールスエンジニアは契約後の導入サポートや運用の窓口まで業務に含まれる点に大きな違いがあります。

プリセールスが「つまらない」「きつい」と言われる理由

it_1341_2.jpg

プリセールスは専門的な知識を活かせる魅力的な仕事ですが、マイナスなイメージを持っている人も少なからずいます。これからプリセールスへの転職を目指す人は、なぜプリセールスが「つまらない」「きつい」と言われているのかを知っておきましょう。

コーディングに関わる機会が少ない

プリセールスはエンジニアではあるものの、仕事内容は営業職に近いものがあります。現場でコーディングをする機会は一般的なシステムエンジニアと比べると少ないため、開発に携わりたい人にとっては「つまらない」と感じる場合もあるでしょう。

数字に追われるプレッシャーがある

プリセールスは営業職と同じように売上目標や成約件数などのノルマがあるため、「きつい」と感じる人もいるかもしれません。一方で、成約につながった際には大きな達成感を得られます。また、自分が働いた成果が数字という目に見える形で表される点にやりがいを感じられるでしょう。

プリセールスとして働く3つの魅力

it_1341_3.jpg

プリセールスへの転職を考えているものの、本当に自分に合った仕事なのかが分からずに悩んでいる人もいるでしょう。ここでは、プリセールスとして働く3つの魅力を解説します。これらのポイントに魅力を感じられるのであれば、プリセールスへの転職を前向きに検討してはいかがでしょうか。

1.自分の技術が顧客の役に立つことを実感できる

プリセールスは、営業のサポートとして顧客の抱えている課題や悩みを解決し、自社のシステムや製品の受注につなげる仕事です。自分の提案が採用され、顧客の業績改善に貢献できた際には大きなやりがいを得られるでしょう。また、大規模な案件に携わる機会も多く、会社の利益に貢献できる点も魅力のひとつです。

2.最先端の技術に触れられる

IT業界は技術やトレンドの変化が早いため、プリセールスとして活躍するには知識のアップデートが必要です。大変な仕事ではありますが、常に最先端の技術に触れられる点は大きな魅力といえるでしょう。仕事に刺激を求めている人や向上心の高い人に適した仕事といえます。

3.豊富なキャリアパスがある

プリセールスはIT関連の知識・スキルに加え、コミュニケーションスキルや営業スキルも磨ける仕事です。そのため、以下のように豊富なキャリアパスを選択できます

  • ITコンサルタント
  • ITアーキテクト
  • プロジェクトリーダー
  • IT監査

上記の職種では高いコミュニケーションスキルが求められますが、プリセールスとして培った経験をアピールできれば転職を有利に進められます。

プリセールスへの転職に役立つスキルや資格

it_1341_4.jpg

プリセールスはエンジニアの専門的な知識に加え、営業のスキルも求められるため転職するのは簡単ではありません。転職の成功確率を上げるためにも、プリセールスに求められるスキルや資格を身につけてから転職活動を始めるとよいでしょう。ここでは、プリセールスへの転職に役立つスキルや資格について詳しく解説します。

エンジニアのスキル

プリセールスはITの専門家として営業担当をサポートする仕事です。サーバーやネットワーク、アプリケーションといったIT関連の知識・スキルが欠かせません。また、受注獲得のためには自分の会社が扱っている製品やサービスについても深く理解する必要があります。

営業のスキル

プリセールスには自社製品を売り込むための営業スキルが重要です。受注獲得のためには顧客の抱える課題や悩みをくみ取り、それに合わせて自社製品のメリットをプレゼンする必要があります。また、商談では予算や納期など顧客の希望をヒアリングしたうえで折り合いをつけるための交渉力も大切です。

ITや英語の資格

プリセールスになるために必須の資格はありません。しかし、ITに関する専門的な知識が求められる職種であるため、以下の資格を取得していれば転職を有利に進められます。

  • 基本情報技術者試験(FE)/応用情報技術者試験(AP)
  • システムアーキテクト試験(SA

また、プリセールスが扱う製品・サービスには海外ベンダー製のものもあり、製品情報やトラブルシューティングなどで英語力が必要になるケースもあります。余裕があれば、英語スキルを証明できるTOEICを受験するとよいでしょう。

プリセールスの将来性と年収

it_1341_5.jpg

転職後の後悔を防ぐためには、あらかじめ希望する職種についての理解を深めることが大切です。ここでは、プリセールスの将来性や年収を解説します。これから10年先、20年先も長く働き続けられるよう、ここで紹介するポイントを参考に検討してみてください。

ITの発展に伴って需要が高い職種

IT業界は年々成長の一途をたどっていますが、その一方でIT人材は不足しているのが現状です。プリセールスに限らずIT人材は転職市場において安定した需要があるといえるでしょう。また、今後はさまざまな業界・企業のDX化が進むことが予想されています。高度なITスキルを持ったプリセールスは将来性が高い職種といえます

平均年収は599万円

マイナビエージェントの「職種別平均年収ランキング【2020年版】」によると、プリセールスの平均年収は599万円です。IT・インターネット・通信業界の中でも2番目に高い平均年収を誇ります。また、20代の平均年収は360万円、30代の平均年収は552万円と、スキルや経験を積むことで大幅な年収アップも期待できます。

未経験でもプリセールスへ転職できる?

プリセールスは高度なITの知識・スキルが求められる職種であるため、IT業界未経験者が転職するのは簡単ではありません。IT業界未経験者はまずプログラマーやシステムエンジニアとして経験を積み、プリセールスへのキャリアアップを目指したほうがよいでしょう。すでにIT業界で働いていて営業経験がない場合、顧客との打ち合わせに同行するなどして折衝経験を積むのがおすすめです。

まとめ

it_1341_6.jpg

プリセールスは営業担当に同行し、自社のシステムや製品の導入を検討している顧客に対して製品の専門的な説明や質疑応答をする仕事です。プリセールスには平均年収が高い、キャリアパスが豊富といった多くの魅力があります。選択肢のひとつとしてプリセールスへの転職を検討してはいかがでしょうか。

「プリセールスへ転職したい」「自分に合ったIT業界の求人を紹介してほしい」といった人は、ぜひマイナビITエージェントにご相談ください。業界に精通したキャリアアドバイザーが転職活動をサポートいたします。

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

タグ一覧
執筆・編集

マイナビエージェント編集部

マイナビエージェント編集部では、IT業界・メーカー・営業職・金融業界など、様々な業界や職種の転職に役立つ情報を発信しています。マイナビエージェントとは、業界に精通したキャリアアドバイザーが専任チームで、あなたの転職活動をサポートします。多数の求人情報の中から最適な求人をご紹介します。

SNSシェア

注目コンテンツ