金融エンジニアの志望動機のポイントは?注意点や例文も紹介|求人・転職エージェント

更新日:2022/05/30

金融業界

金融エンジニアの志望動機のポイントは?注意点や例文も紹介

finance_1124.jpg

この記事のまとめ

  • 金融エンジニアとは、銀行、保険会社、証券会社の使う金融システムを開発・運用するシステムエンジニアのこと。
  • 金融エンジニアの仕事には高いスキルや業務の質が求められる分、高収入が期待できる。
  • 志望動機を作成する際は入念に企業リサーチをし、企業の強みや方向性が自分の能力ややりたいことと重なっている点をアピールする。

金融エンジニアは、ほかのシステムエンジニアよりも高収入が狙える人気の職種です。他業種のシステムエンジニアや未経験から金融エンジニアへの転職を目指したい方もいるのではないでしょうか。

この記事では、金融エンジニアとして転職を希望する際に知っておきたい志望動機作成のポイントを解説します。人気職種ということもあり、ライバルは少なくありません。ポイントを押さえた志望動機を作成できれば採用担当者の目を引き、転職に成功できるでしょう。

目次

金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント

金融エンジニアとは

finance_1124_1.jpg

システムエンジニアの中でも、金融エンジニアは高収入を狙える職種として注目されています。キャリアアップの手段としてシステムエンジニアから転職する人もいれば、未経験からチャレンジする人もいる人気職種のひとつです。しかし、企業や業界研究不足から転職後にミスマッチが起きてしまうことも少なくありません。ここでは、金融エンジニアとはどのような職業なのかを詳しく解説します。

金融エンジニアの仕事内容

金融エンジニアとは、銀行や保険会社、証券会社といった金融業界で使用されるシステムを担当する職種です。金融系企業でシステムの開発や運用に携わることもあれば、金融系企業を顧客とするIT企業で働くこともあります。

近年、金融システムにおいてはIT化が急速に進んでいます。オンラインでの証券取引やインターネットバンキングなどが一例です。インターネットを使った商品・サービスの販売は早さや便利さがより追求されるため、金融エンジニアの必要性は増しています。

金融エンジニアの種類

一口に金融エンジニアといっても、銀行や保険会社、証券会社ではそれぞれ使用する金融システムが異なるため、業種によって業務内容は大きく変わります。たとえば銀行で主に用いられるのは、ATMやインターネットバンキングからの入出金処理や利息計算などをする勘定系システムです。

保険会社では幅広い保険商品を取り扱っているため、各商品に合わせたシステムの構築や運用が必要です。証券会社では証券の注文や約定の管理システム、顧客管理システム、営業店の事務処理システム、コンプライアンスシステムなど多くのシステムを担当します。

金融エンジニアは常に最新のシステムへのアップデートが要求される変化の激しい仕事であり、システムの全体像を把握するためにも日々の業務に精通している必要があります

平均年収や待遇

金融業界そのものの年収が高いため、金融エンジニアは他業種のシステムエンジニアよりも高年収・高待遇を期待できます 。マイナビエージェントによる調査でも、証券会社の平均年収は513万円、ネット銀行では503万円であり、IT・通信・ソフトウェアベンダーといった業種より30~50万円ほど高い結果が出ました。

金融業界の動向としては、堅調な伸び、または横ばいといった状態です。公的サービスの意味合いもあり、ビジネス規模が変動しにくいため、安定した収入が見込めます。福利厚生が充実しているのも大きな魅力です。

業務のやりがい

金融システムは経済活動を営むうえでなくてはならない重要なものです。仮に銀行の金融システムが1日停止した場合、その銀行を利用する数多くの企業や個人に損害を与えてしまいます。中には倒産する企業さえ出てきてしまうかもしれません。

このような金融システムを支える金融エンジニアは責任の重い仕事ですが、業務をこなす中で社会の役に立っている実感を得たい方には向いているといえます。

金融エンジニアで求められる能力

finance_1124_2.jpg

金融エンジニアの仕事はやりがいがあり、高収入も期待できます。未経験から金融エンジニアへの転職を果たす人もいますが、誰でもなれるものではありません。

ここでは金融エンジニアに必要なスキルや能力を解説します。金融エンジニアとして成功するためにも、自分が向いているかどうか適性を見極めることが大切です。ぜひ参考にしてください。

スピード感のある開発スキル

金融業界では、さまざまなサービスのIT化が進んでいます。サービス開発・企画のスピードや柔軟性が差別化の鍵となっているため、金融システムの開発に関してもスピード感が求められます。

金融システムにおいては長年、設計書を綿密に作り込み、テストを何度も繰り返す開発スタイルが一般的でした。しかし近年では、短期で結果を出すスピード感のある開発スタイルへと移行しつつあります。プログラミングスキルを習得していて質の高いプログラムを短時間で作成できる人であれば、金融エンジニアとして成功しやすいでしょう。

新規開発やサービス導入経験

金融業界のキャッシュレス化は拡大の一途をたどっています。「より早く、より便利に」という顧客の要望に応えることがビジネス成功の鍵となるため、フィンテックやビッグデータ、AIなどのトレンド技術の活用にも積極的です。

常に新しいシステムを模索する金融業界では、サービスの開発経験や導入経験がものをいいます。「アプリ開発の上流工程を経験している」「インフラの新規導入に関わったことがある」「クラウドシステムの導入や既存システムのクラウド化への対応経験がある」といった経歴は採用の際にも大いに重視されるでしょう。

資格を取得して業務に活かす能力

金融エンジニアになるために必要な特定の資格はありません。しかし、資格があると自分のスキルや能力を客観的に証明できるため、転職時に有利です。「情報処理安全確保支援士試験」や「CISSP認定資格」などを取得していると、金融システムの管理に欠かせないセキュリティ分野で十分な能力があることを示せます

金融システムを取り扱ううえでは金融関連の知識も欠かせません。「外務員」「銀行業務検定」「証券アナリスト」「日商簿記検定2級以上」「AFP」などの資格取得にも積極的に挑戦し、スキルを身につけましょう。

コミュニケーション能力

金融システムの開発時には、担当者間、あるいは顧客との意思疎通が欠かせません。どのようなシステムが必要とされているのか、相手の意図を十分にくみ取って反映させる能力が求められます。難しいシステムの話も、相手が理解できるように説明しながら解決策を提示することが重要です。コミュニケーション能力が高い人は、要望に沿った質の高いシステム作りができるでしょう。

社内メンバーとタスクやスケジュール調整をするうえでも、コミュニケーションは必要です。金融システムの開発や管理はひとりでするものではありません。金融エンジニアを目指すのであれば、コミュニケーション能力を培っておくとよいでしょう。

金融エンジニアの志望動機のポイント

finance_1124_3.jpg

志望動機を作成するうえで重要なのは、金融エンジニアという職業に加えて志望する企業をしっかりと理解することです。また、なぜ金融エンジニアになりたいのか、自分の強みをアピールしながら訴えられるようにしましょう。ここでは、金融エンジニアへの転職に際して押さえておきたい志望動機作成のポイントを解説します。

応募先企業の特徴を知る

まずは金融業界について書かれた書籍を読み、業界の概要や各企業の主要な特徴を把握することをおすすめします。そのうえで志望先企業のHPなどを読み込み、企業の強みや戦略、業界内でのポジションなどをチェックしていきましょう。企業の強みが表れている最新の事例などがあれば、その内容まで確認しておきます。

志望動機の作成で重要なのは、企業の強みや方向性が自分の能力や希望条件と重なっているかどうかという点です。そのようなポイントを探すつもりでリサーチするとよいでしょう。

金融エンジニアになりたい理由を伝える

志望動機の骨子を考えるにあたっては、「なぜ」「何を」がはっきりと伝わる内容にすることが重要です。その際は以下のポイントを意識して考えるとよいでしょう。

  • 「なぜ」金融エンジニアになりたいのか
  • 金融エンジニアになって「何を」やりたいのか
  • 「なぜ」この企業を選んだのか

未経験の場合は、どうしても具体性に欠けた内容になりがちです。入念に企業リサーチをすれば具体的な業務内容を想定した志望動機を作成でき、転職に対しての意欲を伝えられるでしょう。

スキルを活かして貢献できることを伝える

転職を成功に導くためには、自身が企業に貢献できる人材であることをアピールする必要があります。IT業界からの転職であれば、プログラミングスキルや開発経験などを志望動機に織り込みます。未経験の場合でも前職で培ったコミュニケーション能力や金融関連の知識などをアピールすれば好印象を持ってもらえるでしょう。

金融システムは経済の根幹といっても過言ではありません。スキルはもちろんのこと、「社会を支える金融システム」に取り組む意欲と責任感を持ち合わせていることが伝われば、採用へと一歩近づきます。

金融エンジニアの志望動機で注意する点

finance_1124_4.jpg

志望動機は長ければよいというものではありません。相手に伝わるかどうかが採用のポイントです。伝わる志望動機を作成するには要点を絞って伝える、企業への貢献を意識するなど注意しなければならないポイントがあります。採用担当者の目に留まる志望動機を作成するためにも、注意点を押さえておきましょう。

要点を絞って伝える

伝えたいことやアピールしたいポイントをとにかく詰め込む方法はおすすめできません。経験や知識を羅列するのではなく、志望先企業の仕事につながる内容を優先してアピールポイントを絞りましょう

アピールポイントはできるだけ具体的に書くことも大切です。取得している資格名やこれまでに作成経験のあるシステム・アプリなどの内容について詳しく書けば、採用担当者にも興味を持ってもらえる志望動機となります。また、現在資格の取得に向けて勉強している場合も、具体的な資格名を挙げてどのように勉強しているのかをきちんと伝えましょう。

企業への貢献を意識する

金融業界は経済を動かす重要な歯車のひとつです。しかし、金融エンジニアを目指す動機が「経済発展への貢献」といった漠然としたものであれば、業務に対する理解度を疑われてしまいかねません。金融業界における志望先企業の位置づけや、今後の方向性を理解していれば、自分の立ち位置をイメージした志望動機を作成できるでしょう。

金融業界全体ではなく、企業にどのような貢献ができるのか、具体的なビジョンを伝えられるような準備が必要です。企業にとって有用な人材であるかどうかという視点で志望動機を練り上げましょう。

条件や収入だけで企業を選ばない

金融エンジニアの収入はほかのシステムエンジニアに比べて高い傾向にあります。そこに引かれて金融エンジニアを目指したという人も少なくありません。しかし、収入や待遇面を志望動機の中心に据えてしまうと、業務に対する能力や意欲が見えにくくなってしまいます。

たとえ条件面が判断材料だとしても、志望動機には金融エンジニアの仕事に対する熱意や応募先企業でなければ駄目な理由をアピールしましょう。

金融エンジニアの志望動機の例文

finance_1124_5.jpg

金融業界や志望先企業について入念にリサーチし、自身のアピールポイントや企業に役立つ点などを考えることができたら、それを踏まえて志望動機を作成しましょう。しかし実際にどのように書けばよいのか、よくわからない方もいるでしょう。そこでここでは、エンジニア経験者の場合と未経験者の場合とに分け、それぞれ例文を紹介します。自分の強みや志望先企業に合わせてアレンジし、活用してください。

エンジニア経験者の場合

【例文】
私が金融エンジニアを目指したのは、これまでに培ったITスキルを使い、社会に貢献できる仕事をしたいと考えたからです。

貴行は、日本でトップレベルの勘定系システムをいち早く開発し、安定したシステム運用を維持しておられます。そこには高いスキルを持った優秀な金融エンジニアの活躍があったことと思います。私もそのひとりとなり、経済の基盤となるシステム開発・運用に携わりたいと思い貴行を志望いたしました。

前職ではプログラミングの上流工程に携わっており、顧客やチームとコミュニケーションを取りながら業務にあたっておりました。JavaやC#はすでに習得しており対応可能です。さらに、多くの銀行で使用されているCOBOLも学んでいます。

貴行でのシステム開発や運用に携わるチャンスをいただければ、自分の能力を活かしながら、さらに金融知識を学び続けて貢献していく所存です。

エンジニア未経験者の場合

【例文】
ITスキルに興味があったため、個人的にプログラミングスクールで学んできました。Javaなどのプログラミング言語の習得やアプリ開発などを経験し、システムエンジニアという仕事に就きたいと強く願うようになりました。

前職が保険の営業であったこともあり、保険サービスの内容や保険業界の仕組みについては熟知しております。これまでに培ってきた保険業界での知識と、新たに学んだITスキルを活かせるのではないかと思い、金融エンジニアを目指しました。貴社は教育に力を入れておられます。業務に直結する教育を受けることで、これまで学んできたことをさらに深め、貢献できると思い志望しました。

入社できた暁には、さらなる勉強とスキルアップに努め、信頼していただける金融システムの担い手になりたいと思っています。

まとめ

finance_1124_6.jpg

金融エンジニアは高収入が狙える人気の職種です。その分、スキルや緻密な仕事が要求されるため、適性を見極めたうえでの転職をおすすめします。志望動機を作成する際には金融業界や応募先企業に関する情報をしっかりと調べ、企業の強みや方向性が自分のスキルや成し遂げたいことと重なっている点をアピールしましょう。

金融エンジニアへの転職には、金融業界に強いマイナビ金融エージェントをぜひご利用ください。マイナビ金融エージェントのみが保有する「独占求人」も豊富に取り扱っており、専任のキャリアアドバイザーが経験やスキルに合った最適の求人をご紹介いたします。

金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント

金融業界は、転職先としても人気の業界ですが、実際の仕事内容について詳しく知らないという方もいるでしょう。金融業界にはさまざまな業種や職種があり、仕事内容もそれぞれ異なります。ここでは、金融業界の業種や職種のほか、求められるスキルについてまとめてご紹介します。

注目コンテンツ