「地元で働きたい」は転職理由になる?求人の探し方や志望動機の例文を解説|求人・転職エージェント

メニュー

更新日:2022/10/21

転職全般

「地元で働きたい」は転職理由になる?求人の探し方や志望動機の例文を解説

common_1298.jpg

この記事のまとめ

  • 地元就職の志望動機を考える軸としては、仕事内容や入社後のビジョンなどが挙げられる。
  • 地元企業への転職を成功させるには、地域の特性理解や企業ごとの選考対策が欠かせない。
  • 地元求人を効率的に探すには、転職エージェントを活用する方法もある。

人生設計するうえで、地元就職を考える方も多いのではないでしょうか。生まれ育った地域は親しみが湧きやすいため、そこで働くことは地元への貢献やプライベートでの高い充実感につながるでしょう。しかし具体的にどのような方法で転職すればよいのか、イメージしづらい方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、地元就職を成功させる方法についてご紹介します。これから地元を中心に活動していきたいと考えている方はぜひご一読ください。

目次

「地元で働きたい」は転職理由になる?

common_1298_1.jpg

転職理由として「地元で働きたい」という応募者は少なくありません。しかしその理由では、採用の決定打に欠けるのも事実です。企業が重視したいのは以下ポイントです。

  • 入社に意欲的で、業務を積極的に遂行してくれるかどうか
  • 長期的に企業へメリットをもたらしてくれるかどうか

「地元企業ならどこでもよいのではないか」と判断されないためにも、志望動機を考える際には工夫が必要です。

「地元で働きたい」を志望動機にする際の3つのポイント

common_1298_2.jpg

地元企業で働くには、企業側から納得してもらえる志望動機を伝える必要があります。しかしどのような点に気をつけたらよいのか分からない場合もあるでしょう。ここでは「地元で働きたい」を志望動機にする際の3つのポイントを解説します。

仕事で重視することを絞る

まずは仕事で重視することを絞りましょう。現職や過去の業務で感じたやりがいや、企業に貢献できた経験などを洗い出してみるのがおすすめです。

仕事関係で目立った経験がない場合は、プライベートも含めたこれまでの人生で魅力を感じた出来事や嬉しかった経験を整理してみましょう。たとえば友人とキャンプに行った経験が楽しいと感じる方の場合、チームで共通の目標を達成することや、人とのコミュニケーションを重視するといったポイントが隠れているかもしれません。

企業を選んだ理由を明確にする

応募先企業を選んだ理由を明確にしましょう。転職において、採用担当者は「なぜ自社に応募してきたのか」について、説得力のある回答を期待しています。誰が聞いても納得できるような根拠のある志望理由を考えるのが重要です。

特に、競合他社でなく、応募先企業でなければならない差別化ポイントを取り上げて説明するのがおすすめです。企業独自の努力やセールス戦略に視点を向けることで、オリジナリティのある志望理由を作りやすくなります。

入社後どのように貢献できるのか考える

入社した後、自分の経験やスキルをどのように活かして貢献できるのか伝えましょう。採用担当者が一番確認したいのは、入社後のパフォーマンスです。採用した結果、企業にメリットをもたらす人材かどうかを知りたがっています。

そのため、入社後のプランや達成したい目標などは、できるだけ数字も交えつつ具体的に伝えましょう。採用後に活躍している姿がイメージできるような内容にまとめると、好印象につながります。

地元企業へ応募する際の志望動機例文

以下は、実際に地元企業へ応募する場合の志望動機例文です。企業を選んだ理由や前職の経験を使ったアピールを明確に回答することで、信頼感のある志望動機が作成できるでしょう。これから志望動機を作る方はぜひ参考にしてみてください。

【例文】

これまでは都内で3年間就業していましたが、将来は地元に帰って商店街に活気を取り戻したいと考えていたため、〇〇町へのUターンを決意しました。前職ではマーケティング職で広告を担当していましたので、貴社のビジネス展開に最適な広告戦略を打ち出せると考えております。将来的には、町内で最も集客率の高い企業として地域の住民からも認められる企業に成長させたい所存です。

地元企業で働くメリットとは?

common_1298_3.jpg

地元企業で働きたいと考えている方は、明確なメリットを感じて志望しているケースがほとんどです。具体的なメリットを理解することで、転職後の働き方もイメージしやすくなるでしょう。ここでは地元企業で働くメリットを紹介します。

地元に貢献できる

地元就職のメリットには、慣れ親しんだ街やお世話になった方々の役に立てることが挙げられます。これまで自分が育ってきた環境に恩返しをしたいと考えて、都会から地元にUターンしてくる応募者も少なくありません。

人口が多い都心部ほどの競争性はないケースが多い一方、地元に密着した仕事ができるといった点では自由度が高いともいえるでしょう。

プライベートの人間関係を大事にできる

プライベートを重視したい方にとっても、地元就職はメリットが大きい働き方です。特に人間関係を重視したいと考えている方が該当するでしょう。家族や恋人がいる方の場合、自分の好きなタイミングで会いに行ける距離で生活できるためです。

実際に慣れた土地で毎日生活できれば、転職後も生活のペースをつかみやすいといったメリットもあり、孤独を感じずに済む場合もあります。

リラックスした環境で仕事ができる

地元就職が実現すれば、リラックスした環境下で仕事ができます。地域によっては、都会ほどスケジュールに追われる日々を送らず、オフィスの雰囲気も柔和である企業が存在しているためです。

特にストレス耐性が強くない方は、地元就職でパフォーマンスを伸ばせる場合もあります。ストレスの大きい都会の企業で心身が休まらず十分な活躍ができなかった方でも、リラックスできる環境で仕事ができれば、持っている力を存分に発揮できるようになるでしょう。

地元企業への転職を成功させるポイント4

common_1298_4.jpg

地元企業への転職をスムーズに実現させるには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。一方でどのような対策に取り組めばよいのか、イメージが湧かない方もいるでしょう。ここでは地元企業への転職を成功させる4つのポイントを紹介します。

地域の特性を理解する

まずは地方求人の特性を理解しましょう。地方では、東京に比べて「有効求人倍率」が高い傾向にあります。実際に独立行政法人労働制作研究・研修機構が調査した「都道府県別有効求人倍率」によると、2022年7月時点の東京の有効求人倍率は1.53を記録しています。

一方で福井県や岐阜県といった一部の地方では、それぞれ1.93、1.68と、東京よりも高水準にあるのが特徴です。数値が高いほど仕事が見つけやすいことを考えると、都心より就職しやすい地域もあり、効率的な転職が可能といえるでしょう。

スケジュール管理を徹底する

転職活動のスタートからゴールまでのスケジュール管理を徹底しましょう。入社に至るまでのおおよその日程に検討をつけ、ゴールから逆算する形で詳細な日程を決めていきます。

また都会から地方に移動する場合、引越しの段取りも想定しつつスケジュールを組む必要があります。1日や1週間単位でやることを詰めていけば、時間が不足するといった事態も避けられるでしょう。

情報収集を欠かさない

地方で求人を探す場合、綿密な情報収集が不可欠です。企業によっては、十分な情報を公開せず求人を出している場合もあるため、応募者側の情報収集スキルが重要になってきます。

情報を集める手段としては、企業のWebサイトを閲覧したり、求人紹介サイトをチェックしたりといった方法があります。企業によってはオンライン説明会を実施していることもあるため、積極的に参加して情報を集めましょう。

企業ごとに選考対策を行う

転職活動においては、企業ごとの選考対策を実施するのが重要です。都心に位置する人気企業はもちろん、規模の小さい地元企業であっても取り組んでおきたいポイントは変わりません。

特に重視したいのが応募書類の見直しと面接対策です。応募先企業がどのような人材を求めているのか詳しく把握し、高評価に近づく回答を用意しておきましょう。企業の特徴を踏まえた回答は、入社後の活躍を期待してもらいやすくなります。

地元求人の探し方3

common_1298_5.jpg

地元の企業に応募するのであれば、効率的な求人探しが欠かせません。複数の求人を比較・検討する中で、希望に合う企業を選び出しましょう。しかし具体的な求人の探し方が分からなければ、希望する企業への応募も難しくなってしまうかもしれません。ここでは地元求人の探し方を3つ紹介します。

地元求人特化型の求人サービスを活用する

地元の求人に強い、特化型の求人サービスを利用しましょう。オンライン上では、専門職限定やハイクラス専門など、さまざまな求人サービスが展開されています。一方で地元企業への転職を目指している方は、地元密着型求人サービスの利用がおすすめです。地元企業を中心に扱っているサービスであれば、地域を限定して求人を探せます。

ハローワークを利用する

地方求人を探す選択肢のひとつは、ハローワークの利用です。ハローワークでは、応募に必要な情報収集はもちろん、個別相談や失業保険の申請など転職に必要なサービスを利用できます

大手企業の求人はもちろん、採用コストが低いといったメリットを活かして地元企業が求人を掲載している傾向にあるのが特徴です。求人が豊富に掲載されているため、一度利用してみるのも選択肢のひとつでしょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを利用して、地元企業の求人を見つける方法があります。転職エージェントの特徴は、通常では公開されていない「非公開求人」を扱っていることです。

非公開求人の中に人気の地元企業求人が隠れている場合もあるほか、エージェントによる選考情報の共有も受けられるといったメリットがあります。ひとりでは準備が難しい場合もサポートしてもらえるため、積極的に利用してみましょう。

マイナビエージェントで地元への転職を成功させよう

マイナビエージェントでは、地元企業への転職を目指す応募者へ向け、地元求人も豊富に扱っています。応募者一人ひとりの希望に沿ったアドバイスや情報提供が特徴です。

また選考対策として、応募書類の添削や面接対策のサポートも実施しています。初めて転職する方や選考前に練習しておきたいと考えている方に寄り添ったサービスを提供しています。

まとめ

common_1298_6.jpg

地元で働きたいのであれば、企業選びの軸を定め、明確な志望動機を考えましょう。採用担当者から入社後も役立つ人材だと判断してもらえるように、過去の実績やスキルをアピールするのがおすすめです。

また地元企業への転職を成功させるうえでは、スケジュール管理の徹底や綿密な情報収集が欠かせません。ひとりでは対策が難しい場合には、ハローワークや転職エージェントといったサービスの利用も視野に入れましょう。

SNSシェア

注目コンテンツ