履歴書での役職の書き方|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書での
役職の書き方

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

転職の際、自己アピールの材料として履歴書はとても重要です。履歴書の項目はいくつかありますが、ここではその中の「役職」についての書き方を解説していきます。役職は責任ある立場を任された証でもありますから、上手にアピールして他人に差をつけましょう。

履歴書と職務経歴書

中途採用などでは一般的に、「履歴書」と「職務経歴書」をセットで提出します。職務経歴書はその名の通り、自分の職務経歴を記入しますが、履歴書にも職歴欄が存在します。しかし職務経歴書があるからといって、履歴書に何も書かなくて良いというわけではありません。ではどういう風に使い分けるかというと、履歴書には概要を、職務経歴書には詳細を記入するのです。

役職の書き方

履歴書には入社から退社までの情報を凝縮することになりますので、昇格情報だけあれば充分でしょう。
例えば、
「○年○月 ○○部○○課 部長に昇進」
という感じでシンプルに記入します。
逆に職務経歴書の方には、どのような職務をどのくらいやっていたかをできるだけ詳しく記入した方が良いのです。従って、昇進や昇格したこと、人事異動などで部署が変わったことなど、全て盛り込みます。ただし、細かく書きすぎると読み辛くなり逆効果なので、仕事内容が変わらない異動などは省略した方が無難でしょう。

昇進と昇格の違い

役職を書く際、少し迷うことがあるのが昇進と昇格の違いです。「昇進」とは、地位が上がることを意味し、「昇格」は自分の等級が上がることを意味します。例えば課長から部長へ肩書きが変わった場合などは、一般的に昇進と言えます。この昇進ができるかどうかの基準として、等級が考慮されることが多いです。等級は、経験年数や資格の取得など、自分の努力次第でどんどん昇格していくことができますが、部長というポストが空いていなければ部長にはなれません。つまり、「昇格」しても「昇進」するとは限らないということになります。

大切なのは中身

部長や課長など、責任ある立場の肩書は確かにアピールポイントではありますが、役職を前面に出しすぎて、肝心の中身が薄くなってしまわないように注意しましょう。履歴書は、読む人に理解してもらうことが第一。大切なのは、あなたがどんな仕事にどれくらい就いていたのかを知ってもらうことです。

まとめ

書類選考で振り落とされないためにも、履歴書の項目は一つ一つしっかり書きたいですね。過去に重要なポストを任されていた人は、転職でその経験が強い武器になります。失敗しないためにも、これらの書き方に注意して履歴書を完成させましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

履歴書での役職の書き方に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。