履歴書の「住所・番地」「連絡先」の書き方と注意点|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書の「住所・連絡先」欄の
正しい書き方をマスターしよう

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書には、必ず住所や連絡先を記す欄が設けられています。応募者の住所や連絡先がわからなければ、企業が書類選考の合否や面接日時の連絡ができないからです。
何気なく埋めてしまいがちな住所・連絡先欄ですが、応募先企業への情報伝達という意味において、とても大切な箇所です。ここでは、履歴書の住所・連絡先欄の正しい書き方についてご紹介します。

履歴書の住所・連絡先欄、4項目の正しい書き方

履歴書の住所・連絡先欄は、4つの項目で構成されていることが多くなっています。それぞれの項目の書き方について、あらためて確認しましょう。

1.ふりがな

履歴書の現住所欄の上部には、ふりがなをふるための欄が設けられています。ここに「ふりがな」と書かれている場合はひらがなで、「フリガナ」と書かれている場合はカタカナでふりがなをふります。
たとえば住所が「東京都千代田区一ツ橋1丁目1番地1号 マイナビマンション101号室」の場合、ふりがなは「とうきょうと ちよだく ひとつばし」もしくは「トウキョウト チヨダク ヒトツバシ」となります。
なお、住所が2行になった場合でも、ふりがなは1行で記載するようにしてください。

2.郵便番号

郵便番号は、「現住所」欄の中にある「〒」記号の横に算用数字で記載します。見落としがちですが、書き忘れないようにしてください。
郵便番号は「100-0003」といったように、ハイフンでつなげる形で記載します。

3.現住所

現在の住所は都道府県名から始め、番地も「1-1-1」などと省略せず、「1丁目1番地1号」と記します。
数字は漢数字ではなく、算用数字を使いましょう。漢数字は、「-(ハイフン)」と「一(漢数字の1)」の区別がつきづらいといった問題があるからです。

なお、住所が長くて書ききれない場合は、2行にしても構いません。その際は、最初から2行書けるように、スペースを空けておく必要があります。そのため、住所欄の文字の置き方は、書き始める前に考えておくようにしましょう。

4.連絡先

現住所以外の場所への連絡を希望する場合は、「連絡先」欄に記入をします。これは、「転職活動のために一時的に親戚の家に滞在している」といった場合が該当します。苗字が自分と異なる家への連絡を希望する場合は、「○○方」と書き添えます。それ以外の場合は、「同上」と書きます。

連絡先は、基本的に現住所以外の場所への連絡を希望する場合にのみ書くものです。実家の住所などを書いてしまうと、そちらに連絡が行ってしまって、書類を転送してもらわなければならなくなる可能性もあります。「現住所に連絡をもらえば問題ない」場合は、この欄に住所を書かないようにしましょう。

住所が変わってしまったら

転職活動中に引越しをするケースは、それほど多くはないと思います。しかし、履歴書を提出した後、何らかの事情で住所が変わってしまった場合は、早急に提出先の企業に連絡する必要があります。

市区町村の漢字などを正確に伝える必要があるため、電話による連絡よりもメールでの連絡が確実です。企業の採用担当者宛てに、「いつ」「どこに」転居するのかを伝えましょう。

名乗る際は、応募している職種を書き添え、「○○職に応募させていただいております、××××(フルネーム)と申します」とすると、誰なのかを理解してもらいやすくなります。また、「新住所」と「旧住所」を、箇条書きの形で書いておくと間違いがありません。できる限り先方の手間を軽減できるよう、わかりやすく書くことが大切です。

なお、応募した時点で「引越しをすることが決まっている」ときは、「現住所」欄に今の住所を書き、「連絡先」欄に「引越し先の住所」を書いておくといいでしょう。この場合も、「○月×日に転居予定です」と、いつから新しい住所になるのかを書き添えます。

引越しをすることになった場合、郵便局に「転居届」を出すことで、郵便物の転送をしてもらうこともできます。ただし、転送手続きが完了するまでには、ある程度の時間がかかりますから、早めの届け出が必要です。また、転送自体にも時間がかかるため、企業からの案内を受け取るまでにタイムラグができてしまいます。転居届を出す場合でも、企業への連絡は別途しておいたほうが安心です。

履歴書の住所・連絡先欄は、企業とのやりとりのために必要な項目

最近では、採否や面接の日程などをメールでやりとりすることも珍しくありません。とはいえ、電話や郵便で連絡が来る場合もあります。
「応募者へ送った郵便が、宛先不明で戻ってきてしまった」ということがあっては、採用担当者に「信頼できる人物」と思ってもらうことはできません。住所・連絡先欄は、注意深く丁寧に書くとともに、必ず提出前に見直しを行うようにしてください。

 関連ページ

履歴書の「住所・番地」「連絡先」の書き方と注意点に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。