失敗しない転職先の探し方|求人・転職エージェント

転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

失敗しない

転職先の探し方

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

転職という行為が一般化し、人々は自分の可能性を広げ、人生について様々な選択をできるようになりました。しかし、それと同時に増えているのが、自分に合った転職先を探せず、何度も何度も転職を繰り返してしまう転職失敗者です。
ここでは、正しい転職をするために、「失敗しない転職先の探し方」をご紹介します。

なぜ、転職の失敗を繰り返す人が多いのか

「転職回数が多いと、次の転職に不利になる」。そんな認識は広まっているはずなのに、それでも数多くの転職を経験してしまっている人は多いものです。一度の転職で成功をつかみ取る人と、何度やっても成功をつかみ取れない人。そこには、どんな違いがあるのでしょうか。

「会社の選び方が悪い」「求人情報にだまされている」といった要素もゼロではないでしょう。しかし、本当に改善すべきは、自分自身なのです。転職活動をスタートする前の準備が、その後の転職の成否を分ける重要なポイントになっているのです。

転職先を探すときにやるべきことは?

それでは、実際に転職活動を始める前にしておくべきこととは、一体どんなものなのでしょうか。以下で、詳しくご紹介していきます。

転職理由を掘り下げて考える

転職を考えるきっかけというのは人それぞれあるでしょう。「人間関係が良くなくて…」「残業が多くて…」「もっと良いキャリアを積みたくて…」など、どんな理由も間違いではありません。
しかし、そんな「きっかけ」だけで転職理由を確定してしまうのは早計です。たとえば、人間関係を例に考えてみましょう。

上司との折り合いが悪いのは、もしかしたらあなたの勤務態度が良くないのかもしれません。また、求められる結果を出せていないから、上司からの風当たりが強いのかもしれません。もしくは、自分から積極的に話しかけないから、相手もこちらに話しかけてくれないのかもしれません。

転職理由となることが起こる背景には、必ずそれを引き起こす原因となる要素があるはずです。そこに気付くことができないと、転職先でも同じ状況を招いてしまうでしょう。
「なぜそうなったのか」ということを繰り返し考え、これ以上深掘りできないところまで掘り進めてください。そこで見つかった問題を解決するために、転職はあるべきなのです。

自分が今できることを考える

今の自分にできることを、詳細に把握しておくことも大切です。転職先の業種や職種が違っても、どこかで共通するスキルはあるものです。
自分ができることを知らないままに、まったく畑違いの企業に転職すれば、仕事になじむまでに相当の苦労を必要とします。それが原因で、前職よりも働きづらいと感じてしまい、結果、再び転職を考えてしまうということもあるでしょう。また、そもそも採用面接のタイミングで落とされてしまうということも十分にありえます。
自分は何ができて、逆に何ができないのか。それをしっかり把握しておけば、次の会社で自分を活かす方法も自然と見えてくるはずです。

身に付けたいスキルは何かを考える

転職先で身に付けたいスキルは何なのかを、明確にしておきましょう。転職市場では、「営業が嫌だから事務職を目指す」「なんとなく格好良さそうだから、クリエイティブ職を目指す」といった、あいまいな転職理由もよく見かけます。
しかし、それではいけません。今が嫌だから転職をするのではなく、「この先こうしたいから転職をする」という目線で考えていかなければ、理想の職場と出会うことはできません。

たとえば、本当はマネジメントスキルを磨きたかったはずなのに、プレイヤーとしての活躍を求める会社に転職してしまっては、思いどおりの働き方ができません。そうなってしまっては、その転職は成功したとはいえないのです。
転職をすることで、自分はどうなっていきたいのか。どんなキャリアを描いていきたいのか。それが定まっていないと、運頼みの転職をしていると言われても仕方がないということになります。しっかりと先を見据えた転職活動を心掛けましょう。

絶対に譲れないものは何かを考える

自分の理想をすべて叶えてくれる企業というのは、存在しないと考えたほうがいいでしょう。「人間関係はいいけれど、労働環境はあまり良くない」「仕事量が多くて大変だけど、社員の一体感はかなり強い」といったように、良いところもあれば、まだまだ足りない部分もあるのが普通です。

だからこそ、自分が絶対に譲れないポイントは何かということを、しっかりと考えてみてください。残業もないし、社員同士の仲もいいし、給料も高い。そんな環境が一番良いのは当然です。一方で、「たくさん稼げるなら残業も苦にならない」「やりたい仕事だったから、多少給料が安くても我慢できる」といったように、マイナスを上回るプラスがあれば、多少のきびしさは気にせずにがんばっていけるという人も多いでしょう。
実際、他の人から見れば明らかに劣悪な環境だと思える職場でも、生き生きと働いて、自分の理想とする暮らしを実現できている人もたくさんいるのです。
「これぐらいであればなんとか我慢できる」「これだけは何があっても譲れない」など、自分の中の境界線を知っておくことが、転職先で失敗しないための近道になるのです。

転職先の企業で見るべきポイントとは

転職先となる企業は、自分自身の深い考えや思い、理念に基づいて探すようにしましょう。以下に、転職先に求めることと併せて、どのように思考をめぐらせれば良いのかをご紹介します。

・安定した労働環境を求める場合

もし、安定した労働環境を求めるのであれば、残業時間や休日数を見るだけでなく、離職率などのデータも参考にし、可能であれば、働いている人の声や職場の雰囲気をチェックするのもよいでしょう。

・身に付けたいスキルがある場合

絶対に身に付けたいスキルがあるのであれば、仕事内容に注目するのは当然ですが、その仕事の進め方や自分が所属する組織の考え方、または雰囲気についてまで見ておかなければなりません。

・正当な評価やそれに見合った報酬を求める場合

自分が納得できる評価を求める場合、求人情報に掲載されている給与額や賞与の有無、昇給の頻度などをしっかり確認するようにします。また、企業のウェブサイトや会社説明会、企業情報が載っている書籍などから、事業規模や資本構成、会社の成長などを確認し、自分のスキルでどのように活躍していけるのかを見極めるようにしましょう。

以上のように、自分が希望する条件と、それを満たせる環境が本当にあるのかどうか。それを多角的に見ていける広い視野を持つことが、転職先選びで失敗しないためのコツといえるでしょう。
不安が残る部分や疑問に感じる部分があれば、面接の担当者に直接聞くこともできるはずです。自分にとって都合の良い部分だけを見るのではなく、その裏付けとなる情報にまでしっかりと目を向けるということを意識してください。

自分自身を深く知ることが転職成功への近道

転職を失敗する人の多くは、その原因は会社側にあると思ってしまいがちですが、必ずしもそうではありません。どんな職場でも、活躍している人の多くは謙虚で前向きであり、そしてあらゆることを「自分事」としているものです。
自分自身が求めるものは何なのか、自分自身に足りないものは何なのか、そして絶対に譲れないものは何なのか。それを明確にすることができてこそ、本当に満足できる環境を見つけることができるでしょう。
今の不満から逃れるために転職をするのではなく、どうすれば自分が納得できると思えるのか、それを深く考えた上で、新しい環境を探すようにしてください。
もし、あなたが新しい環境を探したいと思ったときは、マイナビエージェントにご相談ください。転職のプロであるキャリアアドバイザーが、あなたが仕事に何を求めているのかを深く掘り下げ、あなたに合った企業をご紹介いたします。

転職活動の自己PRポイントと企業の気になる採用基準とはに関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。