転職時の適性検査とは?検査に落ちる原因とその後の対処法は?|求人・転職エージェント

転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

転職時の適性検査と、
落ちた後の対処法

転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

入社テストに取り入れられることのある適性検査。以前は、新卒採用で使用されることが多かったのですが、最近では中途採用にも取り入れられるようになりました。転職希望者の中にはテストをしたところで不合格通知が来たという人もいるでしょう。その場合、なぜ適性検査で落ちてしまったかは気になるものだと思います。

今回は、適性検査で落ちてしまう原因や、その後の適性検査に対処するための方法についてご紹介します。

適性検査ってどんなもの?

適性検査とは、企業が特定の試験をもとに、応募者の人柄や仕事への適性を測るテストのことです。思考力や人柄を測るテスト「SPI」の他、会社が独自に作文や業界の歴史に関する問題を出題することもあります。適性検査は面接同様、企業が求職者の採用を決める上で大きな重要性を持つ材料となっています。

時代とともに変わってきた適性検査

一昔前だと、適性検査はペーパーテストで行われるのが一般的でした。しかし、今はインターネットの普及とともに、その会社に来なくても、Web上で試験が行われるケースも増えてきました。

適性検査の重要性

企業の中には、適性検査の結果を重視しているところもあります。そのため、内定を考えたら職務経歴書や面接対策と同様、決して手の抜けないポイントとなります。職種によっては専門的な問題が出題されることもあるため、対策をしっかりしておくことが大切です。

適性検査で落ちる理由は?

適性検査は人柄などをチェックする内容とはいえ、会社にとって欲しい人材かどうかを決める大事なテストですから、結果によって落とされることはあります。ここでは簡単に、適性検査で落ちる人に多いパターンをご紹介します。

落ちる理由1場の雰囲気にのまれてしまった

場の雰囲気にのまれてしまうのは、転職活動を始めたばかりの人に多く見られます。緊張のあまり、問題を解くことに時間がかかり過ぎてしまい、最後まで終わらない人は意外と多いのではないでしょうか。また、専門用語に関する問題で、いつも使っている用語が出てこないなどの経験をした人もいるでしょう。

回答数が少なければ、企業はあなたについて判断することができないわけですから、適性検査を通過することはできません。

落ちる理由2矛盾が生じた

性格に関する適性検査では、何度も似たような質問を繰り返すことで、その答えの信憑性を高めていることがあります。
しかし、その答えに矛盾が生じると、「嘘の回答をしているのでは?」と疑われかねません。

テスト結果に信憑性がないとなれば、企業はあなたについて判断することができないわけですから、この場合も適性検査を通過することはできません。

落ちる理由3適性検査対策をしていなかった

求職者の中には「職務経歴書や面接の対策はしていたが、適性検査に関してはまったくしていなかった」という人がいますが、適性検査には知識や学力が試されるものもありますし、問題が特殊な場合もあるため、慣れていないと苦戦を強いられることがあります。

単純にテストの点数が悪ければ、適性検査を通過することはできません。

適性検査を通過するために必要なことは?

ここでは、適性検査を通過するために準備しておきたい3つのことをご紹介します。

準備1テストを解く練習をしておく

書店に行けばSPIなどの適性検査の参考書がありますので、対策を行うことができます。

語句の意味を問われたり文字の並べ替えをさせられたりする「言語分野」や、グラフに関する問題や計算問題が出される「非言語分野」など、さまざまな問題が出題されます。それぞれの問題を繰り返し解き、出題形式に慣れることが適性検査通過への近道です。時間配分もうまくできるようになりますので、一度は練習しておきましょう。

準備2企業情報をしっかりリサーチ

たとえば、金融系の会社を受ける場合、時事問題が出題されるケースがあります。中には、自社が扱っている商品について問われるケースもあるため、まえもって新聞などをチェックしておくことをおすすめします。専門用語などが問題として出そうな場合は、適性検査前に調べておきましょう。

準備3受かるためではなく、ありのままの姿勢で臨む

テストで嘘の回答をすることだけは避けましょう。自分を偽って入社しても、その後が辛いだけです。
ありのままの自分を伝えることで、満足のいく転職をすることができます。