転職を繰り返す女性が知っておくべき改善策|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

転職を繰り返す
女性が知って
おくべき改善策

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

転職を繰り返している女性は、まず一度立ち止まって自分を見直す時間を取ってみることをおすすめします。

転職を何度と繰り返していると、企業や採用担当者の方にあまり良い印象を与えられず、転職市場での価値も下がってしまいがちです。

ここでは今後のキャリアをより良くするために、転職を繰り返す女性が知っておくべきリスクや改善策をお伝えします。

1. 転職を繰り返すと敬遠される!?その理由とは

転職を繰り返すと、採用担当者にマイナスの印象を与えてしまいます。その理由を3つご紹介します。

1.1. 企業風土や組織になじめない人だと思われてしまう

メジャーな転職理由に人間関係があります。

確かに人間関係が悪い職場もありますが、何度も転職しているとなると「どんな職場であっても企業風土や組織になじめず、良好な人間関係が構築できない人なのでは」といった懸念を抱かせてしまうでしょう。

1.2. 事前調査が甘い人だと思われてしまう

転職する際は、求職者自身が会社の事業内容や仕事内容、条件や待遇などをきちんと調べて、自分の希望に合っているか確認する必要があります。

念入りに事前調査すればするほどミスマッチを招くリスクが減り、適正のある仕事に就ける可能性が高まるからです。

しかし、何度も転職を繰り返しているとなると「事前調査をしないまま安易な転職を繰り返しているのでは」と思われ、早期退職の可能性を疑われてしまいます。

1.3. 業務能力やスキルが低い人だと思われてしまう

会社で与えられた仕事に対応できなかった人、つまり「業務能力やスキルが低い人」だと思われてしまう可能性もあります。

一定の能力があれば、どんな会社であっても努力次第で対応できるものです。転職を繰り返すほど、それだけ仕事ができなかったと捉えられてしまうリスクが増えるのです。

2. 転職を繰り返すことで生じるデメリット

こうした理由もあり、転職を繰り返すとデメリットが増えていきます。未来に生まれるデメリットについてもご紹介します。

2.1. 今後の転職が決まりにくくなる

転職回数が多いと印象が悪くなるため、採用されにくくなります。

一定期間きちんと働いて、経験を積んだうえでの転職であれば問題ありませんが、短期間で安易に転職を繰り返していると不誠実な印象を与えかねません。

2.2. 退職金や年金で不利になる可能性がある

転職の回数が多いということは、それだけ勤続期間が短いということです。

一般的な退職金の算出方法は、退職時の1ヶ月分の基本給×就業年数×給付率で算出されます。中でも給付率が高いのは定年退職で給付される退職金です。早期退職や自己都合の転職では、給付される割合が低い傾向があります。

また、転職により月末までに転職先に入社日が来ず、会社に所属しない空白期間が生まれた場合、その月分は厚生年金より年金支給額が少ない国民年金となります。

2.3. 業務能力やスキルが習熟しない

一定期間仕事を続けないと、専門スキルが身につかずいつまでもプロフェッショナルにはなれません。若いうちはそれでも問題ありませんが、歳を重ねるにつれて強みがないと社会人としての価値が落ちてしまうでしょう。

転職する場合もできれば同じ職種に転職して、なにか一つだけでも特化したスキルを身につけるのが理想的です。

3. 転職を繰り返す人の特徴と対処法

転職を繰り返す方には特徴があるのでしょうか。転職を繰り返さないための対処法とあわせてご紹介します。

3.1. 転職を繰り返す人によくある特徴

転職を繰り返してしまう人によくある特徴として、「自己分析の不足」「プライドの高さ」「コミュニケーションが苦手」という3点が挙げられます。

では、それぞれの特徴について、もう少し詳しく見ていきましょう。

3.1.1. 自己分析や自己反省が足りない

転職が続いてしまうのは、長期的に続けられない仕事を選んでいるからではないでしょうか?

自己分析が足りず、転職後の自己反省もできていないと、また同じ理由に陥って転職を繰り替えしてしまう可能性があります。

転職する際は何を目的として転職するのか、どんなスキルを身につけたいのか、そしてなぜ転職に至ったのかなどの転職理由を詳細に振り返りましょう。

3.1.2. プライドが高く見栄っ張り

プライドを高く持ちすぎたり、見栄を張りすぎたりしてしまうと、社内外での人間関係を良好に保ちにくくなってしまいます。

例えば、業務での注意やアドバイスをされても、見栄を張って指摘を素直に受け入れられないケースや自分の能力以上の注文を受け入れて失敗してしまうケースなどがあります。

それではどんな仕事をしても「こんなはずじゃなかった」と不満感がつのり、いつまでも仕事に納得できないでしょう。

3.1.3. コミュニケーションが苦手

仕事内容に完全に納得できていなくても、社内の人間関係が良好なら働きやすく感じるものです。反対に、仕事が自分に合っていてもコミュニケーションがうまくいかなければ「働きにくい」と感じます。

転職したくなるのは周囲とのコミュニケーションに問題があるかもしれません。

3.2. これ以上、転職を繰り返さないための対処法

転職を繰り返してしまう理由が見えてきたら、今度はどう対処していくのがいいのでしょうか?まず何から始めるべきなのか、順に確認してみましょう。

3.2.1. 物事をポジティブに捉え、行動に活かす

たとえ仕事や人間関係がうまくいかなくても、ポジティブに捉えてピンチをチャンスに変えれば改善できる可能性があります。

馬が合わない相手とうまくコミュニケーションしている方に対応法を聞いたり、距離を置いたりして試行錯誤すると意外とうまくいくかもしれません。

苦手な仕事も、やり方次第でうまく回せることもあります。やれない理由ではなく、できる方法を考えてみましょう。

3.2.2. 自分に問題があるのか、企業に問題があるのか見つめ直す

とはいえ、自分の手に負えないこともあります。本当に転職しか道がないか確認するためにも、問題の根幹は自分にあるのか、企業にあるのかを見つめ直しましょう。

企業側に問題があり、転職しなければ状況が好転しないようであれば転職して問題ありません。自分に問題があるなら、まずは自己改善からスタートしたほうが今後のためになります。

3.2.3. 自分が仕事に求める条件を明確にする

自分の希望がわかっていないと、どんな仕事をしたらいいのか自分でも把握できません。

転職をする際は、仕事内容や勤務地、給与、企業風土など自分が仕事に求める条件を明確にしましょう。そうすることで、優先順位を決めたうえで満足できる転職ができます。

4. 転職は理想の人生に近づくためのステップ

転職を安易に繰り返すのは今後のキャリアの妨げになる可能性があります。

転職をキャリアアップにつなげるためにも、リスクや改善策を把握したうえで慎重に転職しましょう。そうすれば自分に合った仕事先に転職でき、無意味な転職を繰り返さなくなります。

 関連ページ

転職を繰り返す女性が知っておくべき改善策に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。