損保会社の代理店営業の仕事とは?仕事内容や役立つスキルを紹介|求人・転職エージェント

営業職の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

損保会社の
代理店営業の仕事とは?
仕事内容や
役立つスキルを紹介

営業職向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

損害保険会社(損保会社)の取り扱う保険商品は、多くは保険代理店によって販売されています。保険会社と顧客のあいだに保険代理店が存在しており、間接営業の仕組みとなっているのです。
しかし、損保会社にも営業職はあります。損保会社の営業職の仕事内容にはどのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、損保会社の代理店営業の仕事内容や、保険代理店との関係、損保会社の営業職に役立つスキルなどをご紹介します。

ここでは、証券会社の法人営業について、主な仕事内容やその魅力、役立つ資格などについてご紹介します。

損害保険を扱う保険代理店について

まずは、損害保険を実際に販売する保険代理店についてご説明します。

損保会社と保険代理店の関係とは?

損保会社と保険代理店は業務委託契約を結び、保険代理店が損害保険をセールスします。そのため、損保会社は保険代理店の販売や経営をサポートする仕事がメインとなるのです。

保険代理店の種類

損保会社と契約する保険代理店にもいくつか種類があります。
保険代理店は、保険販売を専門としている「専業代理店」と、本業とは別に保険も取り扱っている「副業代理店」に大きく分けられます。副業代理店には、顧客に対して商品と合わせて保険も販売する自動車販売会社や旅行代理店、不動産会社などがあります。また、大手企業の場合、企業内やグループ会社の保険を担当する部門が、自社社員に対して保険の販売代理を行っていることもあります。

損保会社の代理店営業の仕事内容

それでは、損保会社における代理店営業の仕事内容について見ていきましょう。

損保会社の代理店営業と保険代理店の営業との違い

損保会社の代理店営業と保険代理店の営業には、どのような違いがあるのでしょうか。
保険代理店の営業職は、損保会社のサポートや提案を受けながら、顧客に保険商品を販売します。
一方、損保会社の代理店営業は、保険代理店がお客様に最適な保険を提案できるように、売上アップにつながる様々な支援を行います。
担当する地域やマーケットの特徴、保険代理店の取り扱う商品などによって、営業アプローチの方法も変わってきます。また、保険代理店の営業職の育成や、保険代理店の新規開拓なども損保会社の代理店営業の業務となります。

損保会社のリテール営業と法人営業

損保会社の代理店営業は、主に「リテール営業(一般営業)」と「法人営業(企業営業)」に分けられます。それぞれどんな役割を担っているのでしょうか?

<リテール営業>
損保会社の代理店営業は、多くの場合リテール営業のことを指します。
リテールは「小売り」という意味で、一般的に個人や中小企業に向けた取り引きのことですが、損保会社のリテール営業は、保険代理店を担当することになります。営業職それぞれが担当地域やマーケットを持ち、その範囲内で保険代理店の開拓や営業指導、マネジメントなどを行います。


<法人営業>
損保会社の法人営業は、その名のとおり企業に直接、損害保険を販売する仕事です。営業先は、保険代理店業務を行う企業内の部門やグループ会社、あるいは企業のリスクマネジメント部門となります。
損害保険には、メーカーやサービス業、小売業など、業種に合わせた様々なタイプが存在します。規模が大きい企業ほど、会社が抱えるリスクも大きくなりがちです。そのため、損保会社の法人営業は、担当企業に適したリスクマネジメントを行う必要があります。また、最適な損害保険の提案に加えて、事故を防ぐための提案や指導なども行います。

損保会社の代理店営業に求められるスキルは?

損保会社の代理店営業には、どんなスキルが求められるのでしょうか?

コミュニケーションスキルとリーダーシップ

コミュニケーションスキルとリーダーシップは、どんな営業職にも求められるといえますが、損保会社の代理店営業も例外ではありません。
損保会社の代理店営業であれば、担当する保険代理店や企業と信頼関係を構築することが何よりも大切といえるでしょう。自社商品について理解してもらい、営業戦略や目標を立てて営業指導を行うため、リーダーシップも求められます。

保険の知識

損保会社の代理店営業となると、自社が取り扱っている保険商品の知識はもちろん、保険全般に関する知識も欠かせません。保険商品や保険に関する法律や制度、用語といった専門知識を常に学ぶ姿勢が大切です。

財務・税務・会計・法務などの知識

大手企業などで保険代理業を行う企業内部門やグループ会社、企業のリスクマネジメント部門に対する代理店営業の場合、企業へのリスクマネジメントが主な仕事となるため、財務や税務、会計、法務といった分野の知識も求められます。企業と同じ目線を持ち、ビジネス感覚を養うことで、最適なリスクマネジメントや保険の提案・指導にも活かすことができるでしょう。

マイナビエージェントを活用するメリットは?

ここまで損保会社の代理店営業の仕事や、保険代理店との関係性などについてご紹介してきました。
マイナビエージェントでは、保険会社(生命保険・損害保険)の求人も多数取り扱っています。非公開求人も豊富に取り扱っているため、キャリアアドバイザーが希望のお仕事をご案内することが可能です。
他にも、応募書類の添削や面接対策、推薦状の作成など、マイナビエージェントならではのサポートもご用意しています。損保会社の代理店営業への転職を検討されている方は、ぜひご相談ください。

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。