職務経歴書は手書きとPC(パソコン)のどちらが良い?それぞれのメリット・デメリット|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

職務経歴書はパソコンで
作成がおすすめ!
手書きとの違いとは

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

転職活動をする上で、職務経歴書は非常に重要なものです。職務経歴書は、これまでの職務経歴そのものを企業に知ってもらうというだけでなく、アピール力や文書作成能力を見られるものでもありますから、細部にまで注意を払って作成しましょう。
パソコンで作るのか、手書きで作るのかという点においても、それぞれの特徴を理解した上で、意図的に選択する必要があります。
ここでは、職務経歴書は基本的にパソコンで作成する理由と、作成時のポイントについてご紹介します。また、手書きの職務経歴書のほうが効果的な場合についてもご紹介します。

職務経歴書はパソコンでの作成が基本だといえる5つのメリット

前提として、職務経歴書はパソコンで作成するものだと思っておきましょう。パソコンでの職務経歴書作成には、転職活動における5つのメリットがあるからです。

  • 1.採用担当者が見やすい

    手書き文字と活字では、活字のほうが読みやすく、内容が頭に入りやすいものです。また、全体のレイアウトも、パソコンで作成したほうが、より整然としたものになり、すっきりと読みやすくなります。

    採用担当者に無駄な労力をかけさせることなく、書いてある内容だけに集中してもらうためには、パソコンで作成した職務経歴書が適しているといえます。

  • 2.より自由度の高い自己アピールが可能になる

    手書きで職務経歴書を作成する方の多くは、市販の職務経歴書などに書き込む形をとることになります。しかし、こうした職務経歴書の項目内容や記入欄の幅は、自分のために最適化されたものではありません。

    一方、パソコンで職務経歴書を作るのであれば、たとえ配布されているテンプレートを使ったとしても、自分で体裁を整えることができます。あまり書くことがない欄は記入スペースを小さくして、アピールしたい部分を広くとるといった工夫をすることで、より自分自身の魅力を売り込みやすくなります。

  • 3.データが残せる

    職歴や経歴の内容は変わることはありません。ただし、職務経歴書は、応募企業の求める人物像に合わせて作り変えていくものですから、完全に使い回すことはできません。そこで、職務経歴書をパソコンで作成してデータを残しておけば、2度目以降の応募の際は、それをアレンジする形で、応募先の企業に適した職務経歴書を作れるのです。

    ちなみに、職務経歴書は面接後の振り返りの際にも役立ちます。面接でどのようなことを聞かれたのか、職務経歴書のどこに注目されたのかといったことを振り返ることで、今後の転職活動に活かしていくことができるでしょう。

    特に、書類選考を通過することができないという方は、履歴書の見直しとともに職務経歴書についても振り返りを行い、アピール内容を再検討する必要があります。

  • 4.修正が容易

    職務経歴書は、間違えたからといって修正テープや修正液を使うことはできません。手書きの場合、文字を書き間違えてしまったら、最初から書き直しをすることになります。その点、パソコン作成であれば、文字の追加や削除、修正をすぐに行えます。

    単純な誤字・脱字だけでなく、見直してみて気が付いたおかしな点についても、パソコン作成の職務経歴書ならすぐに修正することができます。そもそも、変換ミスとタイプミスさえなければ、文字を書き間違える心配もありませんから、間違いが発生する確率自体、手書きよりも低いといえるでしょう。

  • 5.作成時間が短縮できる

    タイピングや文書の体裁を整えるのに要する時間は、パソコンスキルによって異なります。
    とはいえ、「手書きで職務経歴書を書くよりも、パソコンで作成するほうが時間がかかる」という方は、そうそういないのではないでしょうか。

    パソコンで職務経歴書を作成することは、時間を短縮して効率良く転職活動を行う上でも有効な手段です。

手書きの職務経歴書は完全にNGなのか

手書きの職務経歴書を提出するということは、採用担当者に「パソコンの操作がうまくできないのではないか」という懸念を抱かせる原因になります。特に、日常的にパソコンの操作が発生するとわかっている職種に応募する際は、手書きの職務経歴書を提出することはおすすめできません。

パソコンスキルがそれほど必要ない職種であったとしても、文字が汚かったり、誤字があったりすると悪印象になってしまいます。担当者によっては、「仕事の効率が悪い」と感じる方もいるかもしれません。手書きの職務経歴書には、このようなリスクがあるといえるでしょう。

ただし、手書き文字の美しさや熱意をアピールしたいという場合は、あえて手書きの職務経歴書を提出するという選択肢もあります。のし紙やお礼状の代筆など、文字の美しさを求められる仕事もあります。業界や職種によって、どちらが好印象なのかを見極めることが大切です。

パソコンで職務経歴書を作るときの7つのポイント

最後に、パソコンで職務経歴書を作るときに気を付けたい7つのポイントをご紹介します。見切り発車で作り始めるのではなく、ポイントを押さえてアピール力の高い職務経歴書を完成させましょう。

  • 1.自分に合ったテンプレートを利用する

    職務経歴書のテンプレートはたくさんありますので、自分に合ったものを選びましょう。職種や転職回数、アピールしたいポイントが何なのかといった点に着目して、テンプレート探しをしてみてください。
    自分に合わせてカスタマイズをすると、より自分自身の持つ魅力を伝えやすくなります。

  • 2.黒一色でわかりやすく記入する

    パソコンで作成していると、文字色を変えることも容易です。しかし、職務経歴書にカラフルな色を使ったりすることはおすすめできません。読みづらくなってしまいますし、どこかふざけているような印象にもなりかねません。

    「文字色を変えたほうが読みやすいのでは」と感じる方もいるかもしれませんが、箇条書きを効果的に利用したり、行間を調整したりすることで、すっきりと読みやすい配置にすることは十分可能です。必要のないところで、個性を発揮してしまわないようにしましょう。

  • 3.罫線や太字などを効果的に活用する

    罫線や太字は、文書をよりわかりやすくするために利用しても問題ありません。ただし、あまりに多用したり、必要のないところで使ったりすると、思った効果が得られないどころか、かえって読みづらくなってしまうこともあります。

  • 4.予測変換による誤字に気を付ける

    パソコンは、キーひとつで漢字変換をしてくれる非常に便利なものです。だからこそ、予測変換による誤字には注意が必要です。

  • 5.レイアウトや枚数が適切か最終チェックを欠かさない

    職務経歴書のレイアウトが見づらかったり、枚数が多すぎて、読むのが大変だったりすると、きちんと内容を理解してもらう前に、はねられてしまうリスクが高まります。伝えたいことが簡潔にまとまっていて、わかりやすい内容になっているかどうか、落ち着いて確認をしましょう。

  • 6.使い回すときは丸ごとではなく一部にとどめる

    ある程度の職務経歴書の使い回しは、転職活動を効率良く進めるために必要です。しかし、全てを使い回してしまうと、それぞれの企業に適した内容を作ることができません。応募先の職種や業種、経営方針などに従って、職務経歴書の内容を変えていく必要があります。

  • 7.メール添付でデータを送る場合も、一度印刷してデザインを確認する

    郵送ではなくデータで書類の提出を行わせる企業もあります。こういう場合、パソコンで作成した職務経歴書や履歴書をそのまま送ってしまう方がいますが、これはできるだけ避けたほうが無難です。
    データで送る場合でも、一度紙に印刷して、どのような仕上がりになっているのか確認しましょう。印刷範囲が適切でなかったり、画面では気付けなかった誤字が見つかったりすることがあります。

職務経歴書はパソコン作成が基本だが、応募先に合わせる姿勢が大切

職務経歴書を作るときは、基本的にパソコンで作成したほうがいいでしょう。自分自身にとっても、応募先の採用担当者にとっても、そのほうがメリットが大きいからです。
しかし、何を重視するのかは企業によっても変わってきます。「パソコンで作るのが一番いい」と思い込むのではなく、企業の求めるものを考え、意識的に選ぶことが大切です。

 職務経歴書に関するFAQ

 関連ページ

押さえておきたい職務経歴書の基本

職務経歴書は手書き、またはPC作成?それぞれのメリット・デメリットのFAQページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。