職務経歴書は手書き、またはPC作成?それぞれのメリット・デメリット|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

職務経歴書は手書きとPC、
どちらで作るべき?

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

転職時の書類審査で必要となる職務経歴書。文具店で専門の用紙を購入することもできますし、検索するとWordなどのフォーマットも手に入ります。
職務経歴書は手書き作成とPC作成、どちらが転職に有利になるのでしょうか。ここでは、職務経歴書の手書き作成とPC作成、それぞれについてご紹介します。

職務経歴書の作り方に決まりはない

職務経歴書には、規定のフォーマットというものがありません。自分で自由にカスタマイズすることが可能です。
同様に、手書きで作成するか、PCで作成するかについても、「必ずこうしなければいけない」という決まりはありません。
ただし、近年ではPCで作成するケースが一般的ではあります。

手書きで職務経歴書を作るメリットとデメリット

PCで作成されることが多い職務経歴書ですが、手書きで作成することにメリットもあります。
たとえば、文字の美しさや丁寧さをアピールしたい場合はメリットになるでしょう。手書きの文字を多用する職場への転職を希望している際は、手書きでの作成がプラスになる可能性もあります。

ただし、職務経歴書は履歴書に比べて記入する文字量が非常に多いものです。
手書きで作成すると、間違えた場合に全てを書き直さなければいけませんし、応募の度に一から作らなければならないといったデメリットもあります。
また、IT企業や事務職へ応募する場合は、パソコンスキルに問題があると判断されてしまうおそれもあるので、手書きは避けたほうが良いでしょう。

PCで職務経歴書を作るメリットとデメリット

PCで作成した職務経歴書は、手書きよりも読みやすいケースが多く、作り直しやある程度の使い回しも可能といったメリットがあります。
また、パソコンスキルのアピールにもなりますから、事務職などデスクワークへの転職を希望している場合は、PCで作成すると良いでしょう。
気を付けるべきポイントとしては、使い回しが容易であることから、日付が古いまま提出してしまったり、該当企業に合致した内容に修正し忘れてしまったりといった点が挙げられます。
大きなデメリットはないものの、丁寧な見直しが必要だといえるでしょう。

自分を最もアピールできる方法を選ぶことが大切

職務経歴書は、自分のスキルとキャリアをアピールするための道具です。
作成する前に、手書きかPC、どちらのほうがアピールできるか、また、より自分の魅力を伝えられるのはどちらか考えてみましょう。

マイナビエージェントでは、志望する業界や企業に合わせて職務経歴書のフォーマットの選定や作成方法のアドバイス、出来上がった職務経歴書の添削を行っています。
手書きかPCか、自分では決めかねるという方は、業界情報や企業情報に詳しいマイナビエージェントにご相談ください。

 職務経歴書に関するFAQ

 関連ページ

押さえておきたい職務経歴書の基本

職務経歴書は手書き、またはPC作成?それぞれのメリット・デメリットのFAQページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。