職務経歴書は手書き?パソコン?どっちで書くべき?|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

職務経歴書は手書き?
パソコン?どっちで書くべき?

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

転職において企業等への求人に対する応募は、まず履歴書とともに職務経歴書を送付することから始まるのが一般的です。履歴書に関しては、書き方を手書きにするのか、パソコンで作成するのか、意見が分かれることはしばしばありますが、それでは職務経歴書の書き方はどちらが好ましいのでしょうか。

職務経歴書はパソコンでの作成が基本

履歴書は業界によってはパソコンで作成したものを出すよう推奨している所もありますが、いまだに手書きのほうが好まれる企業があるのも現状です。しかし職務経歴書は、履歴書よりも文字数が多くなることも多々あり、手書きよりもパソコンで作成されたものの方が採用担当者が読みやすいでしょう。

むしろ、業界や職種によっては、手書きでの職務経歴書はマイナスの印象になる可能性もあります。IT企業や外資系企業では、パソコンでの作成が当然とみる傾向がありますし、事務職では、職務経歴書の作成力でスキルを測る意味合いも持ち、見やすくレイアウトされた職務経歴書は、事務能力のアピールポイントにもなり得ます。

基本的なパソコンの操作ができることがもはや当たり前となっている時代です。手書きでの作成は、企業側に「要領が悪い」、「PCが使えないのでは?」といった疑念を抱かせてしまうこともあるのです。

職務経歴書のパソコンでの作成はメリット大

職務経歴書をパソコンで作成することは、応募者の側にとっても大きなメリットがあります。

手書きの場合、修正液を使うのはNGですので、一文字書き間違えただけでも一から書き直さなければなりませんが、パソコンでの作成では間違いがあっても簡単に修正できます。職務経歴書の書き方としては、A4サイズで2枚、長くても3枚程度に納めるのが適切です。文章作成ソフトや表計算ソフトを使って職務経歴書を作成していると、読みやすくなるようにボリュームやレイアウトの調整も容易になります。

また、パソコンで作成してあればデータを何度も使用できるので、他の企業への応募書類を作成する際には手書きに比べて作成時間の大幅な短縮が可能です。業界や企業に合わせて改変するだけで、新たな職務経歴書を作成することができます。

在職中の転職活動では、退社後の時間や休日の限られた時間を使って、応募する企業の選定、業界研究や企業研究も行っていかなければなりませんのでとてもハードです。職務経歴書をパソコンで作成することにより、効率のよい転職活動へと繋がっていきます。

まとめ

職務経歴書をパソコンで作成することは決められた書き方のルールではありませんが、採用担当者が受ける印象という面からも、転職活動の効率性からも優位です。職務経歴書は直筆で書く指定がある場合を除いては、パソコンで作成するようにしましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 職務経歴書に関するFAQ

 関連ページ

職務経歴書は手書き?パソコン?どっちで書くべき?のFAQページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。