職務経歴書における定型句はありますか?|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

職務経歴書における
定型句はありますか?

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

転職するにあたって準備する書類の中でも、苦手だと感じる方も多い職務経歴書。転職活動にあたって、面接に進めるかどうか、面接をスムーズに進行できるかがかかった重要な書類ですので、しっかりとした内容のものを作成したいものです。では、作成していくにあたり、職務経歴書の定型句はあるのでしょうか?ここでは職務経歴書における定型句やそのほかの記載における注意点をまとめました。

職務経歴書における定型句

職務経歴書において「現在に至る」や「以上」などをルールにのっとって使用することで、採用担当者や面接官に最低限の常識があると判断してもらうことができます。適切な箇所で適切な使い方ができない場合には、キャリアや実績以前の話になってくるので、最低限のマナーとして覚えておきましょう。

  • 以上

    職務経歴書の最後には「以上」と記載するようにします。これは書き足しなどの改ざんを防ぐためと「ここで終わりです」という意味を込めて書きます。記載する際には右端に寄せて書きましょう。また、職歴の欄で最後の行まで埋まってしまった場合は、最後の行の右隅に「以上」と記載するのがよいとされています。

  • 現在に至る

    「現在に至る」は職歴で使います。在職中に次の仕事を探している場合や、就職活動を行いながらアルバイトをしている場合が当てはまります。入社したことを記載した次の行に「現在に至る」と記載し、今も仕事はしていることを伝える意味があります。学歴の欄では「在学中」を使用しましょう。また、「現在に至る」を使用せず、「在職中」と記載するのもよいでしょう。もし、退職予定日が決まっているのであれば、「現在に至る」または「在職中」の後にカッコ書きで「〇月〇日退職予定」と書きましょう。そして次の行の右端には「以上」と記載することをお忘れなく。

  • 取得見込み

    免許や資格の欄に記載する可能性がある定型句です。通常は、取得済みのもののみを記載しますが、応募先の職種や企業で必要とされる資格を勉強中であったり、試験の結果待ちであったりする場合は、内容を書いた後に「取得見込み」と記載します。ただし、取得見込みの資格を職務経歴書に記載するのは、あくまでもその資格を採用のアピールポイントとして使うときのみにしましょう。

入社とセットで使用する表現

「〇年〇月 (企業名) 入社」と記載したときに次の行にセットで使用する表現が以下の2通りあります。

  • 入社と退職
  • 入社と在職中(または現在に至る)

「入社」だけで終わりにしてしまうと現在の状況がどのようになっているのかわからず、採用側にとっては不信感や不安につながります。ひとつ「入社」の項目があったときには必ず「退職」もしくは「在職中(もしくは現在に至る)」と次の行に記載するようにしましょう。

会社名について

職務経歴書には会社名を多く記載することになりますが、いくつかのマナーやルールがありますので、注意が必要です。

  • 正式名称で記載する

    職歴の欄に書く会社名は正しく書くようにしましょう。サービス業などでは、勤務していた場所の名称と大本の会社の名称が異なることがあります。例えばホテルなどの場合ですと、会社名は鉄道会社やホテルチェーンをとりまとめる会社の名前が正式名称であることが多いです。その場合に会社名を「□□ホテル」と記載すると誤った表記となります。

  • 会社名を略さない

    職歴の会社名を記載するときに株式会社や有限会社を(株)や(有)と略すのも禁止です。正式な名称で一字一句きちんと書きましょう。また、株式会社が名称の前にくるのか後ろにくるのかも重要です。正しい名前を覚えておくようにしましょう。また、わからなかった場合はきちんと調べて記載しましょう。

敬語を正しく使う

職務経歴書の志望動機や自己PRの欄で敬語を使う時には注意が必要です。正しい敬語が場合に応じて使えるように、敬語の区別をつけるようにしましょう。敬語には謙譲語・尊敬語・丁寧語があります。

  • 謙譲語

    謙譲語は「相手に対して自分を低めることで相手に対する敬意を表す」言葉です。「聞く」という動詞は謙譲語になると「伺う」となります。
  • 尊敬語

    尊敬語は「動作をしている人に敬意を示した」言葉です。例えば、「話す」という動詞では、「おっしゃる」という尊敬語を使います。

  • 丁寧語

    丁寧語は助動詞の「です」「ます」「でございます」などをつける言葉です。動作を行う相手に関わらず、印象を柔らかくするために使います。例えば謙譲語の「伺う」は丁寧語で「伺います」となります。

敬語を使うときの注意点

志望動機や自己PRの欄で敬語を使用するときにはいくつか気をつけたい点があります。

  • 趣味や特技の欄は文章でも箇条書きでも良い

    箇条書き・・・結びは「体言止め」
    文章の場合・・・丁寧語を使う

  • 志望動機や自己PRの欄は敬語で記載する

  • 応募先企業は口頭では「御社」、書面では「貴社」と記載する

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 職務経歴書に関するFAQ

 関連ページ

職務経歴書における定型句はありますか?のFAQページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。