クレーンの荷を掛け外しする玉掛けとは?必要な資格と試験について|求人・転職エージェント

ものづくりメーカーの転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

クレーンの荷を掛け外しする
玉掛けとは?
必要な資格と試験について

メーカー向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

玉掛けは、クレーンのある現場にはなくてはならない仕事ですが、国家が認定する「玉掛け技能講習」を修了しなければ、多くの玉掛け作業を行うことはできません。

ここでは、玉掛け作業の内容や、国家資格の取得方法についてご紹介します。

玉掛け作業とは

玉掛け作業とは、工事現場や運搬などでクレーンを使う際に、フックに荷を掛けたり外したりする作業のことを指します。

誤った玉掛け作業をすると重い荷が落下して作業員がケガをする危険がありますので、クレーンを使う現場において、とても重要な作業です。

玉掛け作業者はチームワークで現場の安全を守る

玉掛け作業が不十分だと、重い荷物が落下し、人命にかかわる事故が発生する可能性があります。専門知識を持ち、資格を取得した玉掛け作業者が、クレーンオペレーターとコミュニケーションをとりながら玉掛け作業を行うことで、現場の安全を確保するのです。

なお、クレーンオペレーターとして働くにも、玉掛け技能講習を修了する必要があります。

玉掛け作業に向いている人

玉掛け作業に向いている人は、丁寧に安全確認をすることで、クレーン現場での事故を未然に防げる人です。また、クレーン作業の現場ではチームワークが大切になるので、現場の状況を見ながら細かい気配りをして作業に臨める人が向いているでしょう。

玉掛け作業者が活躍している現場

玉掛け作業者が活躍する場所は、クレーンで重い荷物を上げ下ろしする工事現場や倉庫が中心です。
危険を伴う仕事のため、行き届いた研修があることが多いようです。

玉掛け作業者に必須の「玉掛け技能講習」とは?

玉掛け作業を行うには、「玉掛け技能講習」または「玉掛け特別教育」という講習に参加する必要があります。

吊り上げ荷重1t未満のクレーンに玉掛けをする場合は玉掛け特別教育で問題ありませんが、吊り上げ荷重1t以上のクレーンに玉掛けをする場合は玉掛け技能講習の受講が必要となります。

ここでは、吊り上げ荷重1t以上のクレーンへの玉掛けができるようになる玉掛け技能講習について、その内容や修了試験の難度をまとめました。

玉掛け技能講習の内容

玉掛け技能講習には学科講習と実技講習の2種類があり、学科講習は12時間、実技講習は7時間となっています。受講資格は18歳以上で、どちらも講習後に、受講内容を確認する修了試験があります。

玉掛け技能講習の難度

玉掛け技能講習を受講後、学科と実技の修了試験に合格すると、玉掛け技能講習の資格が得られます。
修了試験の合格率は高く、資格の取得難度は低いといえます。

玉掛け作業者の資格の活かし方と履歴書の書き方

玉掛け作業者の国家資格である玉掛け技能講習は、履歴書の資格一覧に書くときは「玉掛け技能講習修了」と書きます。この資格がないとクレーン現場で玉掛け作業ができませんので、履歴書には必ず記載しましょう。

玉掛け作業者の就職先や年収、キャリアアップは?

玉掛け作業者は、どのような就職先、年収で働くことができるのでしょうか?キャリアアップについても確認しましょう。

玉掛け作業者の就職先

玉掛け作業者の就職先は、建築関係や製造業など、ジャンルは様々です。クレーン作業のある現場であれば玉掛け作業に求められるスキルは共通していますので、環境や待遇などを比較して就職先を選ぶと良いでしょう。

玉掛け作業者の平均年収

玉掛け作業者の平均年収は、賞与込みで約408万800円となっています(厚生労働省「平成29年度賃金構造基本統計調査」より算出)。

また、国税庁の「平成29年分民間給与実態統計調査結果について」によると、日本の労働者全体の平均年収は432万円となっており、やや少ないといえるでしょう。男女間の年収差が小さいのも、玉掛け作業者の特徴です。

玉掛け作業者のキャリアアップ

玉掛け作業は専門職のため、勤続年数が長くなるほど年収が高くなる傾向があります。クレーン作業の現場でもなくてはならない存在として頼られ、やりがいをもって長く続けることができる仕事といえます。

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。