女性の転職年齢。ベストタイミングはいつ?|求人・転職エージェント

更新日:2021/09/13

女性

女性の転職年齢。ベストタイミングはいつ?

key_permanent_field.jpeg

女性が転職するベストタイミングはいつなのでしょうか?

30歳前後を中心に「〇歳までに転職するべき」といった声もよく聞かれるため、どのタイミングで転職すればいいのか悩んでいる方も多いでしょう。

ここでは転職したい女性に向けて、女性が転職する限界年齢の有無と、年齢に応じた理想的なキャリアの作り方、さらに転職市場から求められるためにやっておくべき仕事内容について年齢別にご紹介します。

目次

28歳・30歳・32歳・35歳...転職限界年齢っていつ?

色々な年齢が"転職限界年齢"と言われていますが、実際には転職限界年齢はありません。転職を成功させるために必要なのは年齢そのものではなく、年齢に見合ったキャリア形成です。

転職に成功する人は、「転職市場で価値が高い人」です。転職市場で価値を持つために必要なことは十分な経験を積んでビジネス力を身につけることが最重要。

こうした年齢相応、あるいは年齢以上のスキルを持っている人は常に5年後、10年後をシミュレーションしながら自分をアップデートし続けています。

20代なら「30代ではどんなビジネスパーソンになっていたいか、そのためにどんなスキルを身につけるべきか」など、未来に向けて今の自分がすべき仕事内容をイメージしながら仕事に取り組みましょう。転職もこうした理想に近づくための方法だといえます。

年齢や状況に応じたキャリアの作り方

それでは、どのように年齢や状況に応じたキャリアを作っていけばいいのでしょうか。やはり軸となるのは「自分が将来どんなビジネスパーソンになりたいか」ということです。

現場のスペシャリストになりたいのか、幹部として会社を経営していきたいかなど、キャリアプランによって必要なスキルや経験が変わります。

キャリア形成時に気を付けるべきポイントは以下の3点の選択とタイミングです。

  • 職務経験
  • 業界経験
  • 成長ステージ

たとえば会社の経営をしたいなら、職務経験の土台を作るためにコンサルティング会社に入社してさまざまな会社の経営方法を学び、そこから興味や専門知識を持っている業界の会社に入って役職者を目指すといったキャリアプランが描けるでしょう。

経営スキルを持った人材になるには、成長ステージを確実に儲けるためにマネジメント層を募集している会社に転職するのも重要です。

このように「自分が将来どんなビジネスパーソンになりたいか」をイメージしてから職務経験、業界経験、成長ステージの選択とタイミングを見極めれば、年齢や状況に応じたキャリアを積み重ねることができ、理想の転職がしやすくなるでしょう。

それぞれの年齢でやっておきたいこと

3.1. 28歳でやっておきたいこと

20代は新しい人との出会いや知らなかった業界との出会いにより、目指している将来像が変わりやすい時期です。そのため、30歳の節目が目前に迫った28歳の段階では「これから自分が目指す夢が変わっても普遍的に活用できるスキル」を身につけるべきです

普遍的に活用できるスキルがあれば、未来の選択肢を増やすことができます。もし今目指している業界や職種に興味がなくなったとしても、自分が持っているスキルを活用して新しい夢を目指しやすくなるでしょう。

たとえばコミュニケーション能力を磨ける営業力など、あらゆる道で活かしやすいスキル育成に注力してはいかがでしょうか。

3.2. 30歳でやっておきたいこと

30代に入ると、20代の頃よりは未経験の世界に飛び込むハードルが上がります。30歳は自分独自の強みを作るべき時期です。業界や職種など、なんらかの方向性に特化して自分の強みを育成しましょう。

強みを作るには継続して努力する必要があるので、自分の興味が持てる仕事は何かを突き詰めて考える必要があります。どんな仕事であればやる気が出るか、向上心が生まれるかを自問自答してから取り組みましょう。

3.3. 32歳でやっておきたいこと

32歳になると、ほとんどの会社で中堅層に入ってくるでしょう。転職したとしても、新人気分ではいられません。32歳になったら、20代の育成もできるマネジメント能力を身につけるべきです。

マネジメントにおいて土台になるスキルはコミュニケーション能力です。自分のことだけ考えていては人がついてきません。周りの状況を見ながら的確なアドバイスやサポートをするなど、広い視野を持つべきです。日頃から意識して目を配りましょう。

3.4. 35歳でやっておきたいこと

35歳では、40代に向けたキャリア形成を意識しましょう。キャリア形成には時間がかかるので、3~5年前には助走をし始めて少しずつ経験を蓄積する必要があります。

40代ともなると付け焼刃のスキルでは太刀打ちできなくなるので、社会の変化を見据えたキャリアプランをイメージして計画的に仕事をしてください。

社会の変化に適応したスキルは、当然さまざまな起業から求められます。「10年後、社会はきっとこのように変わっているだろう」という予測を立てたうえで、「この企業はこういった課題を抱えていて、それを解決するためにはこんなスキルが必要だ」という未来の課題解決まで見据えたキャリア形成ができれば、40代以降も上層部から求められる人材になれます。

年齢に応じたキャリア形成が転職成功のコツ

転職に早すぎる、遅すぎるといった明確なボーダーラインはありません。

年齢よりも、年齢に応じたスキルの有無が重視されるからです。転職市場で価値を発揮する有能人材になるために、計画的にキャリア形成を行いましょう。今すべきことがわからない方は、転職エージェントに相談して後悔のない転職活動をしてみてくださいね。

執筆・編集

長嶋 理沙

株式会社マイナビ所属。人材紹介における法人営業、キャリアアドバイザーあわせて10年以上従事。医療系有資格者から一般企業出身者まで幅広く対応しております。男女問わず、最適なご提案を心がけております。

SNSシェア

注目コンテンツ