消費財メーカー営業に求められる資格は?求められるスキルも解説|求人・転職エージェント

更新日:2022/08/02

営業職

消費財メーカー営業に求められる資格は?求められるスキルも解説

sales_1199.jpg

この記事のまとめ

  • 消費財営業とは、食品や日用品のような日常生活で利用する身近な製品を、法人相手に販売する仕事である。
  • 消費財メーカー営業で役立つ資格には「営業士」「セールススキル検定」が挙げられる。
  • 消費財メーカー営業では、マーケティングスキルや応募業界での就業経験が求められる。

消費財営業は、食品や衣類といった生活必需品を法人相手に販売する仕事です。業務においては、柔軟なコミュニケーションスキルやトラブルへの迅速な対処が求められます。転職前に資格を取得して、活躍の幅を広げたいと考えている方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、消費財営業で役立つ資格を紹介します。消費財営業のスキルを伸ばしたいと考えている方に参考となる情報をまとめました。

目次

営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント

消費財営業とは

sales_1199_1.jpg

消費財営業とは、食品や衣類をはじめとする生活に必要な製品を販売する仕事です。自社製品の魅力をPRして、販売促進に努めます。取引先には、卸売販売店や小売店といった販売業者が挙げられます。化粧品を扱う企業の場合、取引先はドラッグストアやコスメショップです。

効率的に営業を進めるには、製品の特徴や用途、使用方法、魅力を十分理解する必要があります。購買層やアピールポイントを整理しておくと、取引先へ適切な提案ができるでしょう。

消費財メーカー営業で役立つ資格

sales_1199_2.jpg

消費財メーカーで営業として活躍したい場合、営業力を活かした自社製品・サービスの提案が不可欠です。営業力や状況に応じた提案力は、現場の実務経験で磨かれる場合が大半を占めます。消費財メーカーで営業の経験がない方は、資格取得を通じてスキルアップするとよいでしょう。ここでは、消費財メーカー営業で役立つ資格を紹介します。

普通自動車免許

普通自動車免許は必須ではありませんが、営業職の選択肢を広げたい方は取得を視野に入れましょう。営業職の求人には「要運転免許」や「運転免許必須」といった応募条件が含まれる場合が数多くあります。取引先が多く移動距離が長い場合や取り扱う商品が大きい場合、車を使用することが考えられるためです。企業によっては必須のケースもあるため、取得して損はないでしょう。

TOEIC

消費財営業への転職では、一定以上のTOEICスコアを取得すると選考で有利になります。グローバル展開をしている企業の場合、語学スキルのある人材を求めているためです。特に、外資系消費財メーカーへの転職を考えている方は、TOEICのハイスコア取得を前提に転職活動を進めましょう。実際の業務で外国籍のスタッフや海外の取引先と連絡を取るケースは数多くあります。

MOS検定

パソコンスキルを磨くため、MOS検定にチャレンジするのもおすすめです。「営業職はパソコンを使う機会が少なそう」といったイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、営業活動以外の時間はパソコンを使用して作業を進めるケースがほとんどです。

営業職は請求書や契約書のような重要書類はもちろん、プレゼンテーション資料を作成することもあります。WordやExcel、PowerPointといったOfficeソフトを使いこなせば、業務をスムーズに遂行できるでしょう。

営業士

営業に従事するうえで総合的なスキルを身につけたい方は、営業士の資格取得がおすすめです。初級・上級・マスターと3段階のステップがあるため、営業未経験の場合、初級で基礎的な知識理解を深めましょう

上級・マスターでは、マネジメントや経営戦略に関する知識といった高度な専門知識まで学べます。キャリアアップやスキルアップしたい方に役立つでしょう。

販売士

接客スキルや店舗経営に関する知識を身につけたい方は、販売士の資格取得を目指しましょう。専門店やスーパーといった小売店の事情に精通すれば、営業として関わる場合も柔軟に対応できるでしょう。

資格は1級〜3級に分かれており、3級は販売担当の接客知識や技能、マーケティングの基礎が学べます。2級と1級はマネジメントや経営管理に関する知識など内容が高度です。経営層へのキャリアアップを狙う際にも役立つでしょう。

セールススキル検定

営業で必要なヒューマンスキルを高めたい方は、セールススキル検定の取得も視野に入れましょう。顧客との関係を築くコミュニケーション力に注目した検定で、客観的な指標でビジネスにおける人間的特性を評価します。

試験は1級〜3級に分類され、3級は誰でも受験可能です。2級以降は受験資格があり、一定の実務経験とセールススキル検定の下位資格が必要です。

セールスレップ

販売支援の専門性を深めたければ、セールスレップ資格にチャレンジしましょう。販路構築スキルや取引・契約における知識があることを証明する資格で、商業系だけでなく、工業系・環境系・医療系といったあらゆる商品やサービスをカバーします。

3級・2級・マイスターに分かれており、営業に関する基礎を固めたい方は3級、人材育成やマネジメントスキルを伸ばしたい方は2級を選ぶとよいでしょう。受験資格がなくチャレンジしやすいのも特徴です。

消費財メーカー営業に求められるスキル

sales_1199_3.jpg

消費財メーカー営業で求められるスキルは多種多様です。営業職に必須のコミュニケーション力だけでは、思いどおりの成果を残しづらいこともあります。しかし、どのようなスキルを身につければよいか、分からない方もいるでしょう。ここでは、消費財メーカー営業に求められるスキルを解説します。

英会話スキル

英会話スキルが必須である企業もあります。特に、外資系企業や海外に取引先が多い企業のようなグローバル企業に転職する際には大きなアドバンテージになるため、積極的に身につけておきましょう。英語関連の資格があれば、資格手当の対象となる場合もあります。英会話と並行してTOEICや英検といった資格取得も視野に入れて学習を進めましょう。

マーケティングスキル

消費財営業は、マーケティング活動を通じて業務効率を上げられる側面があります。消費財業界では新規顧客獲得に加えて、既存顧客の維持・拡大も重要な課題です。消費者のニーズを敏感に察知できるように、日々の市場調査が欠かせません。

分析手法のひとつとして「3C分析」があります。顧客(Customer)・自社(Company)・競合他社(Competitor)をそれぞれ解析して、最適な販売戦略を導き出すのが目的です。製品・サービスの強みや購買層、コストといった多角的な視点で分析します。

応募業界での就業経験

営業を目指すうえで最もアドバンテージになるのは、応募業界での就業経験です。求人に「消費財領域で経験があれば尚可」と記載している企業もあります。たとえば、化粧品販売の経験がある場合、スキンケア商品や美容グッズといった製品の営業に適性があると評価されるでしょう。業界知識があれば、転職後もスムーズに業務がこなせます。

まとめ

sales_1199_4.jpg

消費財営業は、資格取得によって業務で必要なスキルを養えます。「MOS検定」「営業士」「販売士」「セールスレップ」といった資格を取得すれば、転職する際も営業職に必要な知識があることを証明できるでしょう。資格と併せて、英会話やマーケティングスキルを身につければ、さらに転職で有利です。

消費者営業で必要な資格について悩んでいる方は、マイナビ営業エージェントにご相談ください。専門のキャリアアドバイザーがスムーズな転職活動をサポートします。

営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント

消費財は営業職の働きによって高品質な製品が市場に流れます。しかし、未経験から消費財営業を目指す方法が分からない方もいるでしょう。この記事では、消費財営業の仕事内容や年収の情報をまとめました。

注目コンテンツ