消費財メーカーの営業職に必要な志望動機とは?選考のポイントも紹介|求人・転職エージェント

更新日:2022/08/02

営業職

消費財メーカーの営業職に必要な志望動機とは?選考のポイントも紹介

sales_1198.jpg

この記事のまとめ

  • 消費財メーカーの営業職を目指すのであれば、業界の魅力と応募先企業を選んだ理由を整理するのが重要。
  • 志望動機を伝えるうえで、企業理念や業務内容に合致しない内容を伝えるのは避けたほうがよい。
  • ひとりで志望動機を考えるのが難しい場合、転職エージェントを利用するのも選択肢のひとつ。

消費財メーカーの営業は、卸売販売店や小売店といった業者に自社製品を提案する仕事です。日用品や家電など、人々の生活に密着した製品を扱うため、魅力を感じている方もいるでしょう。しかし、どのような志望動機を考えればよいのか、分からない場合もあるかもしれません。

そこでこの記事では、消費財メーカー営業の志望動機を紹介します。例文を使った解説や志望動機の作成手順など、転職活動に役立つポイントをまとめました。

目次

営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント

消費財メーカー営業の志望動機が特に大切な理由

sales_1198_1.jpg

消費財メーカー営業を目指すうえで、志望動機は非常に重要といえます。消費財メーカーは大手企業や外資系企業といった規模の大きい企業が多く、人気も集まりやすいためです。人気の企業になるほど競争は激しくなり、優秀な人材やポテンシャルの高い人材が優先的に採用される傾向があります。

応募先企業の志望動機を考える際は、ほかの応募者と差別化を図る意識が欠かせません。自身の市場価値と応募先企業が求める人物像を考慮し、採用に至る説得力のある動機を伝えましょう。

消費財メーカー営業が押さえる志望動機のポイント

sales_1198_2.jpg

消費財メーカー営業の志望動機は、選考の場において重要な意味を持ちます。しかし、どのようなポイントを踏まえて動機を考えるべきか、具体的なイメージがつかめない方もいるでしょう。ここでは、消費財メーカー営業が押さえておきたい志望動機のポイントを解説します。

消費財業界を選んだ理由を明確にする

まずは消費財業界を選んだ理由を考えます。選考の場においては、採用担当者が応募者の志望理由に一貫性を求めるためです。消費財業界の特徴や将来性を含めた説得力のある志望理由を伝えましょう。

ポイントは業界の存在意義です。消費財業界が社会においてどのような役割を担っているか整理しましょう。たとえば「自動車や日用品といった生活に直結する製品を生み出すことで、消費者の生活を豊かにしている」といった分析が役立ちます。

応募先企業に魅力を感じた理由と熱意を伝える

応募先企業の魅力を明確に伝えます。「応募先企業を選んだ理由は何か」「どのような点に魅力を感じたのか」がはっきりしていないと、入社したいという熱意が伝わりません。端的な言葉で伝えられるように、分かりやすさを意識しましょう。

ポイントは競合他社と差別化することです。応募先企業でしかできないことを話に組み込むことで、志望動機の説得力が増します。

応募先企業でどのように貢献するかを伝える

応募先企業に入社した際、貢献できる人材であることを伝えるのも重要です。これまでに培ったスキルや経験を使ってどのように活躍できるかを具体的にアピールしましょう。

具体的な内容を考える際は、過去の経験や実績を整理するのがおすすめです。業務で直面した課題への取り組み方や前職で身につけた技術を、応募先企業のニーズに合わせて上手にまとめましょう。

消費財の営業を目指すうえでNGな志望動機

sales_1198_3.jpg

消費財営業の志望動機では、避けたい内容や表現があります。伝え方によっては応募先企業からの印象が悪くなるためです。具体的にどのような動機が好ましくないのか、判断が難しい方もいるでしょう。ここでは、消費財の営業を目指すうえでNGな志望動機を紹介します。

待遇面を押し出している

待遇面の魅力を過度に伝えるのは控えましょう。応募先企業へ貢献することよりも、報酬や福利厚生を目的に志望してきたという悪い印象につながります。選考の場では、採用担当者に将来活躍してくれる人材だと理解してもらうのが重要です。あくまでも、応募先企業で実現したいことや企業理念・ビジョンへの共感を中心にまとめましょう。

企業理念や業務内容に合致していない

応募先企業の企業理念や業務内容に関して、しっかりと情報収集することが大切です。情報が不足したまま志望動機を作ると、動機に一貫性を持たせにくく、説得力のある内容に仕上げられません。リサーチの甘さは採用担当者にも伝わり、志望度が低いと判断されてしまいます。好印象を残すには、応募先企業の企業理念や業務内容といった内容を織り交ぜた志望動機を作成しましょう。

長期的なキャリア形成を考えていない

志望動機には入社後のキャリアプランを含めるのがおすすめです。応募先企業でどのように活躍したいのかが不明瞭な場合、「うちの会社は踏み台にされる」と判断され、マイナスイメージにつながるかもしれません。

好印象を残すには「貴社でキャリアを成長させつつ実績も積んでいきたい」といった内容にまとめるとよいでしょう。採用後も長期的に活躍したいといった旨を伝えることが重要です。

消費財系営業職の志望動機例

sales_1198_4.jpg

志望動機を考えるうえでは、応募先企業の理念や業務内容を理解し、どのように貢献できるかをアピールすることが重要です。伝えたい内容を整理し、分かりやすい文章にまとめましょう。ここでは、応募先企業の種類ごとに志望動機例を紹介します。

中小・ベンチャー企業の場合

中小企業やベンチャー企業を志望するのであれば、独自の業務体制やスピード感といった企業文化への共感を押し出しましょう。

【例文】
貴社の企画から商品化に至るまでのスピード感と品質の高さに強い感銘を受け、志望しました。市場調査で得た情報を最適な形で商品開発に落とし込む仕組みは、競合他社にない強みだと感じています。PDCAを効率的に回すことで、品質を担保している点も大きなアドバンテージだと考えている次第です。

大手企業の場合

大手企業の志望動機は、国内外での強い影響力に魅力を感じているといった内容にまとめましょう。社会的な貢献度が高い点を持ち出すことで、好印象につながりやすくなるためです。

【例文】
私は、貴社の海外市場まで視野に入れた経営戦略に強い魅力を感じています。国内で高い評価を得た製品を海外にも展開することで、より多くの消費者へ価値提供できると考えているためです。個人の裁量が大きい貴社であれば、一層やりがいを持って業務に取り組めると思い、志望しました。

外資系企業の場合

外資系企業を目指す場合、海外市場を対象に消費者へ貢献したい旨を伝えましょう。市場の変化に敏感である経営体制にも触れておくと、印象に残りやすくなります。

【例文】
多様な国や文化を持つ消費者に貢献したいと考え、貴社を志望しました。世界で愛されるブランドを守り、さらに多くの人々へ届けたいと考えています。貴社であれば、市場の変化に迅速に対応しつつ、消費者のライフスタイルにも寄り添えると確信しています。

失敗なく志望動機を作成するには

sales_1198_5.jpg

ほかの応募者との差別化を図るのであれば、評価されるポイントが詰まった志望動機が欠かせません。そのためには、失敗しない志望動機作りのコツを知る必要があります。ここでは、失敗なく志望動機を作成する方法を紹介します。

応募先企業の情報を集める

まずは応募先企業の情報を集めましょう。企業のHPや求人サイトから企業理念や将来のビジョン、経営戦略といった情報を収集し、整理します。また、市場のニーズも調べておきましょう。SNSや企業が実施するアンケート結果を通じてニーズを把握すれば、応募先企業でどのような付加価値を提供できるか明確になります。集めた情報を踏まえて、自身の経験やスキルをアピールするとよいでしょう。

応募先企業の製品やサービスを使ってみる

応募先企業の製品やサービスを使用してみましょう。どのような特徴があるか知っておけば、営業する際にもメリットや利便性を説明しやすくなるためです。消費者目線を持って業務に取り組める人材は、企業にとって重宝します。さらに、製品やサービスの改善案を提示すると、志望動機の説得力が増します。製品やサービスをしっかりと研究していることが伝わり、熱意やポテンシャルを評価してもらえるでしょう。

消費財営業で求められる人物像を考える

消費財営業では、コミュニケーション能力やトラブルへの対応力といった対人関係における幅広いスキルが必要です。さらに、応募先企業の風土や文化を理解すれば、自身との相性のよさもアピールしやすくなり、採用の確率が高まるでしょう。応募先企業で必要となるスキルをチェックし、企業にとって必要な人材である旨を伝えることも大切です。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用するのも選択肢のひとつです。応募先企業の情報収集や選考書類の添削、面接対策など、選考に関するさまざまなサポートをしてくれます。ひとりでは難しい選考対策を効率的に進められるのがメリットです。

さらに、退職から転職先企業への入社に至る手続きもサポートに含まれます。初めて転職する方でも、安心して転職活動に集中できるでしょう。

まとめ

sales_1198_6.jpg

消費財業界で営業職を目指すのであれば、説得力のある志望動機が欠かせません。そのためには応募先企業の情報を収集し、求められる人物像を想定したスキルを習得するなど、効率的な選考対策が必要です。消費財業界や応募先企業を選んだ理由に加え、自身がどのように貢献できるかアピールしましょう。

消費財営業へ転職したい方は、マイナビ営業エージェントにご相談ください。専属のキャリアアドバイザーが書類添削や選考対策でサポートします。

営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント

消費財は営業職の働きによって高品質な製品が市場に流れます。しかし、未経験から消費財営業を目指す方法が分からない方もいるでしょう。この記事では、消費財営業の仕事内容や年収の情報をまとめました。

注目コンテンツ