自動車営業に資格は必要?求められるスキルや向いている人を紹介|求人・転職エージェント

更新日:2022/05/30

営業職

自動車営業に資格は必要?求められるスキルや向いている人を紹介

sales_1130.jpg

この記事のまとめ

  • 自動車営業に必須の資格はないが、普通自動車免許(マニュアル)があるとよい。
  • 販売士や営業士の資格を取得することで、営業に関する知識を証明でき、転職でアピールできる。
  • 自動車営業では、車に関する知識とヒアリングスキルが求められる。

「自動車営業に必要な資格ってある?」「転職で有利になる資格にはどのようなものがある?」といった疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。自動車営業への転職を目指す場合は、必要になる資格やスキルについて知っておくことが大切です。

この記事では、自動車営業とはどのような仕事なのかについて解説しつつ、必要な資格を紹介します。転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント

自動車営業に転職する際に資格は必要?

sales_1130_1.jpg

自動車営業の仕事へ転職するのに、必須な資格は基本的にありません。しかし、自動車営業の業務では、販売している自動車を自身で運転して移動させることがあるため、普通自動車免許の資格を必須としている会社がほとんどです。ほかにも納車や引き取り時は車を運転するため、普通自動車免許が必要になる場面があるでしょう。

転職でアピールするために、業務に関連性の高い資格を取得するのもおすすめです。自動車営業では、販売やメンテナンスの顧客対応、イベントや事務といったさまざまな仕事に対応しなければなりません。資格を取得することで、仕事の幅が広がり、スキルアップにもつながるでしょう。

自動車営業への転職に役立つ資格

sales_1130_2.jpg

自動車営業への転職を目指す場合は、資格を取得して自動車に関する知識をアピールする方法もあります。自動車営業への転職で役立つ資格には、「普通自動車免許」「損保一般試験」「自動車整備士資格」「中古自動車査定士技能検定」があります。ここでは、それぞれの資格について詳しく解説します。

普通自動車免許

普通自動車免許は、自動車教習所で運転技術や交通ルールなどを学び、卒業試験合格後に免許センターで取得します。免許を取得するには、公安委員指定の自動車教習所に通うのが一般的です。

短期間で免許を取得するなら「合宿免許」を利用する方法もあります。自動車営業はマニュアル車を取り扱う可能性もあるため、AT(オートマチック)限定免許ではなく、MT(マニュアル)免許を取得するとよいでしょう。

参照:運転免許取得の手順|一般社団法人 全日本指定自動車教習所協会連合会

損保一般試験

自動車を販売する際には、自動車保険の販売にも関わるケースがほとんどです。保険を販売するには、損保一般試験に合格する必要があります。

損保一般試験には、基礎単位と商品単位(自動車保険単位・火災保険単位・傷害疾病保険単位)があります。基礎単位と商品単位に合格すれば、自動車保険を扱えるようになります。また資格取得後は、5年単位で更新が必要です。

参照:損保一般試験|日本損害保険協会

自動車整備士資格

自動車整備士資格は自動車営業の転職で必須の資格ではありませんが、自動車整備の知識を身につけておくことで、顧客の信頼を得られるでしょう。顧客から信頼を得られれば成約にもつながります。

自動車整備士の資格には、3級・2級・1級・特殊があります。受験資格として、自動車整備の実務経験が必要になるケースもあるため事前に確認しておきましょう。

参照:自動車:受験資格について|国土交通省

中古自動車査定士技能検定

中古自動車査定士技能検定の資格取得には、走行距離や使用年数、車体の傷など、中古車の状態を正確に把握する能力を身につける必要があります。そのため、中古自動車を取り扱う企業の場合、取得しておくと転職で有利になるでしょう。

中古自動車査定士検定には、「小型車査定士」と「大型車査定士」の2種類があります。受験資格として、小型車査定士は普通自動車免許、大型車査定士は大型第1種免許が必要です。ほかにも、自動車の販売や整備の実務経験が半年以上、協会検定の研修を修了する必要があります。

参照:中古自動車査定士技能検定|JAAI

自動車営業のスキルアップになる資格

sales_1130_3.jpg

営業職へ従事するにあたって、営業のスキルが欠かせません。営業の知識やスキルアップをしたい方におすすめの資格は、「販売士」「営業力強化検定」「営業士検定」の3つがあります。どの資格も必要な受験資格はないため、積極的に取得を目指すとよいでしょう。ここでは、営業のスキルアップになる資格について、詳しく解説します。

販売士

販売士は日本商工会議所が運営している試験です。試験は3級・2級・1級があり、受験資格は定められていないため、好きな級を受験できます。

販売士の資格取得を目指すことで、「接客に関する基礎知識」「取扱商品に関する専門知識」「売場や店舗を管理する能力」「経済の動き全体からみた店舗経営の知識」を学べます

参照:販売士|商工会議所

営業力強化検定

サーティファイコミュニケーション能力認定委員会が主催している検定試験で、営業スキルを磨きたい方におすすめの資格です。試験は、基本知識・マーケティング・顧客対応技術・営業提案力・情報管理の5つの項目から50問出題されます。資格取得を目指すことで、「営業理論」「営業技術」「営業管理」の知識が学べるため、転職活動で営業力をアピールできるでしょう。

参照:営業力強化検定

営業士検定

日本営業士会が主催している資格検定制度で、営業や経営に関する知識を身につけたい方におすすめの資格です。試験は、初級・上級・マスターの3つのレベルに分かれています。

初級は営業従事者として必要な基礎知識、上級は営業やマーケティングにおける応用知識、マスターは経営や営業戦略に関する高度な専門知識が求められます。資格を取得することで「マーケティング・セールスのスペシャリスト」であることを証明できるため、転職活動に有利になるでしょう。

参照:営業士検定とは|日本営業士会公式サイト

自動車営業に求められるスキル

sales_1130_4.jpg

自動車営業に求められるスキルには、「車に関する知識」「ヒアリングスキル」の2つが挙げられます。成約につなげるには、お客さまとの信頼関係が大切です。

ヒアリングスキルと車に関する知識がなければ、お客さまとの信頼関係を構築することは難しいでしょう。ここでは、自動車営業に求められるスキルについて解説します。

車に関する知識

自動車営業では、顧客から車に関する質問をされた際に、すぐに答えられるように知識をアップデートさせておくことが大切です。販売している車の特徴や他メーカーとの違い、車の内部についてなど、知識を深めるとよいでしょう。

お客さまからの質問にスムーズに答えられれば、信頼度は上がります。信頼度が上がれば、成約につながりやすくなり、営業成績に反映されるでしょう。

ヒアリングスキル

営業職ではヒアリングスキルが欠かせません。お客さまとの会話からどのような車を求めているのか聞き出し、ニーズに合った車を提案する必要があるためです。相手の話をしっかりと聞き、信頼を得ることで、商談の流れが決まるといっても過言ではありません。

「話上手は聞き上手」ともいいますが、営業ではこちら側から一方的に話すのではなく、会話のキャッチボールを意識することが大切です。

自動車営業の仕事に向いている人

sales_1130_5.jpg

車に興味がある人、コミュニケーション能力に長けている人は、自動車営業の仕事に向いているといえます。自動車営業は車に関する知識が必要であるため、車に興味があるほど勉強が楽しく感じるでしょう。またコミュニケーション能力が高ければ、お客さまとの信頼関係を構築でき、成約につながりやすくなります。

ここでは、自動車営業の仕事に向いている人の特徴について詳しく解説します。

車に興味がある人

自動車営業は、毎日車に囲まれながら接客する仕事であるため、車に興味がある人が向いています。車に興味があれば、車に関する勉強も意欲的になるでしょう。知識が増えることで、商談でもより具体的な話ができます。

しかし、車に興味がなければ「仕事のために車の勉強をしなくてはいけない」といった感覚になり、勉強が苦に感じる恐れもあります。

コミュニケーション能力に長けている人

自動車の営業職は接客がメインであるため、コミュニケーション能力に長けている人が向いています。お客さまとコミュニケーションを取って信頼関係を深めなければ、自動車の成約にはつながらないでしょう。

単に話が上手なだけではなく、お客さまの言葉にきちんと耳を傾け、分かりやすい説明ができる能力が求められます。

まとめ

sales_1130_6.jpg

自動車営業に必要な資格はありませんが、普通自動車免許は多くの会社で求められる資格であるため、取得しておくことをおすすめします。また自動車整備士資格や中古自動車査定士技能検定、営業に関する資格があれば、転職に有利になるでしょう。

「自動車営業の仕事がしたい」「営業関係の仕事を探している」という方は、マイナビ営業エージェントへご相談ください。業界に精通したキャリアアドバイザーが、求職者に合った求人の紹介や応募書類の添削など、転職活動をサポートいたします。

営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント

自動車ディーラーは、メーカーと契約を結んで顧客に自動車を販売する企業です。営業職で働くには、自動車の専門知識や営業にまつわるスキルが求められます。この記事では、自動車ディーラー営業への転職が未経験でも可能なのか、実際の仕事内容や営業に必要なスキルを解説します。自動車ディーラーへの転職を検討している方は、ぜひ今後の参考にしてみてください。

自動車販売の営業は、車を購入した人の生活を豊かなものへと変える、やりがいのある仕事です。この記事では、自動車販売の営業へ転職を考えている方に向けて、志望動機の基本的な書き方や避けるべきNGな書き方を、例文を用いながら解説します。自動車販売の営業への転職を有利に進めたい方はお役立てください。

注目コンテンツ