Web業界の年収ランキングTOP3!年収アップの方法も紹介|求人・転職エージェント

メニュー

更新日:2022/10/27

IT業界

Web業界の年収ランキングTOP3!年収アップの方法も紹介

it_1281.jpg

この記事のまとめ

  • Web業界は主にWebサイトやコンテンツ、Webサービスを制作する業界で、将来性が高い。
  • Web業界で年収が高い職種は、Webプロデューサー・ディレクター・プランナー。
  • Web業界で年収を上げたい人は、スキルを磨いてキャリアアップを目指すか、条件の良い企業へ転職するのがおすすめ。

Webサイトの作成やWebサービスの運営がWeb業界の主な仕事です。転職市場で人気のある業界ですが、「年収はどのくらいか」「将来性はあるのか」といった点が気になる人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、Web業界の職種別年収ランキングを紹介します。業界の将来性や年収を上げる方法も解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

目次

マイナビITエージェントのクリエイティブ専門チームとは?マイナビITエージェントのクリエイティブ専門チームとは?

Web業界とは?IT業界との違いや将来性

it_1281_1.jpg

Web業界とは主にWebサイトやコンテンツ、Webサービスを制作する業界です。インターネットの発展により拡大している業界ですが、将来性が気になる人もいるでしょう。ここでは、Web業界が担うサービスや将来性について詳しく解説します。

IT業界との違い

Web業界と似た言葉に、IT業界があります。IT業界が取り扱うのは、インターネットに関わるあらゆる事業です。「インターネット・Web」「通信」「ソフトウェア」「ハードウェア」「情報処理サービス」の5つに分類され、Web業界はIT業界に含まれるひとつの分野と考えればよいでしょう。

Web業界の主な仕事

Web業界の主な仕事は以下のとおりです。

  • Webサイトの制作
  • Webサービスの制作・運営

  • Webデザイン・コーディング

  • Webシステムの開発・保守
  • アプリケーションの開発
  • インターネットメディアの運営

Web業界にはWebデザイナーやWebマーケターといった多様な職種が存在し、チームで連携して仕事を進めることがほとんどです。

Web業界が担うサービス

Webサービスとは基本的にインターネットを用いたサービスで、多様な種類が存在します。Web業界が担う主なサービスは以下のとおりです。

  • Web広告
  • SNS
  • 電子書籍
  • キュレーション
  • ソーシャルゲーム

  • ポータルサイト
  • eコマース
  • eラーニング

インターネットの発展により、これらのサービスは拡大傾向にあります。今後も新たなサービスが生まれる可能性があるでしょう。

Web業界は将来性が高い

誰でも簡単にインターネットで情報を調べたりネット通販をしたりする時代になり、Webサービスは私たちの生活を支える欠かせない存在になりました。今後もWeb業界は発展することが予想されるため、将来性の高い業界といえるでしょう。

とはいえ、AIの発展によって仕事の一部が自動化されつつあるのも事実です。今後もWeb業界で活躍するには、「クライアントのニーズを汲み取る」「感性を磨く」といった機械化が困難な領域を突き詰める必要があるでしょう。

Web業界の年収ランキングTOP3

it_1281_2.jpg

市場が拡大しているWeb業界ですが、年収がどのくらいか気になる人もいるでしょう。特に、転職先の職種で悩んでいる人にとって、職種別の年収は重要なポイントです。ここでは、マイナビエージェントの職種別年収ランキングをもとに、Web業界を含むクリエイティブ職種の年収ランキングTOP3を紹介します。

1位:Webプロデューサー・ディレクター・プランナー

Web業界で最も年収が高いとされるのは、Webプロデューサー・ディレクター・プランナーで、平均年収は442万円です。WebプロデューサーはWebサイトの事業責任者で、年間予算の策定や資金調達、運用計画の立案を行います。

Webディレクターは、Webサイトの制作・運用における実務遂行者のポジションです。制作メンバーを指揮し、プロジェクトが円滑に進むように管理します。Webプランナーは、Webサイト制作においてクライアントの要望をヒアリングし、企画設計を行う職種です。プロデューサーやディレクターと仕事内容が似ていますが、Webプランナーは企画設計をメインに担当します。

2位:ライター・編集・制作・校正

2位はライター・編集・制作・校正で、平均年収は382万円です。中でも近年は、特にWebライターの需要が高くなっています。商品紹介・ニュース・コラム・メールマガジンなどさまざまな分野がありますが、文章を書くという点では紙媒体のライターと共通です。

Web媒体の大きな特徴として、SEOSearch Engine Optimization)が挙げられます。SEOとは「検索エンジン最適化」のことで、特定のキーワードの検索結果で上位表示させる施策です。Webライターは文章力に加え、SEOの知識が求められることがあります。

3位:Webデザイナー

3位はWebデザイナーで、平均年収は352万円です。Webサイトのデザインやレイアウトを作る仕事で、クライアントの理想とするデザインやユーザーにとって使い勝手の良いデザインを制作するスキルが求められます。

グラフィックソフトの「Illustrator」や「Photoshop」を用いて配色やロゴを決めるほか、プログラム言語の「HTML」「CSS」「JavaScript」を使用したコーディングを行うケースもあります。技術やセンスを磨くことで年収アップが期待できる職業です。

Web業界で年収を上げるには?

it_1281_3.jpg

一般的に、年収を上げるには昇進したり資格を取得したりする方法があります。Web業界のクリエイター職の場合、自分のスキルを磨くことで年収アップが期待できるでしょう。条件のよい企業に転職するのもひとつの方法です。ここでは、Web業界への転職を目指す人に向けて年収を上げるコツを紹介します。

スキルを磨く

年収を上げるためにまず取り組みたいのは、スキルを磨くことです。インターネットや書籍で勉強したり、資格を取得したりすれば、専門性が高まり評価につながるでしょう。業務に役立つ資格を取得することで、資格手当が支給される場合もあります。資格手当がある企業に勤めている人は、対象となる資格を確認してみてください。

上司に交渉する

自分のスキルや実績に年収が見合っていないと感じる場合、上司に交渉するのもひとつの手段です。勇気が必要ですが、自身の評価を見直してくれるきっかけになるかもしれません。ただし、年収を上げて欲しいと要求するだけでは説得力に欠けます。具体的な数字を挙げて、企業への貢献度や実績をアピールしましょう。

キャリアアップする

WebデザイナーからWebディレクター、WebディレクターからWebプロデューサーとキャリアアップする方法もあります。プロジェクトの上流工程を担当すれば、年収は上がるでしょう。ただし、責任範囲が広がり多くの人と関わるため、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルを磨く必要があります。

条件のよい企業へ転職する

職種を変えずに年収を上げる方法として、条件のよい企業への転職が挙げられます。地域や企業によって年収は異なるため、年収が相場よりも低いと感じるのであれば、転職を検討してもよいでしょう。ただし、転職先選びを間違えると年収が下がる恐れがあります。転職先を選ぶ際には、企業研究を徹底することが大切です。

フリーランスになる

スキルに自信のある人は、フリーランスを目指すのもよいでしょう。Web業界のクリエイター職はパソコンとネット環境さえあれば仕事ができる場合が多く、フリーランスでも働きやすいのが魅力です。自分の頑張り次第で高収入が期待できますが、仕事を獲得できないと収入が減るケースがある点に注意しましょう。

Web業界で年収が上がりやすい人の特徴

it_1281_4.jpg

Web業界で働く誰もが簡単に年収が上がるわけではありません。一方、未経験からWeb業界に入ってすぐに高収入を得る人もいます。ここでは、Web業界で年収が上がりやすい人の特徴を2つ紹介します。これからWeb業界に転職して年収を上げたいと考えている人は、意識するとよいでしょう。

コミュニケーション能力が高い

Web業界の仕事は、ひとつのプロジェクトに多くの人が関わりますWebライターやWebデザイナー、Webディレクターが連携して仕事を進めることも少なくありません。また、上流工程ではクライアントの要望をヒアリングする機会も多く、高いコミュニケーションスキルが求められます。周りの人ときちんとコミュニケーションが取れる人は、上司や同僚から信頼され、高い評価につながるでしょう。

向上心がある

Web業界は技術やトレンドの変化が激しく、現在身につけている知識や技術が「すでに時代遅れ」というケースが多々あります。Web業界で活躍するには努力や勉強を怠らず、常に最新の知識と技術をアップデートすることが大切です。スキルの幅を広げることが評価につながり、任せてもらえる仕事も増えるでしょう。

まとめ

it_1281_5.jpg

Web業界で年収が高い職種は、プロジェクトの上流工程を担うWebプロデューサー・ディレクター・プランナーです。Web業界は将来性が高く、クリエイター職はスキル次第で高年収も狙えます。さらに年収アップを目指すには、スキルを磨いてキャリアアップするほか、転職するのもひとつの方法です。

Web業界へ転職して年収を上げたい」「自分に合った求人を紹介してほしい」という人は、ぜひマイナビITエージェントへご相談ください。業界に精通したキャリアアドバイザーが希望の条件に合った求人を紹介し、転職活動をサポートします。

マイナビITエージェントのクリエイティブ専門チームとは?マイナビITエージェントのクリエイティブ専門チームとは?

タグ一覧
SNSシェア

注目コンテンツ