履歴書の「趣味・特技欄」は何を書くべき?注意するべきポイントとは?|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書の趣味・特技欄に
何を書けば採用担当者に
アピールできる?

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書の記入欄の中でも、「趣味・特技」の記載は難しいものです。仕事に関係するスキルとは直接関係ないものだけに、思いついたことを記載してしまう方もいるかもしれません。

しかし、趣味・特技欄は、なんとなく設けられているわけではなく、採用担当者の目が光っています。そう聞くと、一体何を書くべきなのか悩んでしまいますよね。

ここでは、趣味・特技欄がある意味と、その書き方について紹介していきます。

趣味・特技欄は何のためにある?

そもそも、履歴書の趣味・特技欄は、一体何のためにあるのでしょうか。

履歴書というのは、応募者の経歴や持っている資格、志望動機などをわかりやすくまとめた書類のことです。ですから、採用担当者にとっては、応募者の経歴や人となり、意欲などを確認し、「面接に進んでもらうかどうか」を判断する材料になります。

趣味・特技欄も履歴書の一部と考えると、採用担当者が見ようとしているのは応募者の人となりと考えられます。また同時に、簡潔でわかりやすい表現で記述されているかもチェックしています。

これらに加え、趣味や特技の話をすることで面接時に応募者の緊張をやわらげることもできますし、深く聞くことで応募者の人柄を知る手掛かりにもなります。ですから、面接でこの話題を取り上げる採用担当者は数多くいます。

このように、応募者からすれば趣味・特技欄もアピールの場ですから、内容や書き方を工夫すれば採用担当者に自身の強みやスキルをしっかりアピールできるというわけです。

趣味・特技欄には何を書くべきか

趣味・特技欄が何のためにあるかがわかったら、そこに書くべき内容も見えてきます。以下に、趣味・特技欄を記載する際の注意点を紹介します。

自己PRに連動させるのが基本

趣味・特技欄はアピールの場なので、強みとなる資格やスキルを補強できる趣味や、企業が応募者に求める資質を感じさせるような特技を記載すると良いでしょう。

たとえば、外資系企業や語学スキルを高く評価する会社なら、語学留学の経験を書けば語学力のPRになります。また、営業職や接客業なら「一度会った人の顔と名前をすぐに覚えられる」といった特技は、企業の求める資質に合致します。

さらに、「小中高と剣道をやってきて、全国大会にも出場した」というような経験も、「ひとつのことをやり続けて、結果を出せる人」であると、高評価につながる可能性もあります。

ギャップがある場合も採用担当者の興味を引きやすい

応募者の見た目からは連想しにくい意外性の高い趣味や、「文系だけどプログラミングもできる」など、経歴や職種とギャップのある趣味・特技は、採用担当者の気を引きやすく、印象に残りやすいのでおすすめです。

たとえば、次のような趣味や特技が挙げられます。

・前職は一般の営業職だけど、イラストが得意で10分あれば似顔絵が描ける
・細身で小柄な女性だけど、空手の有段者
・インドア系の見た目だけど、登山が趣味で、毎年富士山に登っている

他にはないユニークな趣味・特技もおすすめ

採用担当者に届く応募書類の中で目立つ「他人にはない何か」を持っていることは、それだけで武器になります。
つまり、珍しい趣味も、採用担当者の印象に残りやすくなるのです。また、面接に進んだときも話が弾みやすいのでおすすめです。

たとえば、次のような趣味や特技が挙げられます。

・カーリング、パラグライダーなどのスポーツ
・ベトナム語、タイ語、スウェーデン語などの語学
・俳句、日本舞踊などの文化系の趣味

趣味・特技欄を書く際の注意点

趣味・特技欄は履歴書の一項目ですから、書き方についてはいくつかの注意点があります。

・簡潔に書く。ただし単語の羅列はダメ
趣味・特技の記載は、「一言(趣味・特技名)+説明文」という構成で簡潔に書くのがおすすめです。
単語では短すぎてPRになりませんし、長すぎると読みにくくなってしまうので注意してください。

・応募先企業や職種によって内容を選ぶ
たとえば「明るく元気な」人材を募集する企業と、1対1粘り強い交渉ができる人材を募集する企業とでは、アピールするべきことは違ってきます。趣味・特技欄の内容は、応募先企業のカラーや求められる人物像に応じて変更しましょう。

・ギャンブルやゲーム系は書くのを控える
採用担当者の目を引く趣味や特技がある一方、多くの採用担当者があまり良い印象を抱かない趣味や特技もあります。
パチンコや競馬などのギャンブル系や、ハッキングなど犯罪を連想させるものです。また、ゲームやアニメなども、ジャンルによってはネガティブなイメージを持つ方もいるので、避けたほうが無難です。

・嘘は絶対にNG。正直に書く
趣味や特技は、面接で話題になることも多いので嘘をつくのはNGです。面接で履歴書に記載した以上に深く聞かれても大丈夫なように、正直に自分の趣味や特技を書きましょう。

どうしても思いつかない場合は趣味・特技欄なしの履歴書を

もしどうしても趣味・特技が思いつかない場合は、そもそも趣味・特技欄がない履歴書を使うという手もあります。
ですが、できればアピールチャンスのひとつとして、うまく活用することを考えてください。

 関連ページ

履歴書の「趣味・特技欄」は何を書くべき?注意するべきポイントとは?ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。