履歴書の趣味・特技欄の書き方を解説【OK・NG例文あり】|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書の趣味・特技欄の
書き方を解説
【OK・NG例文あり】

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書の「趣味・特技」欄は、採用担当者にとっては、応募者の人となりや意外な素顔を知るために有用です。しかし、応募者からすると、どこまで書いて良いものなのか、さじ加減が難しいものでもあります。
ここでは、面接時に役立つ、趣味・特技欄の書き方をご紹介します。書くべき趣味や特技が思いつかない場合の対処法もご紹介しましょう。

趣味・特技欄は何のためにある?

そもそも、履歴書の趣味・特技欄は、何のためにあるのでしょうか。

履歴書というのは、応募者の経歴や持っている資格、志望動機などをわかりやすくまとめた書類のことです。ですから、採用担当者にとっては、応募者の経歴や人となり、意欲などを確認し、「面接に進んでもらうかどうか」を判断する材料になります。
趣味・特技欄も履歴書の一部と考えると、採用担当者が見ようとしているのは応募者の人となりと考えられます。また、簡潔でわかりやすい表現で記述されているかもチェックしています。

これらに加え、趣味や特技の話をすることで、面接時に応募者の緊張をやわらげることもできますし、深く聞くことで応募者の人柄を知る手掛かりにもなります。
ですから、面接でこの話題を取り上げる採用担当者は数多くいます。

このように、応募者からすれば趣味・特技欄もアピールの場となります。内容や書き方を工夫して、採用担当者に自身の強みやスキルをしっかりアピールしましょう。

趣味・特技欄に書くべき内容

趣味・特技欄が何のためにあるかがわかったら、そこに書くべき内容も見えてきます。続いては、趣味・特技欄を記載する際の注意点を紹介します。

自己PRにつながる趣味・特技

趣味・特技欄はアピールの場なので、強みとなる資格やスキルを補強できる趣味や、企業が応募者に求める資質を感じさせるような特技を記載するといいでしょう。

たとえば、外資系企業や語学スキルを高く評価する会社なら、語学留学の経験を書けば語学力のPRになります。また、営業職や接客業なら、「一度会った人の顔と名前をすぐに覚えられる」といった特技は、企業の求める資質に合致します。
さらに、「小中高と剣道をやってきて、全国大会にも出場した」というような経験も、「1つのことをやり続けて、結果を出せる人」であると、高評価につながる可能性もあります。

採用担当者の印象に残るギャップがある趣味・特技

応募者の見た目からは連想しにくい意外性の高い趣味や、「文系だけどプログラミングもできる」など、経歴や職種とギャップのある趣味・特技は、採用担当者の気を引きやすく、印象に残りやすいのでおすすめです。
たとえば、次のような趣味や特技が挙げられます。

・前職は一般の営業職だけど、イラストが得意で10分あれば似顔絵が描ける
・細身で小柄な女性だけど、空手の有段者
・インドア系の見た目だけど、登山が趣味で、毎年富士山に登っている

個性をアピールできる趣味・特技

採用担当者に届く応募書類の中で、目立つ「他人にはない何か」を持っていることは、それだけで武器になります。
つまり、珍しい趣味も、採用担当者の印象に残りやすくなるのです。また、面接に進んだときも話が弾みやすいのでおすすめです。
たとえば、次のような趣味や特技が挙げられます。

・カーリング、パラグライダーなどのスポーツ
・ベトナム語、タイ語、スウェーデン語などの語学
・俳句、日本舞踊などの文化系の趣味

趣味・特技欄を書く際の注意点

趣味・特技欄は履歴書の一項目ですから、書き方についてはいくつかの注意点があります。

簡潔に書く

趣味・特技の記載は、「一言(趣味・特技名)+説明文」という構成で、簡潔に書くのがおすすめです。
ただし、単語だけでは短すぎてPRになりませんし、長すぎると読みにくくなってしまうので注意してください。

応募先企業の社風に合う内容を選ぶ

たとえば、明るく元気な人材を募集する企業と、1対1の粘り強い交渉ができる人材を募集する企業では、アピールするべきことは違ってきます。
趣味・特技欄の内容は、応募先企業のカラーや求められる人物像に応じて変更しましょう。

活かせるスキルをアピールできる内容を選ぶ

趣味や特技は余暇の楽しみではありますが、それが業務内容や志望先の社風に通じるものであれば、履歴書に書き込む意味は大きいといえます。
たとえば事務職志望の場合は読書や書道、エンジニア職の場合はゲームやプログラミングなど、業務内容に通じる要素のあるものを記載できれば、プラスの判断材料になるでしょう。

ギャンブル系は書くのを控える

採用担当者の目を引く趣味や特技がある一方、多くの採用担当者があまり良い印象を抱かない趣味や特技もあります。たとえば、パチンコなどのギャンブル系は、書くのを控えるべきでしょう。ただし、応募企業がパチンコ業界である場合など、応募企業で活かせそうな趣味である場合は検討してもいいでしょう。

正直に書く

趣味や特技は、面接で話題になることも多いので、嘘をつくのはNGです。面接で履歴書に記載した以上に深く聞かれても大丈夫なように、正直に自分の趣味や特技を書きましょう。

履歴書に書く趣味・特技の見つけ方

「趣味・特技といわれても、取り立ててそんなものはない」という人は、自分の生活を振り返り、趣味・特技といえるものを探してみましょう。続いては、履歴書に書く趣味・特技の見つけ方をご紹介します。

好きなことや時間をかけられることを思い出す

普段の生活でどんなことに時間を使っているのか、仕事以外の時間をどのように過ごしているのか思い出してみましょう。
たとえば、「ニュースサイトで、国内外の様々なジャンルのニュースにふれている」といった習慣は、多方面にアンテナを張っており、情報収集能力が高いことをアピールできる趣味や特技といえます。

忘れられない楽しかった経験を思い出す

これまでの経験の中で、あなた自身が「楽しかった」と感じたことを思い出してみましょう。
土日に仲間とキャンプをした思い出など、休日のレジャー体験を書くのもおすすめです。仲間とテントを立てたエピソードなどを盛り込めば、「協調性」をアピールすることも可能です。

どんなことで人に褒められたかを思い出す

これまで誰かに褒められたことがないかを思い出すことも、趣味・特技を見つけるために有効です。
たとえば、「いつもデスクの周りが片付いているね」などと言われたことがある方は、特技として「整理整頓するのが得意」と書いてもいいでしょう。

実際に経験してみる

趣味や特技が全く思いつかない場合は、ボルダリングをやってみたり、美術館に行ってみたりするなど、「これから体験してみる」というのもひとつの手です。
その場合は、「趣味といえるほどのものではありませんが、先日◯◯へ行ってきました。」として記載しましょう。

履歴書の趣味・特技の例文

続いては、履歴書の趣味・特技欄の書き方の例文をご紹介します。

【OK例文1】人の名前を覚えるのが得意

・特技:人の名前を覚えること
初対面の人の顔と名前を覚えるのが早く、前回会った際の話の内容も多くを覚えています。

<解説>
会った人の顔と名前を覚えるのが早いという特徴は、仕事の面で役立つ能力となることがあります。
また、「話の内容を覚えていること」は、特に接客業などでアピールできる特技といえるでしょう。

【OK例文2】収納グッズの使い方を考えるのが趣味

・趣味:収納を工夫して整理整頓すること
服や小物、生活用品の整理も兼ねて、部屋の収納を工夫するのが好きです。各種の収納グッズを活用して、今日はクローゼット、今日は台所など、日によって整理する場所を決めています。

<解説>
整理整頓がきちんとできるだけでなく、創意工夫で効率化を追求する姿勢が見てとれます。
また、漫然と作業するのではなく、日によってエリアを決めているところに計画性が感じられます。

【OK例文3】毎朝ランニングするのが趣味

・趣味:毎朝のランニング
毎朝5時に起床して、自宅周辺をランニングしています。始めてから5年になりますが、毎日7〜8kmを1時間ほどかけて走ります。

<解説>
規則正しい生活、十分な運動量から、心身の健康さが伺えます。これを毎朝、5年も続けるという継続性は、長期にわたるプロジェクトの推進に適した性質ですし、目的に近づいていく粘り強さをアピールできるでしょう。

【OK例文4】フラワーアレンジメントで家を飾るのが趣味

・趣味:フラワーアレンジメント
花が好きで、学生時代から自宅や部室を花で飾るのが習慣でした。前職ではオフィスや受付の花のセットアップを進んで行い、お客様からもご好評をいただきました。

<解説>
人から見られることへの配慮や気配りがあることをアピールできます。顧客の目線を意識した対応が適宜できる点も高評価となる場合があるでしょう。

【OK例文5】月に一度は野球・サッカーで体を動かす

・特技:野球・サッカー
中学・高校で野球部に所属し、大学時代はサッカーをしていました。今も地域の社会人チームに在籍し、月に一度は試合に参加しています。

<解説>
運動系の趣味は、採用担当者に根強い人気があります。十分な体力やルール遵守という性質に加えて、個人競技であれば忍耐力やセルフコントロール能力、団体競技であれば周囲の状況に配慮する目配りや、協調性があるといった評価につながります。

履歴書ではNGな趣味・特技の例文

続いては、履歴書の趣味・特技のNGな例文をご紹介します。

【NG例文1】休日は一人でYouTubeに没頭する

・趣味:一人でYouTubeに没頭すること
休日はまとまった時間を作り、YouTubeを見ています。日常から離れた世界に没頭することで、ストレス解消とリフレッシュを図っています。

<解説>
趣味が個人内で完結してしまっており、組織での行動に不可欠なコミュニケーション能力に疑問を持たれがちです。

【NG例文2】お酒好きで、自宅飲みや酒場巡りが好き

お酒が好きで、自宅で日本酒の飲み比べをしたり、カクテルを作ったりして楽しんでいます。珍しいお酒や気の利いた酒肴を出す店を探すのも好きです。

<解説>
仕事の上でもお酒の付き合いはあります。ですから、お酒を好むこと自体は決してネガティブなことではありません。しかし、履歴書に書くべきことかとなると、不適切だと考える人がいることは留意しておくべきでしょう。

文書が苦手な場合は箇条書きでもOK

趣味・特技があっても、文章が苦手だから適切に表現できないという場合は、箇条書きで書くのもおすすめです。その場合は、趣味や特技の後ろに( )をつけ、詳細を簡潔に説明するといいでしょう。

<履歴書の趣味・特技を箇条書きにする例>

・料理(創作料理や時短料理が得意)
・読書(推理小説など、考えながら読む小説が好き)
・バスケットボール(チーム競技が得意)

ビジネスマナーがあることのしるしになる趣味・特技は、アピールポイントになる

履歴書の趣味・特技欄は、内容によっては、アピールポイントとなる場合があります。
ご紹介した書くべき内容のポイントを参考に、採用担当者に好印象を与えるような趣味や特技を書いてみましょう。

この記事の監修者


この記事の監修者

浅倉 章平

新卒から大手インターネットサービスプロバイダにて企画や営業担当として業務を経験。その後、外資の医療機器メーカーにてドクター向けの営業に従事。自身の転職活動の成功や失敗を通して、求職者への長期的かつ最適な提案力に強みを持つ。

新卒から大手インターネットサービスプロバイダにて企画や営業担当として業務を経験。その後、外資の医療機器メーカーにてドクター向けの営業に従事。自身の転職活動の成功や失敗を通して、求職者への長期的かつ最適な提案力に強みを持つ。

 関連ページ

履歴書の趣味・特技欄の書き方を解説【OK・NG例文あり】ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。