年収アップを目的とした転職で気を付けてほしいポイント|求人・転職エージェント

転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

年収アップを

目的とした転職で

気を付けてほしい

ポイント

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

「仕事量が増えたのに給料が上がらない」「同年代と比べて手取り額が低い」など、年収額への不満から転職をしようという方は少なくありません。確かに年収アップの手段として転職は有効ですが、必ずしもうまくいくとは限りません。
ここでは、年収アップの転職を成功させるために、気を付けてほしいポイントをご紹介します。

平均年収っていくらくらい?

まずは、あなたの年収が多いのか少ないのか、日本の平均と比べてみましょう。
厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」から算出した性別・年齢階級別の年収は以下の結果となりました。

<一人あたりの平均年収>

年齢 男性 女性
~19歳 261万円 226万6,000円
20~24歳 331万5,000円 297万円
25~29歳 417万7,000円 353万8,000円
30~34歳 490万9,000円 376万6,000円
35~39歳 545万3,000円 392万6,000円
40~44歳 598万2,000円 408万1,000円
45~49歳 656万3,000円 417万3,000円
50~54歳 701万5,000円 417万円
55~59歳 669万6,000円 403万1,000円
60~64歳 442万1,000円 325万1,000円
65~69歳 364万8,000円 304万1,000円
70歳~ 361万3,000円 317万1,000円

※厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」

しかし、上記の平均年収額に達していても「まだ足りない」と考えている方もいるはずです。
それではどのようにして年収アップをするのか。年収アップの方法には、大きく分けて2つあります。
1つは今の会社に長く勤め、役職が上がるのを待つこと。もう1つは転職です。

役職が上がるのを待つよりも転職をしたほうがいい状況

辛抱して待つという方法で、年収が上がっていく可能性もあります。それは、日本企業はまだまだ年功序列の文化が根強く、勤続年数が長いほど給与がアップする傾向があるからです。しかし、上のポストが詰まっていたり、業界全体の市場価値が下がっていたりすると、思ったような年収アップは望めません。そのようなときに考えてほしいのが、転職なのです。

年収アップのための転職で気を付けたいこと

年収アップを目的に転職をする際は、さまざまな点に注意する必要があります。以下に注意点をいくつか挙げてみました。

働く場所や業種・職種について

厚生労働省の「平成29年度賃金構造基本統計調査」によれば、東京都・千葉県・神奈川県などの首都圏近郊や、愛知県、京都府、大阪府などの大都市は、全国平均よりも収入が高いことがわかりました。

都道府県別月額賃金(男女計)

特に東京都の平均賃金は37万7,000円となっており、全国平均の30万4,300円よりも7万円以上高くなっています。
しかし、すでに結婚していたり、マイホームを購入していたりすると、転居を伴う転職が簡単にできないというケースもあります。そのようなときは、思い切って業種・職種を変えることも考えてみましょう。

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」によれば、男性では、金融業・保険業が月額46万7,000円で最も高く、次いで教育・学習支援業の44万3,000円となっており、宿泊業・飲食サービス業の27万1,400円が最も低いという結果になっています。女性では、教育・学習支援業の30万9,800円が最も高く、次いで情報通信業の30万7,300円となっており、宿泊業・飲食サービス業の20万100円が最も低いという結果になりました。

主な産業年齢別賃金 男性主な産業年齢別賃金 女性

転職先が実力主義かどうか

自分の実力が正当に評価されていないと感じたら、実力主義の会社を探してみてはいかがでしょうか。若手の管理職がいる会社は、年齢や勤続年数などにこだわらない傾向が強く、入社後すぐに年収アップする可能性もあります。
また、営業ノルマなどの数値目標を達成したときに支払われるインセンティブ制度を導入している会社で、年収アップを目指す方法もあります。毎月の給与のほかに、達成利益の数%を社員に還元するところもあり、がんばり次第で同世代の人の年収よりも稼ぐことができます。

企業規模にこだわりすぎない

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、年齢別の賃金は、およそ大企業、中企業、小企業の順に高いことがわかりました。

企業規模年齢階級別月額賃金 男性企業規模年齢階級別月額賃金 女性

大企業に入社すれば、年収は確かに上がりやすいかもしれません。しかし、企業規模にこだわりすぎると、なかなか内定が決まらないことがあります。それよりも、「その会社は自分のスキルを活かせるのか」に焦点をしぼると、スムーズに転職ができます。
継続的な年収アップは、転職後の活躍にかかっています。そのためには、能力が認められやすい職場を探すことが大切です。入社後に評価が上がり、人脈が広がれば、さらに大きな会社へと転職もしやすくなります。年収アップを一時的なものととらえるのではなく、生涯ずっと続くものと考えて動くことが転職活動の一番のポイントといえます。

転職はやり方次第でうまくいく

転職で年収アップは可能です。しかし、希望の会社で働くためには、履歴書の書き方や面接での受け答えがとても重要になってきます。「前職の給与が安すぎたから」などと志望動機を伝えてしまっては、内定を獲得するのは難しいでしょう。
マイナビエージェントでは、あなたの理想に沿った企業のご紹介のほか、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、給与の交渉などのサポートを行います。気になる方は、一度、相談してみてはいかがでしょうか?

転職活動の自己PRポイントと企業の気になる採用基準とはに関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。