ネットワークエンジニアになるには?取得したい資格と向いている人について|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

ネットワークエンジニア
になるには?
取得したい資格と向い
ている人について

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

転職はあなたの生活や人生を変えるとても大切なことです。それだけに、転職活動は時間と気力、体力が奪われる大変な作業になります。仕事に就いてから「何か思っていたのと違う」となっては、転職失敗といえるかもしれません。
その転職先でいいのか、その仕事が本当に自分に合っているのかを、転職活動時にしっかりと見極めましょう。ここでは、ネットワークエンジニアという仕事について、その仕事内容と、転職に役立つ資格などについて詳しくご紹介します。

まずはネットワークエンジニアの仕事を知る

ネットワークエンジニアとは、主にネットワークの設計、構築、運用、保守といったトータルサポートを行う人のことで、その仕事は、おもに以下の4工程に分かれます。

ネットワークエンジニアの業務の流れ

  • 1. 設計:どんなネットワークにするのかを考える

  • 2. 構築:最適なネットワークを作る

  • 3. 運用:メンテナンスなどで、適正な状況に整える

  • 4. 監視:問題が起きないか様子を見続ける

以上の工程を見てわかるように、ネットワークエンジニアは、ネットワーク上でのしくみを一から作って、活用し続けられるよう管理する仕事です。

ネットワークエンジニアとしてのキャリアプラン

ネットワークエンジニアとして仕事をするためには、幅広い専門知識が必要になってきますので、最初の数年は地道にスキルを蓄える期間になるのが一般的です。
一般的に未経験者は、まず運用や監視といった仕事から携わり、次に構築に携わります。そして、設計までできるようになると上級者として扱われ、いずれはプロジェクトリーダーとなるのがネットワークエンジニアとしての最上級ランクといえるでしょう。

ネットワークエンジニアになるために身に付けておきたい資格

ネットワークエンジニアとして働くには、ハードウェアに関する知識や、電気通信、コンピューターの基本設計など、幅広く専門知識が求められますので、大学や専門学校、高校などでコンピューター系を学んだ方のほうが、スタートは切りやすいといえます。
また、業界内ではいくつかの資格がエンジニアとしての技量の物差しとされています。これらの資格を取得していることで、その技量が必要となる仕事を任されることにつながるかもしれません。以下に代表的な資格をご紹介します。

シスコ技術者認定

「シスコ技術者認定」は、Cisco社が認定するベンダー資格です。全部で5つのレベルがあり、さまざまな資格が用意されています。いきなり上位レベルの試験を受けることはできず、エントリーレベルの資格から順番に取得していくことになります。

レベル 内容 資格
エントリー この認定は、ネットワークテクノロジーのキャリア構築を目指す方には格好のスタート地点となります。
  • CCENT
  • CCT
アソシエイト ネットワークの導入、運用、トラブルシューティングに関する認定資格、あるいはネットワークの設計に関する認定資格です。アソシエイトレベルは、ネットワーキング認定資格の基礎レベルとして位置付けられています。
  • CCDA
  • CCNA Cloud
  • CCNA Collaboration
  • CCNA Cyber Ops
  • CCNA Data Center
  • CCNA Industrial
  • CCNA Routing and Switching
  • CCNA Security
  • CCNA Service Provider
  • CCNA Wireless
プロフェッショナル シスコ技術者認定の中級レベルとなるのがプロフェッショナルレベルです。業務に必要な専門知識に応じて、認定資格が分けられています。
  • CCDP
  • CCNP Cloud
  • CCNP Collaboration
  • CCNP Data Center
  • CCNP Routing and Switching
  • CCNP Security
  • CCNP Service Provider
  • CCNP Wireless
エキスパート シスコ技術者認定の上級レベル。
国際的にも通用するネットワークエンジニアの
スペシャリストといえます。
  • CCDE
  • CCIE Collaboration
  • CCIE Data Center
  • CCIE Routing and Switching
  • CCIE Security
  • CCIE Service Provider
  • CCIE Wireless
アーキテクト Cisco Certified Architect(CCAr)は、シスコ技術者認定における最高水準の認定です。グローバル組織における複雑化するネットワークをサポートする能力や、ビジネス戦略をより効果的かつ革新的なテクノロジー戦略につなげる能力を認定します。 CCAr

※引用:シスコシステムズ合同会社

情報処理技術者試験

経済産業省による国家試験「情報処理技術者試験」は、ネットワークエンジニアとしてのレベルが評価できるように、基本的な資格や高度な資格のほか、専門的な知識と技能が試される資格が用意されています。ここではネットワークエンジニアにおすすめの、情報処理技術者試験の資格を3つご紹介します。

  • 基本情報技術者試験(FE):「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けた者」と認められる資格です。

  • 応用情報技術者試験(AP):「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能を持ち、高度IT人材としての方向性を確立した者」と認められる資格です。

  • ネットワークスペシャリスト試験(NW):「高度IT人材として確立した専門分野を持ち、ネットワークに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において、中心的な役割を果たすとともに、固有技術の専門家として、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う者」と認められる資格です。

ネットワークエンジニアとして向いている人

同じ技術を持っていても、ネットワークエンジニアとして向いている人とそうでない人の違いがあります。それは、一言でいうと「人間性の差」です。ここでは、ネットワークエンジニアとして向いている人の傾向を紹介します。

  • 気遣いのできる人

    ネットワークエンジニアの仕事は、設計書に対して忠実に仕事をする分、仕上がりを見ると他の人との差は見えにくくなります。例えば、1つのネットワークに何人かが携わったとします。そこで、ある作業をした人が、「自分がいつ、何を行ったのか」など、ほかの人にもわかりやすくドキュメントを用意できたりすると、「この人はできる人だな」と見られ、プラスの評価になります。

  • 勤勉な人、柔軟性のある人

    IT業界の進歩はめまぐるしいものです。今日現在、最先端の技術でも、来年にはもう通用しないということもあります。そこで、次々と新しい技術を自分のものにしようと取り入れる勤勉意欲がある人は、IT業界に向いているといえるでしょう。
    そのあたりの柔軟性もネットワークエンジニアとしての対応力という評価につながってくることがあります。

  • 視野の広い人

    前述したように、ネットワークエンジニアの最終形は「設計」ができる人になることです。この、設計という作業には、ネットワーク知識のみならず、全体像を考えながら設計する能力も必要になります。目先のことばかりに気が行ってしまっては物事を広くとらえることができず、支障をきたしてしまいます。また、何か問題が起こったときにも、ネットワーク全体を見ながら問題箇所を探し出す力が必要になりますので、仕事に対しての視野の広さは、ネットワークエンジニアにとって重要なスキルとなります。

未経験者からのネットワークエンジニアへ転職

ここまで、ネットワークエンジニアの仕事内容や、ネットワークエンジニアが向いている人の人間性などについて紹介してきました。
未経験の方にとっては、経験や知識がない分、不利な転職に感じてしまうかもしれません。しかし、この職種に就きたい気持ちが強く、勤勉意欲もしっかりあるとなれば、採用の可能性は大いにあります。20代のみならず、30代以上でも未経験からネットワークエンジニアに転職し成功した例もありますので、その思いが強いのであれば、あきらめずにチャレンジしてみてください。面接官はあなたのその思いを受け取り、採用判断のプラス材料としてとらえてくれるはずです。
また、冒頭でもお伝えしましたが、転職活動は大変な作業です。一人で戦っていく中で心が折れそうになることもあるでしょう。そんなときは、ぜひ転職エージェントにご相談ください。マイナビエージェントでは、業界ごとのスペシャリストであるキャリアアドバイザーが担当となり、あなたの転職をしっかりとサポートいたします。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。