女性が働きやすい会社の特徴とは?いきいき働ける企業に転職しよう|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

女性が働きやすい会社の
特徴とは?
いきいき働ける企業に
転職しよう

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

一般的にホワイト企業といわれる会社でも、必ずしも女性にとって働きやすい環境であるとは言い切れません。特に、出産を考えている女性にとっては、出産後もキャリアを続けられるか、育児と仕事を両立させやすいかといったポイントは重要な指標となります。

そのため、ライフステージの変化に対して柔軟にサポートしてもらえる制度や社風のある企業を探すことが重要になります。

ここでは、女性がいきいきと働きやすい会社の特徴を紹介します。

女性が働きやすい会社は多くない

女性の社会進出が進み、ダイバーシティや働き方改革に注目が集まっていますが、女性が働きやすい企業はいまだ多くないようです。

ソニー生命保険株式会社の「女性の活躍に関する意識調査2017」によると、職場で女性がいきいきと活躍していると回答した人は34.8%となっており、高い水準ではありませんでした。

結婚、出産、育児といったライフイベントをきっかけに、今までどおりの仕事を続けたくても、ポジションを変更されたり、育児などで時間的な制約があり、思いどおりに働けなかったりと、働く女性がストレスを抱えてしまう機会は多いようです。

また、男性と同じ成果を上げても、男性に比べて評価されにくく、昇進できないといった声もよく聞かれます。産休・育休制度が設けられている場合でも、実際に取得された実績がなく、経営者や上司に取得への理解がないという場合も考えられるでしょう。

その結果、働きたいのに会社を辞めるという選択肢を選ぶのは、非常に残念なことです。

女性が働きやすい会社の5つの特徴

女性が働きやすい会社の特徴には、どのようなものがあるのでしょうか。求人情報を見極め、転職を成功させていきいきと働くためにも、これらの特徴をしっかりと押さえておきましょう。

1.育児経験のある女性比率が高い

育児中の女性や育児経験のある女性の比率が高い企業は、女性にとって働きやすい会社である可能性が高いです。育児と仕事を両立させることは自分自身の体力も重要ですが、それ以上に企業の理解やサポートが大切になります。

子育てに支障が出る環境の職場には、育児をしながら働く女性はほとんど残りません。そのため、育児中や育児経験のある女性が多いかどうかは、女性にとって働きやすい環境であるかを見極める指標となるのです。

特に小さい子供は、突然熱を出したり、幼稚園や学校から呼び出しがあったりと、イレギュラーな事態が発生しやすくなります。そのような際に、早退させてもらえたり、残業せずに帰らせてもらえたりする職場であれば、安心して育児に取り組めるでしょう。

また、育児経験のある女性が多いと、突発的な状況になっても、周りの人に共感してもらえ、サポートしてもらいやすいです。たとえば、妊娠中に仕事をする辛さもわかってもらえるので、「妊娠を理由に仕事をさぼっている」といった言いがかりをつけられることもないでしょう。

男性の上司や同僚も、出産・育児を経験した女性に対する気づかいがあるので、仕事の進め方などに理解を示してくれる傾向があります。

2.管理職に育児経験者がいる

女性、男性にかかわらず、管理職に育児経験者がいることも重要なポイントです。たとえ、女性が多い職場であっても、育児経験がなく、働き方への理解が不足している場合は、無理な勤務をしいられてしまうことが考えられます。

その点、管理職である上司が育児を経験していたら、時短勤務や早退に対しての理解も深く、融通が利きやすいでしょう。

上司や経営者の考え方で、働きやすさは大きく変わってきますので、転職口コミサイトや社員への質問、転職エージェントからの情報などでリアルな社風を調査しておくことをおすすめします。

また、育児経験のある女性管理職がいる企業の場合、ロールモデルがいるため、出産後のキャリアを描きやすいはずです。産休や育休を経ても、キャリアアップが可能な環境であるため、昇進を目指してバリバリ働きたい女性にとっては、心強い要素となります。

さらに、男性も育休を取得した実績のある企業は、ワークライフバランスへの取組みに前向きであるといえます。

厚生労働省の「平成29年度雇用均等基本調査」によると、男性の育休取得率は5.14%となっており、依然として低い状況です。そのため、男性の育休取得の実績のある企業は、非常に先進的なのです。

女性にとって働きやすい職場は、男性にとっても働きやすく、意欲を持って仕事に取り組むことができる環境です。面接や転職エージェントを利用し、管理職の育児経験について質問してみてください。

3.残業がない

残業なしを推進している企業を選ぶことも重要です。働き方改革が浸透している昨今は、残業に対する意識も変化してきていますが、いまだに残業を「がんばっている証拠」と考える企業や従業員は多くいます。

残業が常態化した企業で働くと、育児中に残業ができないというときに、毎回、他の人に自分の仕事をお願いすることになります。

快く引き受けてくれる従業員もいるとは思いますが、中には「楽をしている」と反感を持つ従業員もいるかもしれません。何よりもその状況に、自分自身がストレスを感じ、肩身の狭い思いをしてしまうはずです。

残業をしいられた場合、保育園のお迎えが遅れてしまうと、延長料金がかかってしまいます。残業代をもらえるものの、全て延長料金に消えてしまえば元も子もないですし、サービス残業であれば赤字です。

残業のない企業であれば、定時の勤務時間内に、仕事を効率的に終わらせる習慣が根付いています。また、定時で全員が帰れば、他の人に仕事を頼む必要もなくなります。定時を前提に仕事を進められますので、帰宅後の家事や育児のスケジュールも立てやすいでしょう。

4.有給が取りやすい

有給が取りやすいことも、働きやすい企業の要素となります。なおかつ、育児中の女性従業員だけでなく、男性従業員や独身の女性従業員も、等しく有給を取得しやすい雰囲気であることが重要です。

というのも、育児中の女性だけが有給を取得しやすく、他の社員は休めないという職場の場合、人間関係に亀裂が入りやすいのです。

「こっちは休みを全然取れないのに、育児中の女性だけは自由に休めている。さらに、休んだ分の仕事のしわ寄せが、全てこちらに来ている」という状況であれば、不満が噴出してしまうのも仕方がありません。

育児中の女性が有給を取ることは何も悪くないことなのですが、その取得比率が不平等であると、嫌な思いをしてしまうことになるでしょう。

女性が働きやすい職場は、育児中の女性だけが特別扱いされるのではなく、独身の方や男性でも、平等に働きやすい環境が整えられているものです。

そのため、会社全体の有給取得率だけでなく、どのような社員でも気軽に有給が取れているのかというところまでチェックすることをおすすめします。

5.チームプレイが主体である

チームプレイを主体として仕事に取り組む企業も、女性にとって働きやすい環境です。属人的な仕事が多ければ多いほど、仕事に穴をあけることができず、休みが取りづらくなりますし、他の人に仕事を頼む際も負担が大きくなってしまいます。

仕事が見える化された状態で、チーム全体でひとつの仕事をカバーし合える職場であれば、育児中にイレギュラーな事態が発生しても協力を得やすいはずです。

また、休んだ際に業務のしわ寄せが発生してしまった場合に、その原因を個人に求める社風の企業は避けるべきだといえます。「あなたが何度も休むせいで皆に迷惑がかかっている」といった発言をするような上司がいる企業は、働きやすい企業とは反対に位置するでしょう。

育児、介護、体調不良…。どのような社員でも、様々な理由で、仕事を休むことになる可能性はあります。
そのようなときに、チームのメンバーが協力し合える職場であれば、長くいきいきと働けると考えられます。

自分にとって「働きやすい会社」を見つける方法

働きやすさは、一人ひとりの価値観によってまったく異なるものです。ここからは、自分にとって働きやすい会社を見つける方法を紹介していきます。

女性が働きやすい会社には「男女平等型」と「女性優遇型」の2パターンがあります。男女平等型の企業は、女性の昇進実績が豊富で、総合職としてキャリアアップできる環境が整っています。

一方で、男女平等に出世競争が行われるので、飲み会や接待、長時間の残業を求められる企業も中にはあります。

女性優遇型の企業は、育児中の女性は必ず時短勤務にしてくれたり、仕事量を調整してくれたりといったサポートを行ってくれます。その半面、バリバリ働きたいと考える女性にとっては物足りなく感じ、出世に対する不平等感を抱えてしまいやすい場合もあるようです。

このように、女性の働きやすさを考えてアピールされるポイントでも、人の価値観によって捉え方は大きく変わってくるのです。

そこで、「自分は仕事に何を求めるのか」を考えることが重要になります。

子育てに重きを置いて働きたいという場合は、女性優遇型の企業が働きやすい環境になるでしょう。一方、キャリアを優先したいという場合は、ベビーシッターやパートナーと子育てを分担して、男女平等型の企業で活躍するほうが良いはずです。

また、出産・育児の予定がない場合でも、プライベートと仕事のどちらを優先するかによって、求める条件は異なります。

自分が仕事やキャリアに何を求めるかを整理して、自分にぴったりな企業を探すことが転職を成功させるコツになります。

理想の働き方を実現できる企業を見つけよう

出産・育児を考えている女性にとっては、育児中のサポートが充実した企業であることが、生活に大きな影響を与えます。子育てに理解のある従業員が多く、有給も取得しやすい職場であれば、女性も長く働きやすいことでしょう。

残業時間や有給取得率、社風といった情報は、求人情報だけでは推し量れないものがあります。

そのため、転職エージェントや口コミサイトなどをとおして、リアルな情報を仕入れるようにしてください。そして、理想の働き方を実現できる企業への転職を成功させましょう。

女性で転職をお考えの方へ。
まずは、転職の基礎知識を身に着けて、不安のない転職活動を行いましょう。

 人気のコンテンツ

 その他のお役立ちコンテンツ

女性が働きやすい会社の特徴とは?いきいき働ける企業に転職しように関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。