地元へのUターン転職のメリット・デメリット|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

地元へのUターン転職の
メリット・デメリット

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

Uターン転職とは、都会で就職した後、地元に戻って転職を行うことです。2011年の厚生労働省の調べによると、就業者の3割以上が地元にUターンして仕事をしているとの結果も。Uターン転職をすることによって、女性にどのようなメリット、あるいはデメリットが考えられるのでしょうか。

Uターン転職のメリットとは

まずメリットとしてあげられるのが、地元で就職することによって、地元に貢献できる機会が増えるということ。企業の中には、地元の経済活性化のために奮闘している企業や地域に密着した企業というのも少なくありません。自分の生まれ育った地域に地元愛を感じている方も少なくないでしょう。そんな地元に貢献することができるという点では、都会で働くよりも地元企業の方が、それをより肌で実感することができます。
また、女性としては両親などの家族のもとで暮らせるという点はメリットにあげられるのではないでしょうか。両親側としても年齢によっては、心配ごとが多くなってくるのも確かです。遠方で暮らすよりも、近場で暮らした方が、万が一のことが起きても対処しやすいですし、日々の心配事も少なからず緩和されるため安心です。
そして、都心に比べて生活費が安く抑えられるという点もメリットとしてあげることができるでしょう。都会やその周辺に住んでいると、住宅費などの生活費が地方に比べて割高になってしまいがちです。しかし、Uターン転職によって地元で働くとなると、地方の方が家賃も抑えられますし、場合によっては両親との同居で生活費をさらに安く抑えることもできます。生活費という面でも、Uターン転職をするメリットはあるのです。

Uターン転職のデメリットとは

Uターン転職のデメリットとして考えられるのが、都心などに比べて選べる職種などが限られてしまう場合が多いということです。必ずしも自分の希望している職種が地方に豊富にあるとは限りません。特に専門的な職種などは、地元ではあまり就職できる機会がない場合もあります。

さらに、就職先はあるものの年収が下がってしまうというケースもあります。医師などの例外もありますが、平均的には都会から地方へUターン転職を行うと年収が下がる傾向にあるようです。そのため、Uターン転職の際は、ある程度の年収の落ち込みを予想していなくてはなりません。

また、生活の利便性という点も問題になってくるでしょう。たとえば、公共の交通機関などで都会では何不自由なく生活できていたものが、地方では車を所持していないと移動が難しい、などといった場合もあるからです。

まとめ

女性はもちろんのこと、特に若年層の間で増えているといわれているUターン転職。もちろん地元で就職するということにはメリットもありますが、その反面デメリットも存在します。特に、都心部と地方のギャップという点においてはよく理解をしておく必要があるでしょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

地元へのUターン転職のメリット・デメリットページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。