Uターン転職をする理由やきっかけ

Uターン・Iターン・Jターン転職

大都会に疲れを感じているあなた、「Uターン」「Iターン」「Jターン」を
検討してみませんか?

Uターン転職をする理由やきっかけ|地方転職の魅力をご紹介

Uターン転職をする理由やきっかけ|地方転職の魅力をご紹介のイメージ

近年、Uターン転職(Iターン転職・Jターン転職)という言葉を耳にする事が増えたかと思います。一括りに地方への移住転職を指しますが、転職経験者はどのような理由で転職を行っているのでしょうか。

ここでは、Uターン転職をはじめとした地方転職の理由やきっかけ、そして、転職の魅力までご紹介していきます。

1.Uターン転職とは

そもそもUターン転職とは、出身地(故郷)を離れて仕事をしている方が、地元に戻り再度就職をすることをいいます。

最近では地方出身の方が大学時代を都市圏で過ごし、そのまま就職したものの、地元に戻るために転職するケースが多くあります。

1-1.Iターン・Jターン転職との違い

よく混同されがちなものに「Iターン」「Jターン」があります。それぞれUターンとは異なる用語になります。

Uターンは地元から進学などで都心に出たあと、転職や就職で地元に戻ることであり、Iターン・Jターンとの違いを表している図

・Iターン:都会に生まれ育ち、都心で就職した後、地方に移住して働くことを指します。
・Jターン:地方出身者が都会で就職し、その後生まれ育った故郷とは異なる地方で働くことを指します。

それぞれ、都会と地方で働く際の生活スタイルや環境、業務内容などが異なるため、様々な目的を持ち「U・I・Jターン」転職をされる方がいます。

2.Uターン転職のよくあるきっかけ・理由

まず、Uターン転職を行う人たちがどういったきっかけ、理由で転職を行うのかについみてみましょう。

2-1.家庭の事情によって

生まれ育った故郷を離れ生活をした結果、やはり馴染みのある地域で働きたい、家族と一緒に過ごしたいと思うようになったというケースです。

結婚を機に地元に戻る、親と同居をする、家を建てるために実家の近くに住居を構える、などの理由もあれば、親の介護が必要になったことでUターンする人もいます。

2-2.生活環境の見直しによって

「都会の生活が合わない」「子供の生活環境を整えたい」など、生活環境を見直したいという気持ちが転職のきっかけになるケースです。

また、地方は都会に比べて生活費が安価に抑えることができるため、長い将来を見据えた転職を考える方もいらっしゃいます。

2-3.キャリアチェンジによって

これまで、都会でしっかりとスキルを身に付けた方がこれまでの経験を活かし、地元に貢献したいと転職をされる方も多くいらっしゃいます。

近年では、大手企業が優秀な首都圏の人材を確保するために、Uターン歓迎などを掲げ、募集を集めているケースもあります。

3.Uターン転職の魅力

それでは、これらの理由の答えとして、なぜ地方への転職が選ばれるのでしょうか。

3-1.自然に囲まれた環境

まず、働く環境の周辺に自然が身近にあり、日々の環境ストレスから開放されるという魅力があります。

休日の混雑や渋滞などとも無縁になり、ストレスフリーな生活を送ることができるのも、おおきな強みの一つと言えます。

3-2.通勤ラッシュからの開放

都会で働くことの宿命として、朝夕の通勤ラッシュがあげられます。

毎日満員電車で出勤するだけでへとへとになることが多い都会ですが、地方では自動車通勤が可能の企業も多く自分時間にゆとりをもつことができます。

3-3.生活コストの削減

都会に比べ、地方では物価が安いケースが多く、特に住居費などには大きな違いがあります。そのため年収が変わらない場合は生活費に余裕を持つことができます。

しかし、地方に就職することで、年収が下がってしまう可能性もあるため、この点にも注意が必要なのです。

4.Uターン転職を成功させるポイント

最後に、Uターン転職を成功させるためのポイントをいくつかご紹介します。

4-1.志望動機は「地元に帰りたい」ではNG

Uターン転職の際は、志望動機が重要になります。もちろん、地元に貢献したいなどの気持ちは大切です。

ですが、「地元に帰りたい」というご自身の希望だけを伝えてしまうと、地元に帰ればゴール=入社後意欲的に仕事に取り組んでくれる方とは企業から評価してもらいづらく、お見送りになってしまう可能性が高いのです。

そのような点に魅力を感じ、どのように自分のスキルを活かすことができるのかという点を明確にする必要があります。

なお、志望動機については以下のコンテンツも併せてご確認下さい。

関連記事

4-2.求人情報を見逃さないようにチェックする

地方での転職での大きな壁は求人数になります。都市圏に比べ企業数がそもそも少なく、かつ中途採用を行っている企業となれば、さらに母数は減少します。

また、同じようにUターン転職を考えているライバル(求職者)も多いため、高い倍率となる傾向があります。そのため、求人情報は常に確認し、ある程度の企業数に応募することをオススメします。

また、転職後の希望条件が多いと、該当求人がどんどん少なくなってしまうため、希望条件に優先順位をつけることも大切です。

4-3.転職エージェントを活用する

転職エージェントには、「非公開求人」と呼ばれる一般には出回らない限定求人があったり、新着求人をいち早く紹介してもらうことができたりと、自分では手が回らない求人情報の検索を代行してもらうことができます。

転職エージェントを利用することで、1人で転職活動を行っている人に比べ情報量が多くなり、結果的には理想とする求人に出会える確率が大きく向上します。

また、些細な悩み事にも親身に相談に乗ってくれるので、転職活動そのものへの不安も解消することができるでしょう。

5.まとめ

また、転職エージェントは限定求人のアプローチだけでなく、その求人の詳細な情報を獲得することもできます。

特に地方へのU(I・J)ターン転職では情報収集が肝となります。求人を含め、自分一人ではアプローチすることができない情報にアクセスするという意味でも、転職エージェントは利用の価値があるのです。

はじめてのUターン転職を最高の形で終わらせるために、ぜひ転職エージェントをご活用下さい!

>マイナビエージェントを利用して情報収集をする(無料登録)

マイナビエージェントでは、Uターン・Iターンを希望する皆様に、適切なサポートを行わせていただきます。

転職支援サービス申し込み

転職支援サービス申し込み