クレジットカード会社から転職するには?転職のポイントを解説|求人・転職エージェント

メニュー

更新日:2022/09/30

金融業界

クレジットカード会社から転職するには?転職のポイントを解説

finance_1275.jpg

この記事のまとめ

  • クレジットカード会社では、コミュニケーション能力や企画・管理スキルといった転職で役立つ能力が身につく。
  • クレジットカード会社の転職先は、同業他社や保険業、経理や営業サポートなどの職種がおすすめ。
  • 自分のスキルを明確化することや、自分に合った環境を選ぶこと、転職エージェントを活用するのが転職を成功させるポイント。

仕事が自分に合わない、将来に不安を感じるといった理由でクレジットカード会社から転職を検討している方もいるでしょう。クレジットカード会社勤務の経験を活かせる転職先を知りたい方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではクレジットカード会社からのおすすめの転職先を紹介します。クレジットカード会社のキャリアパスや転職のポイントも分かり、スムーズに転職するためのノウハウを得られるでしょう。

目次

金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント

クレジットカード業界の現状

finance_1275_1.jpg

クレジットカード会社から転職を考えている方は、業界の将来に不安を感じているのではないでしょうか。電子マネーの需要拡大や国のキャッシュレス化推進といった追い風はあるものの、現在クレジットカード業界はいくつもの問題点を抱えています。特に問題とされているのが以下の3点です。

キャッシュレス化が遅れている

日本はキャッシュレス決済の普及率が低く、キャッシュレス化に関しては後進国といわれています。日本のキャッシュレス化が遅れている要因として、店舗側のキャッシュレス導入のハードルが高いことが挙げられるでしょう。カードを読み取るための端末を用意しなければならないことに加えて、店舗が負担する決算手数料が重い負担となっています。

日本は治安がよいことも現金離れが進まない一因です。海外と比較すると盗難や偽札のリスクが低いことから、現金を持ち歩くことに抵抗を感じない方が多く見られます。

セキュリティ上のリスクがある

安定してクレジットカードで決済を行うには、十分なセキュリティ対策が不可欠です。スマートフォンやパソコンからキャッシュレス決済を利用する場合、第三者の不正利用や情報漏洩のリスクがあります。これらの被害を防止するには、企業のシステムに頼るだけでなく、利用する側もセキュリティ意識をもつことが大事です。

IDやパスワードの管理や2段階認証の導入、アクセス先の分からないURLは開かないといった利用者の自衛意識が育たなければ、セキュリティの問題は抑えられないでしょう。

クレジットカードに抵抗がある人も多い

クレジットカードを持ちたがらない方の中には、カードは支払いをしているという感覚が薄いために抵抗感がある方も見受けられます。クレジットカードの普及が遅れているのは、お金は現金で管理したいといった考えを持つ方が多いことも理由のひとつです。

クレジットカードを持てないのではなく、持つことに消極的な方が多いのは、業界の大きな不安要素と言えるでしょう。

クレジットカード会社で身につくスキル

finance_1275_2.jpg

転職を考えたときに気になるのが、クレジットカード会社で培ったスキルは役に立つのか、ということではないでしょうか。クレジットカード会社での経験を活かすには、自分がどのようなスキルを身につけたのか知っておく必要があります。クレジットカード会社で身につくスキルを確認して、自分の強みを把握しましょう。

顧客との関係を作るコミュニケーションスキル

ルート営業を行っている方は、業務の相談や審査状況の報告などで契約している加盟店に足を運ぶ機会が多かったでしょう。新規営業も契約のためには顧客との関係構築が重要なため、営業に携わった方はコミュニケーション能力が磨かれています

営業では立場や年齢、性格が異なる幅広い方と接する機会があります。そのような方たちと話し、表情を読み取ってコミュニケーションを交わした経験は、さまざまな職場で役立つでしょう。

会員獲得に直結する企画スキル

クレジットカード会社の担当部署によっては、ターゲット層に応じたカードを考案する必要があります。審査条件や利用額、ポイント付与率といった要素を調整しながら訴求力のある企画を考えなければならないため、アイデアをそのまま顧客獲得につなげるスキルが鍛えられるでしょう。

顧客のニーズを把握し、そのニーズに応じた企画を考えるスキルは、企画職では特に重宝される能力です。新しいアイデアを求められる場面では、企画スキルが役立つでしょう。

代金支払いの管理スキル

自社の債務を把握して、債権者への商品やサービスなどの代金支払いを管理することを債権管理といいます。債権管理は支払予定の把握や支払遅延の発生防止に役立ち、スムーズなビジネスを行えることから、取引先からの信用を得るために重要な業務です。

クレジットカード会社では、未払い料金の督促やキャッシングの債権回収業務を行う機会が多く、債権スキルが身につきます。取引先から信用を得るために資金繰りを健全化するのは、どの企業にとっても重要な課題です。債権管理スキルは転職の際にアピールポイントになるでしょう。

生活に役立つ知識の習得

クレジットカードの利用者がどのような商品をどのような方法で購入しているのか、加盟店の人気商品を調査すれば、クレジットカードの有効な活用方法も身につきます。クレジットカードの種類や自分に合ったカードの選び方も分かるようになり、今後の生活の助けになるでしょう。

転職とは直接関係なくても、人生を豊かにしてくれるスキルが身につくのもクレジットカード会社のメリットです。

クレジットカード会社のキャリアパス

クレジットカード会社では、企画部や営業部、審査部といった各部署が連携して業務を行います。自分の担当だけではなく会社全体の業務のことを考えて仕事をする必要があるため、広い視野を持ってチーム単位で課題をクリアする力が養われます。

実績を積むにしたがって、チームリーダーやマネージャーといった管理する側のキャリアパスも選択できるようになります。管理や育成方面に進みたい方は、意識して組織全体で成果を出すノウハウを学んでおくとよいでしょう。

クレジットカード会社の転職先

finance_1275_3.jpg

クレジットカード会社からの転職先は、これまでの業務で学んだ知識やスキルが活かせるか、自分の適性に合っているかどうかを考慮しながら選ぶのが大事です。所属していた部署や自身が得意なことが何かを検討して決めましょう。

別のクレジットカード会社へ転職する

クレジットカード会社の業務を続けることに抵抗がない場合、ほかのクレジットカード会社へ転職する方法があります。同業種への転職ではこれまで培ってきたスキルをそのまま活かせるメリットがある一方、経験者として厳しく見られる可能性については留意しておいたほうがよいでしょう。

銀行

国内の銀行や外資系銀行、信託銀行、証券会社などの金融機関へ転職する選択肢があります。同業界内での転職であれば、これまでの金融の基本的な知識を活用できるため、すぐに戦力として活躍できるのが強みです。地元に貢献したいなら地方銀行、グローバルに働きたいなら外資系銀行といったように、金融機関の特徴を考慮してキャリアプランに合った会社を選びましょう。

保険業

保険商品についての基本的な知識を身につけて、保険業界に転職するプランもあります。保険業界では顧客の信頼が契約に直結するため、コミュニケーションスキルに長けた人材であれば、現場でも即戦力として活躍できるでしょう。特に営業やプレゼンテーションなどでコミュニケーション能力やトークスキルを磨いてきた方におすすめです。

経理職

経理では計上の確認、請求書の発行や入出金のオペレーションなどを担当します。クレジットカード業務とはお金を扱うという点が共通しており、慎重に業務を進められる人材に適している職と言えるでしょう。正確に数字を管理するのが得意な方は検討してみてください。

日商簿記やビジネス会計検定などの資格があると転職の際に有利になるため、余裕があれば取得をおすすめします。資格取得のための勉強は、転職後の実務でも役立つでしょう。

営業サポート

一般事業会社の営業サポートとなり、事務作業を担当するといった道もあります。営業サポートは営業スタッフをサポートする仕事で、書類確認などのデスクワークや事務の手ほどきなどを行うポジションです。クレジットカード業務の経験があり同業界に転職した場合、融資業務に対応しやすく、知識を役立てられます。書類作成や計上といった業務も多いため、数字を扱うのが苦にならない人材に適性があると言えるでしょう。

クレジットカード会社から転職を成功させるポイント

finance_1275_4.jpg

転職活動が成功する方とうまくいかない方とでは、どのような違いがあるのでしょうか。スムーズに希望どおりの転職をするコツを知りたいという方は多いでしょう。ここでは、転職を成功させるための3つのポイントを紹介します。

現職で培ったスキルや経験を明確にする

クレジットカード会社で培ったスキルや経験を明確にし、転職先でどのように活かせるか考えることが大切です。自身の能力を把握しておけば、転職先選びだけでなく、志望動機や自己PRを書く際にも役立ちます。

企業が求めているのは、「営業の経験がある」といった経験談ではなく、「営業でこのような方法を使って、こういった成果を出した」という経験を通じて得た学びや成果です。具体的な成功体験から、自分ならではの手法をアピールしましょう。

自分と相性のよい環境を選ぶ

企業にはそれぞれ方針があり、企業ごとに社風や業務に対する姿勢は異なります。これまで身を置いていた環境と異なる社風の企業へ転職すると、ギャップを感じることもあるでしょう。保守的な環境から改革的な企業へ転職した場合、馴染むのに時間がかかるかもしれません。

企業に社風があるように、人にもそれぞれ性格や性分があります。自分と相性のよい環境を選ばなければ、居心地の悪さを感じて長く続かないこともあるため注意が必要です。

転職エージェントを活用して採用率を高める

自分のみで転職活動を行う際は、多くの手順をすべてひとりでこなさなければならず、時間や手間の負担が大きいのが難点です。特に、希望する条件にマッチした求人情報を見つけるのは苦労するでしょう。転職エージェントに登録し、希望する条件を伝えると適切な求人を斡旋してくれるため、手間や時間の負担を軽減できます。

非公開求人も紹介してくれるため、ひとりで探していては見つからない求人にも応募可能です。効率的に転職活動をしたい方は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

まとめ

finance_1275_5.jpg

クレジットカード会社から転職を考えるときは、職務経験や業務で身につけたスキルを活用することを意識することが大切です。自分がどのような経験をしていてそれをどのように活かせるのか、自分なりの武器を明確にしてアピールしましょう。

スムーズに転職を成功させるには、転職のプロフェッショナルのアドバイスを受けることも重要です。マイナビ金融エージェントでは、実績豊富なキャリアアドバイザーが転職成功のノウハウを伝授しており、求人紹介から入社までをサポートしています。これから転職を検討している方は、ぜひお気軽にご利用ください。

金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント

注目コンテンツ