面接の練習方法とは?練習のメリット、意識するポイント|求人・転職エージェント

更新日:2020/11/25

転職全般

面接の練習方法とは?練習のメリット、意識するポイント

knowledgeMV_178.jpg

転職活動では応募書類の作成や応募企業の情報収集など、やることがたくさんあるのに「面接の練習までする必要はあるだろうか?」と思う方もいるでしょう。しかし、転職活動の面接は、採用担当者が応募者の熱意やポテンシャル、入社後に活躍してくれるかどうかを判断する大切な機会ですから、アピールポイントを余すことなく伝えられるよう、十分な準備が必要です。
ここでは、面接の練習を行うメリットや効果的な練習方法の他、面接の練習で意識したいポイントをご紹介します。

目次

面接の練習をするメリット

面接の練習は本当に必要なのか疑問を感じる人もいるかもしれませんが、面接の練習を行うと転職が有利になる可能性があります。まずは、転職活動中に面接の練習を行うメリットを紹介しましょう。

本番で緊張しない

かしこまった雰囲気の中で他人からの質問に答えたり、自分の経歴を説明したりするという経験は、一般的にそれほど多くないため、緊張しやすいといえます。事前に面接の雰囲気をイメージしながら練習を重ねることで、本番で緊張しにくくなるでしょう。

応募企業に伝えたいことをまとめておける

一般的な企業の面接で聞かれる内容は、自己PRや志望動機など、ある程度決まっています。面接の練習を通して伝えるべき内容を整理しておけば、個性や仕事への思いを正確に面接官に伝えることができるでしょう。

適切な話し方がわかる

面接の場では、面接官に伝わりやすい話し方を意識する必要があります。

話の構成はわかりやすいか
言葉遣いは適切か
話が短すぎたり、長すぎたりしないか
声の大きさ、早さ、高さは聞き取りやすいか

スマートフォンなどで音声を録音することで、上記のポイントを押さえた話し方ができているかチェックできますし、改善することも可能です。

効果的な面接の練習方法

続いては、面接官から高評価を得るための効果的な練習方法をご紹介します。

声に出してみる

面接には、志望動機や自己PR、転職を志した理由といった定番の質問がありますので、回答内容を考えて文章にしてみましょう。
文章が書けたら、それを音読してみます。たとえば自己PRなど、実際に声に出してみることで、適切な長さや強調すべきポイントがわかるようになるでしょう。

友達や家族に手伝ってもらう

友達や家族に面接官役になってもらい、実際の面接のようにシミュレーションを行うのも効果的です。
つい、なれ合いの気持ちが出てしまうかもしれませんが、普段の話し言葉ではなく、本番と同じように受け答えを行うことを意識してください。緊張感を持って本番に近い雰囲気で行うことが大切です。
可能であれば部屋を用意して、入るところからチェックしてもらいましょう。

動画を撮影する

自分がどのように話しているのかを確認するために、動画を撮影するのも有効な方法です。実際に、撮影した動画を見てみると、話しているときの表情などをチェックすることができます。
客観的に自分の姿を知っておくことで、面接時の立ち居振る舞いをどうすればいいか、具体的な改善がしやすくなるでしょう。

ウェブ面接の際はパソコンを使ってチェックする

面接がオンラインで行われる場合は、パソコンなど面接で利用する予定のデバイスを使って練習を行いましょう。相手が聞き取りやすいように大きな声でゆっくり話す、画面ではなくカメラを見るといったことを意識して練習してください。

模擬面接を受ける

転職活動のサポートを行っている転職エージェントでは、模擬面接を受けることができます。模擬面接では、本番に近い環境で練習できますし、担当者からフィードバックがもらえるのでおすすめです。

面接の練習で意識したいポイント

面接の練習を何度繰り返しても、同じことを反復練習しているだけでは、あまり意味がありません。面接の練習を行う際には、1度目よりも2度目、3度目と、より良い受け答えができるように改善を図っていく必要があります。
続いては、面接の練習をする際に意識したいポイントをご紹介します。

必ず振り返りを行う

面接の振り返りを行うことで、受け答えの内容をブラッシュアップしていくことができます。闇雲に練習を繰り返すのではなく、1回ごとにどこが良くなかったのか、どうすれば改善できるのかを検討し、次の練習に活かしましょう。

暗記ではなく要点を押さえる

伝えたいことを丸暗記しようとすると、棒読みになったり、感情が伝わらなかったりすることがあります。さらには、緊張によって記憶が飛んでしまい、途中で言葉に詰まるといった事態にもなりかねません。
回答全部を丸暗記するのではなく、自分がやりたいことやできることなど、要点をしっかりと押さえて的確に主張できるようにしましょう。

面接の練習をすることで焦らずに当日を迎えられる

どんなことでも、場数をこなせばそれだけ自信を持って対応できるようになっていきます。面接には適度な緊張感も大切ですが、緊張しすぎて失敗してしまわないためにも、練習を重ねて自信をつけておきましょう。自身で練習するだけでは不安が残る方は、マイナビエージェントの面接対策サービスをご利用ください。
マイナビエージェントの面接対策サービスでは、キャリアアドバイザーが面接官役となって模擬面接を行います。応募企業での面接の傾向を把握した上で具体的なアドバイスをさせていただきますので、ぜひご活用ください。

執筆・編集

八木 光

大手総合人材サービス企業にて人材派遣や人材紹介を担当。様々な業界、職種の転職支援を経験し、マイナビに入社。入社後は営業職やマーケティング職の転職サポートに尽力している。幅広い業界や年代の転職支援をした経験から長期ビジョンを見据えた多角的なアドバイスが強み。若年層へのキャリア形成へ定評がある。

SNSシェア

注目コンテンツ