履歴書に印鑑は必要?はんこの選び方、押し方、マナー|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書に印鑑は必要?
はんこの選び方、
押し方、マナー

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

転職活動で企業に提出する履歴書は、内容はもちろんですがビジネスマナーに則して作成されているかという点がチェックされます。企業の指示がある場合や、履歴書のフォーマットによっては印鑑を押す必要がありますが、きれいに仕上げなければならないと思うと緊張してしまうでしょう。
ここでは、履歴書に押す印鑑のマナーや正しい押し方の他、はんこの選び方などについてご紹介します。

履歴書には印鑑がなくても良い

現在、普及している履歴書のフォーマットには、押印欄があるものとないものがあります。
1997年、押印に関して「押印を廃止しても差し支えない書類には記名のみでいい」という「押印見直しガイドライン」が政府によって決定されたため、履歴書への押印は社会的には義務ではなくなりました。
そのため、履歴書に押印欄がある場合は押印し、なければ不要です。

履歴書に印鑑を押す必要があるのはどんなとき?

では、履歴書に印鑑を押す必要があるのは、どのようなときでしょうか。
募集要項に押印が必須事項として書かれているなど、企業の指示がある場合は、必ず印鑑を押して提出します。押印がなければ書類不備と判断されてしまう可能性があるので気を付けてください。
履歴書に押印欄がないけれど、印鑑を押す必要がある場合は、氏名の右横の空欄に押しましょう。氏名に重ならないように、印鑑だけがしっかりと見える状態で押します。
企業の指示に関係なく、押印欄が設けられている履歴書を使う場合も押印が必要です。
なお、近頃では、インターネット上で作成できるウェブ履歴書やPDFなど、デジタルデータによる履歴書の提出を指定する企業も増えています。これらは、基本的に印鑑は不要ですが、企業から指示があった場合はインターネット上のフリーソフトやツールを利用して、電子印鑑を作成して対応しましょう。

履歴書の印鑑が汚いとどんな影響がある?

印鑑が汚かったり、極端に斜めになっていたりする履歴書をそのまま提出してしまうと、採用担当者にマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。
履歴書は、内容だけでなくビジネスマナーが備わっているかどうかもチェックされます。印鑑が汚く押されていると、「マナーが守れない人物なのでは」「仕事が雑な人物ではないか」と思われてしまうおそれがあるでしょう。

どの種類のはんこを使うべき?履歴書の印鑑の選び方

はんこには、実印や認印など、様々な種類があります。
履歴書に押印する必要があるとき、どんなはんこを使えばいいか迷ってしまうのではないでしょうか。
ここでは、はんこの選び方やマナーについて解説します。ビジネスマナーに則してきちんとした履歴書を完成させるために、適切なはんこを選びましょう。

認印を使う

履歴書への押印の場合は、朱肉を使用する認印が最も適しています。
認印とは、サインの代わりに使うはんこのことで、役所での印鑑登録を行っていない、また銀行印として使用していないものを指します。認印には、法律や条例で定められた定義などはなく、サイズや書体などの規格も基本的には自由です。
あまり高価なものを購入する必要はなく、100円均一のはんこでも問題ありませんが、インターネットの通販サイトでは、300~1,000円ほどで良質な認印を購入することができるのでおすすめです。
なお、浸透印も認印の一種ですが、内蔵されたインクは、時間が経つと劣化したり濡れたときににじんだりするため、履歴書には使わないようにしましょう。

実印や銀行印は避ける

不動産売買や相続などの重要な書類で使用する実印は、役所で印鑑登録を行ったはんこのことです。
また、銀行の口座開設などで使用した銀行印も、履歴書への押印には適していません。
履歴書の押印で実印や銀行印を使用すること自体はマナー違反ではありませんが、個人情報が流出する可能性があるので避けましょう。

印鑑サイズが大きすぎないもの

履歴書に押印するはんこは、サイズが大きすぎないものを選ぶのがおすすめです。
大きすぎる印鑑は、横柄な印象を与えてしまう可能性があります。反対に小さすぎても文字が読めませんので、平均的なサイズである直径1.5cm程度のはんこを選びましょう。
また、印字面に使用される書体は、読みやすい行書体や楷書体などが向いているといえます。

きれいに印鑑を押すための4つのコツ

履歴書に押印する際には、正しいはんこを選ぶだけでなく、きれいに押すことも大切です。かすれたり歪んだりしないように、慎重に行いましょう。
きれいに印鑑を押すために覚えておきたい4つのコツを、順を追ってご紹介します。

1.はんこの印字面をきれいにしておく

まずは、はんこの印字面をチェックしましょう。
欠けていないか、文字のあいだにゴミが詰まっていないかなどを確認し、汚れていたら爪楊枝などで掃除をします。
履歴書に押印する前に、メモなどに押してテストをしておくと安心です。

2.捺印マットを用意する

はんこは凸凹している所などで押すと、歪みやかすれの原因になります。そのため、捺印マットを使用して押すようにしましょう。
捺印マットがない場合は、厚みがある雑誌などを下敷きにして、印字面が履歴書用紙にしっかりとつくようにしてください。

3.朱肉は軽く叩くようにつける

朱肉は、しばらく使っていないと時間が経って乾燥していることがあります。押印の前にティッシュなどで、朱肉がつくかどうか確認しておきましょう。
朱肉は、押し付けずに軽く叩くようにつけるのがポイントです。朱肉をつけすぎてしまうと、にじんだり文字が見えにくくなったりしてしまうので注意しましょう。

4.まっすぐに上から押す

押す前に、印字面の上下を確認して、文字がまっすぐに押印されるかチェックしてください。
ほとんどのはんこには、上下がわかるように印がついていますので、押すときの目安になります。
また、はんこは履歴書の押印欄の中心となるように押しましょう。
印字面全体が紙面に均等につくよう、まっすぐに上から押し、印字面が紙面についたら、はんこを持つ手の上に反対の手を添えてずれないように注意し、軽く「の」の字を書くように力を加えるときれいに押すことができます。

印鑑を押した後のチェックポイント

履歴書に押印したら、きちんと押すことができたか、下記のポイントをチェックしましょう。

  • まっすぐに押されているか
  • 濃さが均一になっているか
  • かすれたりにじんだりしていないか
  • 文字が欠けていないか

失敗してしまったときの対処法は?

気を付けて印鑑を押しても、かすれたりにじんだりして、失敗してしまうことがあるかもしれません。
そのようなときは、新しく履歴書を書き直すのがベストですが、履歴書への押印は「本人が書いたことを証明するもの」ですので、そこまで神経質になる必要はありません。文字が読めなかったり逆さまになっていたり、大幅に紙面を汚していなければ、お詫びの一言を添えて提出すれば問題ないでしょう。
はんこの押し方に自信がない方は、事前に何度か練習することをおすすめします。それでも自信がない方は、履歴書を書き始める前に印鑑を押し、きれいに押印できたものを使いましょう。
なお、万が一履歴書に印鑑を押すのを忘れて提出してしまったら、気付いた時点ですぐに応募企業に連絡をしてください。押印を忘れたことを謝罪するとともに、その後の指示を仰ぎます。履歴書の再送をする、面接時に印鑑を持って行って押印するなど、採用担当者からの指示に従ってください。

丁寧な押印で履歴書をきれいに仕上げよう

履歴書を作成する際の、押印のマナーなどについてご紹介しました。
履歴書に印鑑を押す必要がある場合は、採用担当者の印象を左右する可能性があるため、今回ご紹介した押し方を参考に、丁寧に押すことを心掛けてください。
はんこは履歴書以外にも使う機会が多いので、この機会にビジネスシーンで長く使える認印を購入してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修者


この記事の監修者

浅倉 章平

新卒から大手インターネットサービスプロバイダにて企画や営業担当として業務を経験。その後、外資の医療機器メーカーにてドクター向けの営業に従事。自身の転職活動の成功や失敗を通して、求職者への長期的かつ最適な提案力に強みを持つ。

新卒から大手インターネットサービスプロバイダにて企画や営業担当として業務を経験。その後、外資の医療機器メーカーにてドクター向けの営業に従事。自身の転職活動の成功や失敗を通して、求職者への長期的かつ最適な提案力に強みを持つ。

 関連ページ

履歴書に印鑑は必要?ハンコの押し方や選び方で気を付けたいことに関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。