履歴書に印鑑は必要?ハンコの押し方や選び方で気を付けたいこと|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書に印鑑は必要?
ハンコの押し方や選び方で
気を付けたいこと

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

一般的に大切な書類には署名・押印することが多く、これまでは履歴書への押印を義務付けている企業も多くありました。
しかし、1997年に行政が決定した「押印見直しガイドライン」によりその習慣も少なくなり、印鑑欄がない履歴書も増えています。
そこで、今回は履歴書に関する印鑑のマナーや押し方、ハンコの選び方などについてご紹介します。

履歴書には印鑑がなくても良い

現在、普及している履歴書のテンプレートには、印鑑欄があるものとないものがあります。
1997年、押印に関して「押印を廃止しても差し支えない書類には記名のみでいい」という「押印見直しガイドライン」が政府によって決定されたため、履歴書への押印は義務ではなくなりました。そのため、基本的には履歴書に印鑑欄がある場合はハンコを押し、印鑑欄がなければ不要です。
しかし、募集要項に押印が必須事項として書かれている場合は、必要となります。その際には、印鑑欄がある履歴書を使いましょう。

どの種類のハンコを使うべき?ハンコに関する3つのルール

ハンコには、実印や認印、シヤチハタに代表される浸透印など、様々な種類があります。
履歴書に印鑑欄があったり押印の指示があったりする場合、どんなハンコを使えば良いか迷ってしまうのではないでしょうか。
ここでは、ハンコの選び方やマナーについて解説します。お手持ちのハンコを確認し、ふさわしい物を選びましょう。

1.認印を使う

履歴書への押印の場合は、朱肉を使用する認印が最も適しています。
認印とは、サインの代わりに使うハンコのことで、印鑑登録や銀行印として使用していない物を指します。同じ朱肉を使うハンコでも、100円均一などの安価なものは印鑑の見栄えがあまり良くありませんので、極力避けるようにしましょう。
また、浸透印も認印の一種ですが、内蔵されたインキは、時間が経つと劣化したり濡れたときににじんだりするため、履歴書には使わないようにしましょう。

2.実印や銀行印は避ける

不動産売買や相続などの重要な書類で使用する実印は、役所で印鑑登録を行ったハンコのことです。
また、銀行の口座開設などで使用した銀行印も、履歴書への押印には適していません。
履歴書の押印で実印や銀行印を使用すること自体はマナー違反ではありませんが、個人情報が流出する可能性があるので避けましょう。

3.印鑑サイズが大きすぎないもの

履歴書に押印するハンコは、サイズが大きすぎない物を選ぶのがおすすめです。
大きすぎる印鑑は、横柄な印象を与えてしまう可能性があります。反対に、小さすぎても文字が読めませんので、平均的なサイズである直径1.5cm程度のハンコを選びましょう。
また、印字面に使用される書体は、読みやすい行書体や楷書体などがおすすめです。

きれいにハンコを押すための4つのコツ

履歴書に押印するときには、正しいハンコを選ぶだけでなく、きれいに押すことも大切です。かすれたり歪んだりしないように、慎重に行いましょう。
きれいにハンコを押すために覚えておきたい4つのコツを、順を追ってご紹介します。

1.ハンコの印字面をきれいにしておく

まずは、ハンコの印字面をチェックしましょう。
欠けていないか、文字のあいだにゴミが詰まっていないかなどを確認し、爪楊枝などで掃除をします。
履歴書に押印する前に、不要な紙に押してテストをしておくと安心です。

2.捺印マットを用意する

ハンコは、凸凹しているところなどで押すと、歪みやかすれの原因になります。そのため、捺印マットを使用して押すようにしましょう。
印字面が履歴書用紙にしっかりとつくことが大切ですので、捺印マットがない場合は、厚みがありつつも柔らかめの物を用意します。雑誌や新聞紙などで代用が可能です。

3.朱肉は叩くようにつける

朱肉は、しばらく使っていなかったり、時間が経って乾燥していたりすることがあります。押印の前に、ティッシュなどで朱肉がつくかどうか確認しておきましょう。
朱肉は、押し付けずに軽く叩くようにつけることがポイントです。朱肉をつけすぎてしまうと、にじんだり文字が見えにくくなったりしてしまうので注意しましょう。

4.まっすぐに上から押す

押す前に、印字面の上下を確認し、文字がまっすぐになっているかを確認してから押印しましょう。
ほとんどのハンコには、12時の位置に印がついているため、押すときの目安になります。
また、履歴書の印鑑欄の中心にくるように押しましょう。
印字面全体が紙面に均等につくように、まっすぐに上から押し、印字面が紙面についたら、ハンコを持つ手の上に反対の手を添えて、軽く「の」の字を書くように押すときれいに押すことができます。

押印のOK例とNG例

履歴書に押印したら、きちんと押すことができたか、押印のOK例とNG例を参考に確認してみてください。

<OK例>

  • まっすぐに押している
  • 濃さが均一になっている

<NG例>

  • 斜めや逆さまになっている
  • かすれている
  • にじんでいる
  • 文字が欠けている

失敗してしまったときの対処法は?

気を付けてハンコを押しても、かすれたりにじんだり、失敗してしまうことがあるかもしれません。
そんなときは、新しく履歴書を書き直すのがベストですが、履歴書への押印は「本人が書いたことを証明するもの」ですので、そこまで神経質になる必要はありません。文字が読めなかったり逆さまになっていたり、大幅に紙面を汚していなければ、お詫びの一言を添えて提出します。
ハンコの押し方に自信がない方は、事前に何度か練習することをおすすめします。それでも自信がない方は、履歴書を書き始める前にハンコを押し、きれいに押印できた物を使いましょう。

印鑑欄がないときは氏名の右側に押印する

押印が義務付けられている場合は、印鑑欄がある履歴書を使用するのが望ましいですが、印鑑欄がない履歴書の場合は、氏名の右横の空欄に押しましょう。
氏名に重ならないように、印鑑だけがしっかりと見える状態で押します。

丁寧な押印で履歴書をきれいに仕上げよう

履歴書を作成する際の、押印のマナーなどについてご紹介しました。履歴書への押印は義務ではありませんが、必要の有無はしっかりと確認しておきましょう。
印鑑が必要な場合は、履歴書の美しさにも影響するため、今回ご紹介した押し方を参考に、丁寧に押すことを心掛けてください。
ハンコは履歴書以外にも使う機会が多いため、シヤチハタなどの浸透印しかお持ちでない方は、この機会に認印を作成してみてはいかがでしょうか。

 関連ページ

履歴書に印鑑は必要?ハンコの押し方や選び方で気を付けたいことに関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。