履歴書を書くときのペンは何を使うべき?|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書を書くときの
ペンは何を使うべき?

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書を書く際、パソコンよりも手書きの方が印象の良いことから、手書きで書くということが大多数だと思います。ただし、履歴書を手書きで書く際に気をつけたいのが、ペン選び。使用するペンによって、履歴書を見たときの印象が変わってしまうからです。それでは、履歴書を書くのにはどのようなペンが適しているのでしょうか。履歴書作成時のペンの選び方をご紹介します。

履歴書作成のペンの向き不向きとは?

履歴書を書く際、どのようなペンを使用していますか?実はいつも使用しているペンが、履歴書作成にそぐわないというケースも少なくありません。なぜなら、ペンによって履歴書の全体的な見た目や印象が変わってしまうからです。
まず、履歴書作成に使用するのにNGなのが“消せるタイプのペン”です。ペンのキャップの摩擦を利用して消すことができるペンがありますが、実際に間違えて消そうとする摩擦によって紙が汚くなってしまいます。さらに、履歴書という自分を会社にアピールするための大切な資料を簡単に消せるペンで書いてしまうということは、簡単に修正できるということでもあり、決して印象は良くありません。採用側にちょっとした手抜き感などを感じさせてしまうからです。
次に気をつけたいのが、“にじみやすいペン”。にじみやすい水性ペンや万年筆などを使ってしまうと、意図していなくても熱や軽い水などによって、簡単に文字が判別できなくなってしまうからです。万が一のことを考えて、にじみやすいペンを使用するのは控えた方が良いでしょう。
そこで候補として考えられるのが、にじみにくくかつ、字がきれいに見えるゲルインクボールペンです。ゲルインクボールペンだと、さっと乾くタイプなども多いので、紙を汚さずきれいに書くこともできます。

ペンのカラーは黒が無難

履歴書作成のマニュアルによっては、ペンのカラーを黒や青などが良いと紹介しているものもあるようです。しかし、実際にそれを受け取る方の印象はどうでしょうか。もし青いペンを使用してしまうと、人によっては良い印象を受けないこともあります。ビジネスでは黒を使用することが主流で、違和感を覚えてしまうこともあるからです。履歴書用のペンを選ぶ際は黒とするのが無難でしょう。

ペンの太さは0.7mmがベスト

字の印象は、実はペンの太さによっても変わってしまいます。ペンが太すぎると細かい部分がダマになって見にくくなってしまいますし、逆に細すぎると貧弱な印象を受けてしまうからです。そこで字がもっともきれいに見えやすいといわれているのが“0.7mm”。ペンを選ぶ際は“0.7mm”を基準に選ぶと良いでしょう。

まとめ

履歴書を書く際はできればゲルインクボールペンを使用し、太さも適したものを選ぶのがポイントです。しかし、同じ太さのゲルインクボールペンでも、ペンによって使用感が異なるので、自分の手に馴染むペンを使用するとなお良いでしょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

履歴書を書くときのペンは何を使うべき?ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。