自己紹介の回答例|求人・転職エージェント

面接対策完全ガイド

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

自己紹介の回答例

面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ

新しいクラスになった時や新しい会社に入った時など、環境が変わる度に行なうことが多い自己紹介ですが、採用面接の場でも必要になってくる項目です。採用面接の自己紹介は通常の自己紹介とは内容が異なります。初対面の面接官は、自己紹介を見て志望者の印象を決めることも少なくありません。ここでは、どのような自己紹介をしたらいいのか分からない方へ、自己紹介に話す内容や気を付けるポイント、回答例について解説していきます。

良い自己紹介をすることで、面接結果に影響を与える可能性も

面接の冒頭で聞かれることも多い自己紹介ですが、採用結果に影響を与えることもあります。というのも、自己紹介は、その人を大きく印象づける可能性があるからです。特に面接においての第一印象は非常に大事で、好印象を受けた面接官がそのイメージをもって面接を進行してくれれば、その後の面接が良い方向に傾き、採用の可能性が上がることもあるからです。このように、面接の印象を大きく左右する自己紹介は非常に重要なのです。

面接官はなぜ自己紹介を聞くのか

面接官は、応募者の職務経験やプレゼン能力、人柄などを知るために自己紹介を聞きます。自己紹介は、「どんな人か」を知るために適した質問です。応募者によって内容が千差万別ですし、ある程度自由に述べることができ、「応募者はどんな人か」「発表の仕方はどうか」「前の職場ではどのような仕事をしていたのか」を知ることができます。前職の仕事内容や経験、プレゼン能力や人柄など、企業にマッチするか、企業で採用するに値するかについて判断するための情報収集のためでもあります。

良い自己紹介をすることでの効果

自己紹介がうまくいくと採用試験が合格する確率が高まる可能性があります。面接官が「優秀ですごく魅力的」「コミュニケーション能力もあり意欲も高い」など、自己紹介で良い印象を持つことができれば、その後の質問の回答に対しても同じく好印象を持つ可能性がでてくるでしょう。一方で、「暗くて自信がなさそう」「コミュニケーション能力も協調性もなさそう」「熱意が感じられない」「話しがしどろもどろ」などの悪い印象を持たれてしまうと、その後の質問でどんな良いことを答えても、一度付いたイメージを覆すことはなかなか難しかったりします。第一印象がそのまま面接の高い評価に繋がることも、低い評価に繋がることもありますので、面接を合格するためにも、良い印象を与える自己紹介をできるようにしましょう。

自己紹介ではどのようなことを話せばいいのか

自己紹介といってもどのようなことを話していいのか迷ってしまう方も多いと思います。よくある自己紹介では、出身や趣味や特技、自分の好きなものなどを話すことが多いです。しかし、採用面接での自己紹介はそれではいけません。転職者に限っては、前職もしくは現職での経験や実績については述べるようにしましょう。特に以下のポイントに気を付けて準備しましょう。

●簡潔にこれまでの職務経験について話す

職務経験は面接官が自己紹介において転職者に聞きたい内容のうちの1つです。必ず述べるようにしましょう。面接官は初めて応募者の職務経験について聞くわけなので、どのような業界でどのくらいの期間、どんなサービスを提供し、どんな仕事をしてきたのか丁寧に話すようにしましょう。簡潔に面接官が興味を抱きそうなポイントを中心に述べるようにしましょう。

●前職を通して得たスキルや実績について話す

スキルや能力、経験のある人を採用したいと考えている企業は少なくありません。「対前年比130%の実績を残しました」「年間目標に対し150%の成績を残しました」「チームマネージャーとして10名のマネジメントを行ってきました」など、前職でどのような仕事をしていたかについて述べる際に、必ず実績や仕事を通して得たスキルについてもアピールするようにしましょう。

●後から回答するであろう(職務経歴)、自己PR、志望動機の概要に触れる

自己紹介の際に、後で面接官に触れて欲しい強みやアピールしたい点について話しておくようにしましょう。前もって伝えておくことで、強みやアピールしたい点を面接官が聞いてくれやすくなります。どんなにアピール点などを準備していたとしても、聞かれなかったら意味がありません。面接官に前振りのように概要を伝えておくことで、印象に残り、後から聞かれやすくなります。

面接で自己紹介をする際に気を付けておきたいポイント

職務経験や自分の強みなどについて自己紹介をまとめる際に、以下の注意点に気を付けながら作成するようにしましょう。どんなに良い自己紹介内容を準備しても、時間制約や伝え方一つで相手の受け取る印象が変わってきます。

●企業、面接官によって自己紹介の時間を指定されることも

「1分以内でお願いします」「3分で自己紹介してください」など、面接によっては、自己紹介の時間が指定されることがあります。実際のビジネスシーン同様、適応力があるかを知るためです。長くても3分、短くても1分が多いようです。短い内容で準備をしていて、長く述べることは難しいので、長く述べられるように準備をしておきましょう。また、1分、2分、3分と、それぞれの長さに合わせてどんなことを話すかを準備・練習しておくと良いでしょう。

●最初に聞かれる可能性が高いからこそ大きな声でゆっくり話す

自己紹介で第一印象がほぼ固まってしまう場合があります。面接官に高い評価や良い印象を持ってもらえるような内容を述べることも大事ですが、内容に関わらず大きな声でゆっくりと話すことも大切です。声が大きい方が自信を持っているように映りますし、ゆっくりと話した方が堂々としているように見えます。反対に声が小さかったり、話すスピードが早かったりすると自信がないように映ってしまいます。自己紹介に限らず、冒頭で聞かれる可能性が高いため、特に意識して臨むようにしましょう。

自己紹介の回答例

本日は貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございます。私は、●●●●と申します。◯◯大学◯◯学部を卒業後に、▲▲年に現在勤めています株式会社◯◯に新卒入社し、今年で5年目になります。営業部門に所属し、個人に対して投資用マンションの提案営業を行い、対目標比130%、対前年対比140%の実績を残すことができ、社内表彰を受賞しました。また、20代〜30代の7名のチームリーダーを任されており、マネジメントには傾聴する姿勢が大事だと考え、メンバーとは、日々多くの時間コミュニケーションを取るようにしています。顧客ニーズを解決する提案スタイルの営業には自信があります。御社の営業職でも、これまでの経験を生かして貢献できると思います。本日はどうぞよろしくお願いします。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面接対策完全ガイド 自己紹介の回答例ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。