外資系における英語力の必要性ってどのくらいなの?|求人・転職エージェント

転職エージェントとは

転職サイトと異なる転職エージェントの特徴と役割について

外資系における
英語力の必要性って
どのくらいなの?

初めての転職エージェント FAQコンテンツ

外資系の企業へ転職を考えている人にとって、外資系企業に転職するためにはどのくらいの英語力が必要なのか、気になる方は多いのではないでしょうか?外資系企業に転職すると、当然、日常会話だけではなくビジネス会話程度の英語力は求められることでしょう。その上で、TOEICまたはTOEFLのような検定結果も重要になります。

転職エージェントを介して外資系企業への転職を希望する際は、どのようなプロセスで英語力を測るのでしょうか?また、本番の面接ではどのような形で面接が行われるのでしょうか?

ここでは、外資系企業における英語力の必要性について説明していきます。

外資系企業では、最低でもビジネス会話レベルの英語力は必須になる場合も

外資系企業でも日本法人で働いている方などは英語力を必要としない場合もあります。例えば、会社によっては日本法人の全社員が日本人という場合もあります。その場合は、社内コミュニケーションも日本語になりますし、クライアントが日本法人であれば、日本語でのやり取りになります。

しかし、クライアントや上司が外国人である場合や、外資系企業で管理職になる場合などには、英語(母国語)でのコミュニケーションが必要となるケースが多々あります。そのため、そのような企業を目指す方や、出世や昇進を目指している方は、転職時には必要なくてもその時に向けて準備しておくとよいでしょう。

その場合、話す能力はもちろんのことメールでのやり取りも多くなるため、英語を読み取る能力、各能力も必要になってきます。

TOEICはあくまでも書類選考の材料

よく英語力を測る基準としてTOEICの点数が重視されることがあります。大手企業などではTOEICが600点以上ないと昇進させないという企業もあるほど、TOEICの点数は日本のビジネスシーンで重視されています。

しかし、TOEICを受けたことのある方は分かるかと思いますが、TOEICは英語が話せなくても、ライティングとヒアリングの勉強を積み重ねることで点数を上げることは可能です。

そのため、TOEICの点数はあくまでも書類選考で英語の素養を判断する材料、程度に捉えておいたほうがよいでしょう。

基準は700点くらいと言われている

ボーダーになるTOEIC点数の基準は700点と言われています。もちろん、転職エージェントや採用募集をしている企業によってばらつきはありますが、TOEICの点数=英会話力ではないとは言うものの、最低でも700点程度は取れないと英語によるビジネス会話はできないのではと判断されるケースが多いようです。

実際に、TOEICの点数は取れても日常会話レベルの英会話ですら出来ない日本人が多いことを、転職エージェントは初めから理解しています。そのため、経歴書類にTOEICの点数があった時は、企業と職種の絞り込みに使う程度で、採用自体のプラスに働くとはあまり考えていないようです。

重要なのは会話能力

やはり転職エージェント、採用企業が重視しているものは、試験向けの英語力ではなく、実際のビジネスシーンで使用される実践的な会話力です。その会話力を把握するためにも、転職希望者との面談は英語で行われるケースがあります。それも英語の会話能力を測るためです。

転職エージェントとネイティブレベルの会話も

実際の面談相手となる転職エージェントにネイティブレベルの人を配置し、英会話で現状の仕事内容、仕事への満足度、個人スキル、これまでの実績などを話し合います。この会話の中で、転職エージェントは面談者のビジネスマンとしてのスペックと英語力を測ります。転職エージェントとネイティブレベルの英会話ができて、初めて企業に紹介できる人材であると認められることも中には存在します。

実際の面接では役員と英語で行われる場合が多い

転職エージェントに外資系企業を紹介されると、いきなり日本法人もしくは本国の経営陣と面接をする機会が用意されているケースが多くあります。もちろん面接内容は、すべて英会話によって行なわれます。転職エージェントとの面談を通っていますので、会話自体は問題ないでしょうが、グローバルな政治状況や経済状況などの情報は常日頃から仕入れておくようにしましょう。

まとめ

  • TOEICは書類選考の基準となる
  • 最も求められるのは英語でのビジネス会話力
  • 転職エージェントとの面談は英語で行われ、英語の会話力を試される場合もある

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

外資系における英語力の必要性ってどのくらいなの?ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。