外資系企業に転職するメリット・デメリットとは?|求人・転職エージェント

転職お役立ち情報

転職活動に役立つ様々な情報をご提供

外資系企業に転職する

メリット・

デメリットとは?

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

「外資系企業」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか?海外ドラマなどでその雰囲気の⼀端を感じることができる今、外資系企業で働いたことがなくても「外資系とはこういうもの」という想像をしやすくなりました。

しかしその分、根拠のない思い込みも増えているようです。「⽇本企業とは企業⾵⼟がまったく違う」「仕事ができなければ容赦なくクビにされる」「未経験者は求められていないのでは」「英語⼒にそれほど⾃信がない」といった不安から、転職先の選択肢に⼊れたいけど⼊れられないと悩むケースも少なくありません。

今⼀度「外資系企業」で働くメリットとデメリットを整理し、転職の可能性を探ってみましょう。

そもそも「外資系企業」って?

外資系企業とは、「外国の資本が⼊っている企業」のことです。資本の割合によって、経営が外資主導か⽇本主導かが決まります。まずは、資本の状態別に会社を分類してみましょう。

(1)100%外国資本
外資系企業の100%⼦会社もこれに含まれます。代表的な企業は、⽇本アイ・ビー・エムやインテル、⽇本マイクロソフトなどです。⽇本国内に本格的に進出し、⼤型の⼯場や研究所を有するものです。

(2)外国企業と⽇本企業の合弁会社
⽇本進出にあたって、⽇本企業とタッグを組むケースです。⽇本企業がすでに持っているネットワークを有効活⽤することで、スムーズに進出できるというメリットがあります。
合弁会社には外資⽐率が50%超、50%未満、または50%ずつの3つのパターンがあり、外資⽐率が半分以上の場合、かなり外国主導の経営だといえます。代表的な企業は、富⼠ゼロックス株式会社、⽇本マクドナルド株式会社などです。

(3)外国企業の買収による資本参加
グローバル競争に勝ち抜くために⽇本企業⾃らが傘下に⼊ることを選択した場合を含め、外国企業が⽇本企業を買収するケースです。経営陣の刷新や企業⾵⼟の改⾰などが⾏われるため、これまでとはまったく違う企業に⽣まれ変わったかのような印象を与えることがあります。⽇産⾃動⾞やシャープなどがこれにあたります。

(4)「⽀社」「⽀店」という形態での進出
⽇本で現地法⼈を設⽴するのではなく、あくまでもアジアにおける拠点のひとつとして⽀社や⽀店を出す形態です。⾦融機関や証券会社、コンサルティングファームなどに多く、有名どころではマッキンゼー・アンド・カンパニー⽇本⽀社やP&G Japanなどが挙げられます。

外資系企業と⼀⼝に⾔っても、資本状況や進出の形態によって、社⾵や戦略は⼤きく異なります。「⽇本の企業だと思っていたら外資系だった!」ということも珍しくありません。しっかり企業の資本をチェックし、⽅針や企業⾵⼟を確認してから応募しましょう。

外資系企業に転職するメリット・デメリット

実⼒主義、個⼈主義、年収が⾼い、仕事がきつい…。外資系企業に対して漠然と抱いているイメージを、メリットとデメリットに分けて確認してみましょう。

【外資系企業で働くメリット】

・給料がいい
外資系は年収を12分割する年俸制のところが多いため、⽉給制でボーナスがある企業と単純に⽐較はできませんが、⽉々の収⼊ベースでは外資系のほうが⾼い傾向があります。最近では、⽇本の慣習であるボーナスに合わせて年俸を14分割し、いわゆる「ボーナス⽉に」14分の2の給与を振り込むという企業も増えてきました。
スキルや経験に市場価値があると判断されれば、⾮常に⾼い年収を提⽰される場合もあるため、年収アップを⽬指して外資系に転職する⼈は多くいます。

・実⼒主義
外資系企業には、年功序列の概念がありません。会社に籍を置き、それなりに働いているだけでは評価されない「完全実⼒主義」を徹底しています。つまり、成果が出なければ減給・降格もあるが、やればやっただけ昇給・昇格が⾒込めるということです。きびしい世界ですが、 ⾃分の働きに⾒合った報酬や役職がほしい⼈には最適です。

・評価が平等
⽇本社会では、まだまだ男⼥の出世機会に差があるのが現状ですが、外資系では⼀切違いがありません。
実⼒に応じた正当な評価を求める、成⻑意欲が⾼い⼈にはうれしい環境です。

・ワークスタイルに縛りが少ない
服装はビジネスカジュアルで基本的に⾃由、勤務時間もフレックスという会社がほとんどです。社員の⾃主性を重んじる⾃由な雰囲気は、外資系の⼤きな魅⼒でしょう。

・オンとオフの切り替えがハッキリしている
どんなに忙しくても、休暇はしっかり取るのが外資系。「上司からの誘いは絶対」という⽂化もありませんので、業務時間外に「付き合い」でお酒の席に出たりゴルフをしたりする必要もありません。「仕事そのものが⽣活」になりがちな⽇本企業とは違い、「仕事は⽣活をするために必要なもの」と割り切って、プライベートを⼤切にしている傾向があります。

【外資系企業で働くデメリット】

・競争が激しく、常に成果を出し続けなければならないプレッシャーがある
メリットとして挙げた「実⼒主義」は、裏を返せば「常に成果を求められる」というデメリットにもなります。全員が上を⽬指してハイレベルな戦いを繰り広げていますので、気を抜けばすぐに追い抜かれてしまいます。⾒えないプレッシャーと戦い続けなければなりません。

・成果主義で収⼊が不安定
成果が収⼊に直結するため、今⼀つの成績が続くとガクンと収⼊が減ることもあります。特にインセンティブ制の企業などでは、不安定な収⼊がストレスになるかもしれません。

こうして⽐較してみると、メリットとデメリットは表裏⼀体であることがよくわかるのではないでしょうか。「実⼒主義」という事実がメリットになるかデメリットになるかは、「やりがいがある」と捉えるか「プレッシャーがきつくてつらい」と捉えるかの違いです。
⾃分にとってメリットが上回るかデメリットが上回るか、しっかりと⾒極めましょう。

外資系企業に転職するときの⼼構え

資本の⽐率によって差はありますが、外資系企業と⽇本企業の企業⾵⼟はまったく違うと思ったほうがいいでしょう。
相⼿を気遣った遠まわしな⾔い⽅が通じなかったり、役職に関係なくファーストネームで呼び合ったりと、これまで培ってきた経験や⽇本⼈の感覚が通⽤しない場⾯が多々あるはずです。
「郷に⼊っては郷に従え」ということわざがありますが、「こういうものか」と受け⼊れて積極的になじんでいくようにしましょう。

外資系転職の落とし⽳

外資系は給与が⾼く、社員の働きやすさを第⼀に考えてくれるイメージを持たれている⽅も多いかと思います。
しかし、福利厚⽣などの待遇⾯では、⽇本企業のほうが勝っている場合もあります。

在宅ワークの推進や資格取得の推奨といった点は⼿厚い外資系ですが、そもそも社内の関係性がドライなことが多いため、社員旅⾏や達成会といった社内コミュニケ―ションに関する部分は充実していません。

⼦育て⽀援制度なども⽇本独特の制度であることが多いため、福利厚⽣を重視している場合は転職前にじっくりと⽐較検討しましょう。

外資系への転職は「実態把握」から

外資系企業に転職を考えたら、まずは漠然としたイメージではなく「実態」を把握することが⼤切です。
ホームページや公開されている求⼈情報をチェックするのはもちろんですが、実際に働いている⼈に話を聞くことができれば、なお良いでしょう。
「外資系企業で働いている知り合いがいない」また「ある⼀社についてもっと詳しい情報が知りたい」というときは、転職エージェントの⼒を借りるのもおすすめです。外資系企業全体の動向から個別の情報、キャリアのアピールの仕⽅まで教えてもらえますので、まったくのゼロから外資系を⽬指す⼈には参考になるはずです。

また、必要な能⼒とそのレベルを知ることも忘れないようにしましょう。例えば、公⽤語が英語の企業では、業務に関する知識や能⼒に加え、当然ながら⾼い英語⼒が求められます。
しかし、おもな市場が⽇本である場合や、外国の資本⽐率が低い場合は、⼀般常識程度の英語⼒で可とされる場合も少なくありません。⼊社後に学ぶ意欲があれば採⽤してくれる企業もありますので、英語⼒に関しては「求められるレベルとの兼ね合い」がポイントになるでしょう。

転職活動の自己PRポイントと企業の気になる採用基準とはに関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。