化学メーカーのキャリアパスは?キャリアパスの考え方とコツ|求人・転職エージェント

更新日:2022/07/27

メーカー

化学メーカーのキャリアパスは?キャリアパスの考え方とコツ

maker_1184.jpg

この記事のまとめ

  • 化学メーカーのキャリアパスには自社で管理職を目指すほか、異業界のメーカーに転職してキャリアアップを図る方法などがある。
  • キャリアアップのためには、資格を取得して専門性を高めることが重要。
  • キャリアパスを練る際は、これまでの経験を振り返るとともに、周囲のアドバイスも参考にする。

転職を成功させるポイントは、前職の勤務経験が活かせる転職先を選ぶことです。しかし、化学メーカーは専門性の高い分野であるため、経験が活かせるキャリアには何があるのかがよく分からない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、化学メーカーのキャリアパスを6つ紹介します。キャリアアップのポイントやキャリアパスの練り方についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

目次

メーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェントメーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェント

化学メーカーのキャリアパスは?

maker_1184_1.jpg

化学メーカーで働いていて、将来のキャリアについて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。まずは化学メーカーで働き続ける場合のキャリアについて考えてみましょう。ここでは、化学メーカーのキャリアパスを紹介します。転職を検討する前に、ここで紹介するキャリアパスを参考にしてみてください。

管理職

化学メーカーのキャリアパスのひとつに、自社内で着実にステップアップを遂げて管理職を目指すルートがあります。一口に化学メーカーといっても研究・開発・製造・品質管理・営業など職種はさまざまですが、どの職種であっても基本的にリーダーや管理者という立場の人がいます。

管理職には、人に指示を出したり、マネジメントしたりする能力が求められます。また責任感やリーダーシップなども必要です。ひとつひとつの仕事を丁寧にこなし、評価を積み重ねて管理職を目指すとよいでしょう。

技術営業や商品開発など他部門で活躍

「製造から品質管理」「研究開発から企画」といったように、現在の部署・業種から他部門へ異動して活躍するのもひとつのキャリアパスです。部署を異動することで、自分のスキルや経験を広げられます。

別の部署で働く中で、新たなやりがいや達成感などを見いだせる可能性は十分にあります。また、あらゆるジャンルの職種に就くことで身につくさまざまな経験はほかの分野にも応用できるため、結果的にキャリアの構築に結びつくでしょう。

化学メーカーから異業種へ転職するキャリアも

maker_1184_2.jpg

化学メーカーからキャリアアップを図るためには、異業界への転職を検討するのもひとつの方策です。転職を有利に進めるためにも、化学メーカーで働いた経験が活かせる転職先を選びましょう。ここでは、化学メーカーから目指せる異業種の転職先を4つ紹介します。

異業界のメーカー

化学業界とは別業界のメーカーに転職するのもおすすめです。職種にもよりますが、化学メーカーにおける勤務経験は別業界のメーカーであっても活かせるケースが多く、転職しやすいといえます。

特に化学メーカーが扱っている中間財はさまざまな製品に使用されているため、志望先企業の製品とのつながりがあれば、製品知識があることをアピールできるでしょう。医療機器や食品、化粧品など、自分が勤めていた企業と関連のある転職先を選べば、転職に成功する確率を上げられます

化学系の専門商社

化学メーカーで働いて得た知識を活かし、化学系の専門商社で営業職として働くのもおすすめです。化学メーカー勤務だと基本的には自社製品しか扱いませんが、商社であれば多くの会社の商品を扱います。入社後は幅広い商品の知識を身につけなくてはいけません。

営業経験者であれば、すでに習得している営業のノウハウを活用できます。一方、初めて営業職に就く場合は、コミュニケーション能力や提案力が必要になる点に注意しましょう。

人材紹介会社

業務内容は大きく異なりますが、人材紹介会社へ転職するキャリアパスもあります。人材紹介会社は、採用したい企業と働きたい転職希望者をマッチングさせ、両者の雇用契約をサポートする仕事です。

人材紹介会社では「福祉」「製造業」「営業」といったように、専門領域が分けられているケースがあります。化学メーカーで働いた経験を活かし、化学領域を担当するキャリアコンサルタントとして働くのもよいでしょう。

コンサルティング会社

化学領域のコンサルティング会社への転職もひとつのキャリアパスです。コンサルタントはクライアントの抱えている悩みやニーズをヒアリングし、解決策を提示したりサポートしたりする仕事です。

実際に化学メーカーで働いた経験があるからこそ、より顧客に寄り添った提案ができるでしょう。コミュニケーション能力に自信のある方におすすめの転職先です。

化学メーカーでどのようにキャリアアップするか

maker_1184_3.jpg

化学メーカーでキャリアアップを実現するには、企業から重宝される人材になることが重要です。順調に経歴を高めていくためにも、より専門的な知識を深めるとともに、積極的なスキルの習得を心掛けましょう。ここでは、化学メーカーでキャリアアップするために重要なポイントを3つ解説します。

専門性を高める

キャリアアップするためには、専門性を高めることが大切です。高い技術や知識を持っている方は、社内のみならず転職市場においても重宝されます。

専門的な技術を身につけるためにおすすめの方法は、資格の取得です。資格を取得すれば、その分野に対して知識があることを客観的に証明できます。資格がなければ従事できない業務もあるため、より仕事の幅を広げられるでしょう。特に化学系の資格は専門性が高く、キャリアアップや転職で有利です。

経験値を増やす

キャリアアップとは、保有しているスキルや知識を活かしてキャリアを高めることです。単に技術や知識を身につけるだけでは、実際の業務で活かせなかったり、応用が利かなかったりするでしょう。しかし、経験値を増やすことで仕事を正確かつスムーズにこなせるようになります

知識や技術をインプットし、実際の業務へアウトプットして経験を積み重ねていきましょう。また新しい分野に挑戦すれば、さらに別の経験値が増えます。まずは専門的な知識や技術を身につけ、そこから経験を積み上げていくとよいでしょう。

業務遂行力を高める

業務遂行力とは、業務をやり遂げるために必要な能力のことです。業務遂行力の高い人材は企業でも重宝される傾向にあります。

業務遂行力を高めるためには、どうしたら仕事を効率化できるか、質の高い仕事をこなすにはどうすべきかを常に考えることが大切です。まずは日々の仕事の効率化を図るとともに、ひとつひとつの仕事の質を上げることを意識しましょう。

キャリアパスの練り方とコツ

maker_1184_4.jpg

いざキャリアパスを考えようと思っても、どのように練ったらよいのか分からない方も多いでしょう。キャリアパスは自分の今後の指針にもなるので、きちんとポイントを押さえて作成することが大切です。ここでは、キャリアパスの練り方とコツを4つ紹介します。

これまでの経験を振り返る

キャリアパスを考えるうえで、まずはこれまでの経験を振り返ることが大切です。どのような業務をして、どのようなスキルや経験が身についたのかを紙に書き出すなどして整理しましょう。そうすることで、自身の強みや弱みを再確認でき、どの道に進むべきかが定まっていきます。

どの仕事にも向き不向きはあるので、基本的には自分に合った仕事を見つけることがポイントです。しかし、この機会に自分のやりたい仕事、興味のある仕事に挑戦するのもよいでしょう。

自分なりの目標を決め、計画を立てる

自分の強みや弱みを整理できたら、目標を決めましょう。どのような仕事をしたいのか、将来何がしたいのかなど、できる限り明確にします。そしてその目標を達成するためには何が必要か、どのように行動すべきかを考えましょう。

計画は具体的に決めることが大切です。「2年後には必ず資格を取得して管理職になる」といったように、数字や日付を明確にすると成功像のイメージが湧きやすく、モチベーションの向上にもつながります。

一度立てたキャリアパスに固執しすぎないことも大切

キャリアパスは明確に決めるほうがよいとはいえ、固執しすぎないことも大切です。仕事環境は刻一刻と変化するものであり、自身がいま置かれている立ち位置も変わることがあります。しかし一度立てたキャリアパスにこだわりすぎると、自分のやりたいことや将来の可能性を狭めてしまうことになりかねません。

そのためキャリアパスは変わることを前提に考えましょう。1年後・3年後・5年後など、定期的にキャリアパスを見直すことも重要です。

周囲からのアドバイスも参考にする

キャリアパスは、周囲のアドバイスも参考に作成するとよいでしょう。客観的な意見を聞くことで、新たな発見に気づける可能性があります。

信頼できる上司や友人、家族などに相談する際は、自分が考えたキャリアパスを伝えると相手も理解しやすくなります。しかし、受けたアドバイスはあくまでも参考とし、最終的には自分で判断しましょう。周囲に相談しにくい場合は、キャリアのプロである転職エージェントのコンサルタントに相談するのもおすすめです。

まとめ

maker_1184_5.jpg

化学メーカーからのキャリアパスには、技術や経験を積み重ねて管理職を目指す方法や、化学メーカーの経験が活かせる異業種への転職といった道筋があります。自分のこれまでの経験や強みを整理したうえで、キャリアアップを図りましょう。

化学メーカーから転職したい方、これまでの経験が活かせる転職先を探している方は、ぜひマイナビメーカーエージェントにご相談ください。転職希望者に合ったおすすめの転職先をご紹介いたします。

メーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェントメーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェント

化学メーカーは、プラスチックや合成繊維、化粧品、医薬品など私たちの生活の基盤となる製品の素材を作っています。ものづくりの原点として興味がある方が多く、転職先としても人気が高まっています。この記事では、化学メーカーの基礎知識や現状の解説と、転職時に使える志望動機の書き方・例文を紹介します。

注目コンテンツ