面接のためにやっておきたい準備とは?当日にやることもチェック!|求人・転職エージェント

更新日:2020/07/30

転職全般

面接のためにやっておきたい準備とは?当日にやることもチェック!

key_prep_01.jpeg

シミュレーションや持ち物、服装の準備など、面接の前はやることが山積みです。準備しそびれていることや忘れていることがないか気になるという転職活動中の方のために、面接のためにやっておきたい準備をまとめてご紹介します。
加えて、面接当日にやるべきこともご紹介しますので、しっかり確認しておきましょう。

目次

面接前に行う4つの練習

面接当日にしっかりと自己アピールをするためには、事前の練習が欠かせません。
どんなことを聞かれるか想定してシミュレーションしたり伝えるべきことをまとめたりすることで、当日もスムーズに面接が進められるはずです。
その他にも、事前の練習で押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

1.伝えるべきことをまとめておく

志望動機や事業内容への意見など、面接で必ずといってもいいほど聞かれることは、伝えるべき内容を箇条書きなどにしてまとめておくとスムーズに話すことができます。
その他にも、これだけは伝えたいということは、簡潔にわかりやすく伝える練習をしておくことが大切です。

2.質問内容を想定する

面接で質問される内容は、企業や職種などによっても異なります。
できる範囲で想定しておくことで、答える内容や伝え方をあらかじめ考えることができるので、より自分らしい回答をすることができるでしょう。また、質問したいことなどもリストアップしておくと安心です。

3.緊張しても話せるように反復練習する

面接で緊張してもスムーズに話せるようにするには、何度も話す練習をすることが大切です。ビデオで撮影したり録音したりして、自分が話している様子を客観的に確認するのもおすすめです。

4.模擬面接をする

家族や友人に面接官役を担当してもらい、実際の面接のように模擬面接をしてもらうのも面接の練習に効果的です。
また、転職エージェントでは、模擬面接を行っています。エージェントによる模擬面接は、より本番に近い環境で練習できるのでおすすめです。

面接前日にやっておきたい3つのこと

練習などの事前準備も終わり、面接当日を少しでも安心して迎えるためには、前日の過ごし方が大切です。
ここでは、面接前日にやっておきたい3つのことについて説明します。前日にできることをきちんと行い、面接当日は余裕を持って過ごせるようにしましょう。

1.会場や時間などを確認する

まずは、面接会場の場所や受付開始時間などを、あらためて確認しておきましょう。
特に面接会場は、応募先企業の本社と場所が異なる場合がありますので、しっかりチェックしておくことが大切です。

2.行くまでの時間や経路を調べる

面接会場に行くまでにかかる時間や経路なども、事前に調べておきましょう。電車や公共機関の乗り換えがスムーズにできるかどうかや、遅延などが起きても別の行き方があるかどうかも調べておくと、もしものときに安心です。

3.ニュースを見る

面接で時事問題が話題に上がったときのために、テレビのニュースや新聞を見るようにしておきましょう。起きている事柄に対しての意見も述べられるようにしておくとベストです。

面接当日にできる3つのこと

面接当日は特別なことをやろうとせず、忘れ物などのチェックやこれまでやってきたことのおさらい程度にしておくほうが安心です。
急に新しい情報を頭に入れると気持ちが焦ってしまうこともあるので、落ち着いて行動することを心掛けましょう。

1.忘れ物がないか確認する

必要な書類や筆記用具、携帯電話、ティッシュやハンカチ、腕時計などは必ず持っておきましょう。他にも、ハンコなども使用する可能性があるので用意しておくと安心です。
また、女性は身だしなみを整えるために鏡やくし、予備のストッキングを持っておくと、天候で髪形が崩れたりストッキングが破れたりしても安心して面接に臨めます。モバイルバッテリーも携帯電話の充電がなくなったときに役立ちます。

2.ニュースをチェックする

前日の準備と同じですが、時事問題も状況が変化する可能性があるので、面接当日のニュースもしっかりチェックしておきましょう。
意見を述べる際に状況の変化や流れも併せて回答することで、日頃もしっかり社会情勢を把握していることをアピールすることができます。

3.企業情報を再確認する

面接の準備をしていると、肝心な企業情報などを忘れてしまっていることもあるかもしれません。また、面接時に質問したいことが思い浮かぶこともありますので、当日の朝や会場に向かうときに、あらためて企業情報を確認しましょう。

面接が終わったらやりたい2つのこと

無事面接が終わったら、後は結果を待つだけです。
しかし、解放的な気分になる前に、面接のお礼のメールや振り返りも忘れずに行いましょう。面接の振り返りをしっかりしておくことで、次の段階に進んだときや採用後の面談などの役に立つはずです。

1.お礼のメールを送る

面接後のお礼のメールが採用の可否に影響することはありませんが、感謝の気持ちを述べることは大切です。
お礼を伝えておくとともに、今後の流れや面接で聞き忘れてしまったことなどを確認してもいいでしょう。

2.面接を振り返る

面接での対応や質問内容などを思い返し、改善点がないかどうか考えたり、新たに気付いたことがないかを振り返ったりするのも有意義な過ごし方です。
今後の仕事や受け答えをする際に役立つ場合もありますので、しっかりと復習しておきましょう。

しっかり準備して安心して面接当日を迎えよう

面接のための準備の方法や、しておきたいことをご紹介しました。
落ち着いて自分の実力を発揮するためには、事前の準備は欠かせません。小さな心掛けや積み重ねが当日の心の余裕にも影響するので、十分に自信を持てるようにしっかり準備をしておきましょう。

マイナビエージェントでは、転職のプロであるキャリアアドバイザーが、想定される面接での質問など、面接に役立つ情報を提供しています。また、面接に自信がない方は、キャリアアドバイザーが面接官役となり、模擬面接を行うことも可能です。面接対策にも、マイナビエージェントをご活用ください。

執筆・編集

鈴木 翔大

株式会社マイナビ所属。新卒入社した広告会社にて営業経験を積んだ後、人事として新卒・中途採用、研修を担当。その後マイナビに入社し、企業担当として幅広い企業と取引実績を残し、現在はキャリアアドバイザーとして様々な職種の転職支援を行う。営業職、設計職、ITエンジニアなど幅広い業界知識を活かした支援が出来ることが強み。

SNSシェア

注目コンテンツ