希望が通りやすくなる企業との調整|求人・転職エージェント

更新日:2022/05/19

転職全般

希望が通りやすくなる企業との調整

pixta_88355818_L (1).jpg

転職活動では、応募先企業と面接日のスケジュール調整や入社日の調整、給料などの条件面の調整は避けては通れません。しかし、これからお世話になるかもしれない企業にわがままを言ったら心証が悪くなるのではないだろうかと遠慮してしまい、自分の希望を伝えられない人も中にはいるようです。

マイナビエージェントでは、求職者様の本音に寄り添い、転職先企業と交渉を行って、可能な限り希望を叶えるお手伝いをいたします
ここでは、企業との調整について、よくあるお悩みとマイナビエージェントによる解決方法をご紹介いたします。

目次

よくあるお悩み

求職者様にとって応募先企業との調整は悩みの種です。
調整する内容とそれによる悩みは主に以下の3つになります。

  • 面接日の調整
  • 「仕事中に応募先企業から連絡が来て、現職の同僚にばれそうになった」「面接に行くのに難しい時間ばかりが候補日時として打診されてしまった」といった悩み。
  • 給与など条件の調整
  • 望んで転職する以上、無理は言えないけれど、年収ダウンは避けたいといった悩み。
  • 入社日の調整
  • 現在の職場の調整期間を考慮してほしいといった悩み。

こうした希望を、転職先企業はどのくらい受け入れてくれるものなのでしょうか。

マイナビエージェントで解決!

pixta_31666008_L (1).jpgマイナビエージェントをご利用いただければ、企業との連絡はすべて代行しますので、求職者様は応募先企業と直接やりとりすることはなくなります。
なお、実際に企業との連絡を担うのは、マイナビエージェントの「リクルーティングアドバイザー」です。

リクルーティングアドバイザーは、求職者様と向き合うキャリアアドバイザーと密接に連絡をとりながら、企業に求職者様の希望を伝えます
また、マイナビエージェントを通して企業に希望を伝えることになりますので、心証が悪くなる心配は無用です。

面接日の調整

企業側も、求職者の皆様が平日の日中に動きにくいことはよくわかっています。
ただし、人事担当者としては、自分の職務時間内に仕事をせざるをえません。

そこでリクルーティングアドバイザーは、求職者様、企業、双方の希望を聞いて、ベストなタイミングでの面接を実現させます。

給与など条件の調整

リクルーティングアドバイザーは、求職者様の希望が叶うよう、応募先企業の採用担当者と話し合います。ただし、単純に年収を上げることがいいのかどうかは、別の話です。

実力以上のランクの給料を得て転職してしまうと、それに見合ったパフォーマンスを要求され、苦しい思いをする可能性があるでしょう。
逆に、求職者様に実力があるのに、現在の企業でそれに見合う給料を得ていない場合は、大いに交渉の余地があります。

入社日の調整

内定通知から入社まで、どの程度待ってくれるのかは企業によって異なります。
3、4ヵ月待ってくれる場合もありますし、1ヵ月以上は待てないという企業もあります。

マイナビエージェントでは、各企業が「どれくらい待てるのか」という情報を収集する一方で、現在の企業との退職交渉のフォローも行います
現職をすぐに辞めることができず、内定をもらった企業に入社できなかったということにならないよう、しっかりとサポートいたします。

面接の日程調整メールは、書類選考を通過した後ということもあり、気が抜けてしまう方もいるでしょう。しかし、日程調整メールの内容によっては評価が下がり、面接が不利になる恐れもあります。そこで今回は、面接の日程調整メールにおけるビジネスマナーをまとめました。希望の面接候補日を送るケースや、指定面接日を変更してもらいたいケースなど、状況別のメール例文もご紹介しています。失礼のない日程調整メールを作り、ビジネスマナーを理解している人材だと示しましょう。

リクルーティングアドバイザーの役割とアドバイス

pixta_72697258_L (1).jpgここまで、企業との調整についてリクルーティングアドバイザーの役割をご紹介してきましたが、リクルーティングアドバイザーが行うのは企業との調整だけではありません

リクルーティングアドバイザーは、キャリアアドバイザーと求職者様の希望を理解し適性を考えた上で、企業に対して「求人は出ていないが、この人がこのポジションに入ったらおもしろいのではないか」という提案を行うこともあります。この提案を企業が受け入れられ、内定までつながったケースも少なくありません。

日常的に多くの企業を訪問し、人事担当者と意見を交換したり、採用に関する会議に出席して提案したりすることもあるリクルーティングアドバイザー。
マイナビエージェントでは、企業側の状況を熟知しているリクルーティングアドバイザーが、転職者の希望を受け止めるキャリアアドバイザーと連携し、適切な情報を提供しています

ここでは、マイナビエージェントの現役リクルーティングアドバイザーから、転職に役立つアドバイスをご紹介します。

アドバイス1.求人マーケットが熱くなっている今が「動き時」

このページをご覧になっている人の中には、転職をしようかどうか迷っている人も多いことでしょう。結論からいえば、求人マーケットが熱くなっている今が「動き時」です。

これまで、ほとんど中途採用をしなかった人気企業が、10年ぶりに本格採用を行うというようなことも起きています。転職するならこの求人マーケットが熱くなっている今がチャンスといえるでしょう。
将来的に、現在の会社でキャリアのイメージを描くことが難しいと考えている人は、このタイミングで転職を考えてみてはいかがでしょうか。

アドバイス2.転職するなら「非公開求人」も確認したほうがいい

就職情報誌や求人サイトには、多くの求人情報があります。
これだけあれば十分と考える人もいるかもしれませんが、マイナビエージェントには、就職情報誌や求人サイトには公開されていない「非公開求人」の情報があります

非公開求人には、企業が競合他社などには気付かれたくない新規プロジェクトの重要なポジションや、応募が集まりすぎることを避けたい人気企業や大手企業の求人があります。
これらの情報には、転職エージェントを通じてしか接触することができないのです。

アドバイス3.ベストマッチングを実現しているマイナビエージェントをご利用ください

マイナビエージェントは、求職者様と向き合うキャリアアドバイザー、企業と向き合うリクルーティングアドバイザーが密接に連携し、求職者様と企業がWin-Winの関係となるベストなマッチングを実現しているからこそ、双方からの高い評価を得ています。

転職を思い立ったら、ぜひマイナビエージェントにご相談ください

SNSシェア

注目コンテンツ