履歴書に書くのは年号(和暦)?西暦?「年」の書き方を解説|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書に書くのは
年号(和暦)?西暦?
「年」の書き方を解説します

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書は、自身の経歴を知ってもらうための大切な書類です。丁寧に書くことはもちろん、ルールやマナーに則って、正確に書くことも重要なポイントです。
その中で、学歴や職歴などの「年」は、年号(和暦)と西暦どちらを使うべきなのか悩む方も多いのではないでしょうか。
「年号を書かないと失礼にあたる?」「たくさん書くので省略しても問題はない?」など、履歴書における「年」の書き方を解説します。

年号か西暦のどちらかに統一して書く

履歴書に年を書く場合、年号と西暦のどちらかを使わなくてはいけないという決まりはありません。しかし、1枚の履歴書の中で、年号と西暦を混ぜて使ってはいけません。
自分でどちらかを選んで、履歴書の中で統一して書きましょう。

  • 略称はNG

    年号を使用する場合に、昭和を「S」、平成を「H」などと、アルファベットを使って省略することはマナー違反です。
    履歴書は、情報を見るだけではなく、正しく作成できているかも審査のポイントとなります。
    年号だけでなく、資格名や企業名なども、省略せずに正式名称で書きましょう。

  • 年号の初年は「元年」

    年号を使用する場合、初年は「1年」ではなく「元年」と表記します。

履歴書で年を書く主な箇所

履歴書で年を書く箇所は、主に以下の4つが挙げられます。

  • 1.履歴書の記入日
  • 2.生年月日
  • 3.学歴
  • 4.職歴

学歴や職歴は、複数行にわたって書くことになる項目ですので省略しがちですが、正式名称で書きましょう。
他にも、本人希望欄や志望動機欄など、フリースペースに年を書くことがあるかもしれません。
上記4ヵ所で書いた年号、または西暦に合わせて書くようにしましょう。

年号や西暦の数字を調べる3つの方法

学歴や職歴を書くときに、卒業は何年だったか、年号は昭和か平成かなどが、とっさに出てこない場合もあるかと思います。ここで、年号や西暦の数字を調べる、3つの方法をご紹介します。
あらかじめ想定される項目の年号や西暦をメモなどに書き出してから、履歴書に書いていきましょう。

1.早見表でチェック

最も簡単な方法は、西暦と年号が一覧になっている早見表をチェックすることです。
早見表は、履歴書の用紙に同封されていることがありますので、確認してみましょう。

2.インターネット上の計算式を利用する

インターネットで西暦と年号の自動計算表が公開されていますので、簡単に調べることができます。
早見表が手元にない場合は「学歴 計算」などで検索してみましょう。
調べた後は、紙に年齢と年を書き出しておくと、履歴書に書き写すときに間違いを防げます。

3.年号と西暦の変換方法

年号と西暦の変換方法を覚えておけば、どちらの年を使う場合でも簡単に計算できます。
なお、西暦から年号を算出したい場合は、逆の計算を行います。

  • 昭和の場合

    年数に25を足した数字が西暦の下2桁になります。

    例)
    昭和61年
    61+25=86→西暦1986年

  • 平成の場合

    年数から12を引いた数字が西暦の下2桁になります。

    例)
    平成31年
    31-12=19→西暦2019年

    平成11年以前は12を引いて出た数字を、2000から引きます。

    例)
    平成10年
    10-12=-2→2000-2=1998→西暦1998年

  • 令和の場合

    年数に18を足した数字が西暦の下2桁になります。

    例)令和元年
    1+18=19→西暦2019年

年月日を書くときの3つの注意点

履歴書の年に関して、年号か西暦のどちらかに統一すること以外にもマナーはあります。
次の3点に注意して書くようにしましょう。

1.スラッシュ(/)を使わない

省略を意味する記号を使用してはいけません。
日付などを書く際には、「20XX/X/XX」などのようにスラッシュ「/」を使用せず、20XX年X月XX日と正確に書きましょう。

2.繰り返しの表現(〃)を使わない

年や社名などが繰り返しになる場合も、繰り返しの記号「〃」を使ってはいけません。
省略して書くことはマナー違反であり、すなわち常識がないと判断される可能性もあります。
また、履歴書の空欄が多く見えることから、やる気がない印象を与えかねませんので、使わないようにしましょう。

3.書き方の指定に従う

募集要項に、年の書き方について指定がある場合はそれに従いましょう。

年号や西暦を正しく調べて経歴を完成させよう

年号は、日本の年代につけられる紀年法の一種です。和暦ともいい、正式には「元号」という称号になります。2019年に改元され、平成から令和になったことで、日本に年号が残っていることが世界的にも珍しいと話題になりました。
西暦は世界的に浸透した紀年法ですので、今後も変わることなく使われ続けるでしょう。
伝統的な年号を使うか、わかりやすい西暦を使うかは、応募する会社からの指定がない限り、個人の自由です。
どちらかを選んで統一し、自身の経歴に関わる正しい年をメモしてから、履歴書に書きましょう。

 関連ページ

履歴書に書くのは年号(和暦)?西暦?「年」の書き方を解説に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。