履歴書は修正できる?書き間違えないようにするためのポイントとは|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書は修正できる?
書き間違えないようにするための対処法

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書は採用の可否を決めるための、判断材料となる書類です。応募に必要な情報を正確かつ丁寧に書くことが最も大切ですので、作成時は緊張すると思います。
手書きで作成する場合、書き間違えてしまうことがあると思いますが、そのときはどう対処すれば良いでしょうか。
ここでは、履歴書の修正に関することや、書き間違えないようにするための対処法をご紹介します。

履歴書は修正しないほうが良い

履歴書は、自身の個人情報や経歴などを証明する重要な書類です。
内容に偽りや詐称がないことを証明するためにも、修正を行うことは好ましくなく、履歴書を受け取る企業側からも良い印象は持たれません。
提出後に他の人が書き換えられないようにするためにも、修正された履歴書は、正式な書類とみなさない場合があります。

書き間違えたときは全て書き直す

万が一、履歴書を書き間違えてしまったときは、原則として書き直すことがマナーです。
履歴書を書き直さなくてはいけない理由や、書き直す時間がないときの対処法を紹介します。

履歴書は正式なビジネス書類

履歴書はビジネス書類のひとつです。
間違いのない、完璧な書類を作成して相手方に渡すことは、正しいビジネスマナーといえます。
たった一文字の間違いで全てを書き直すなんて面倒だと思われるかもしれませんが、履歴書にミスや修正があると、仕事でも同じように正式文書への扱いを軽んじるのではないか、雑な仕事をするのではないかと判断される可能性があります。
誤字脱字がないように丁寧に書くことはもちろん、情報の相違などにも十分に気を付けましょう。
大切な書類であることを十分に理解していれば、誤りのない状態で提出することがマナーだと理解できるのではないでしょうか。

どうしても書き直しができないときは二重線と訂正印

履歴書の間違いを見つけてしまったけれど、どうしても書き直す時間がないときは、二重線を引き、訂正印を押して訂正します。
二重線を引くときは定規を使ってまっすぐ引き、二重線にかかる位置に押印します。そして、修正内容を間違えた項目の上や下に書きましょう。
しかし、二重線と訂正印がある書類は見た目も悪く、印象もあまり良くありません。そのため、間違いが複数箇所にわたる場合は採用担当者に相談し、できれば書き直したほうが良いでしょう。

知っておきたい履歴書を書くときの2つのNG例

履歴書の作成時には様々なマナーがありますが、ここでは書くときの心得として、2つのNG例をご紹介します。

1.消せるボールペンは使わない

履歴書を書くときは、消せないボールペンで書きましょう。
近年、大変便利なため流行している消せるボールペンは、摩擦熱で書いた文字を消せることが特徴ですが、簡単に修正することができるため正式文書には使用できません。先述のとおり、履歴書が改ざんされていないと証明するためにも、通常の消せないボールペンを使いましょう。
同じく、消すことができる鉛筆やシャープペンシルも使えません。また、水性ペンや万年筆はにじんでしまう可能性があるため、速乾性のある油性ボールペンやゲルインキボールペンが適しています。

2.修正液や修正テープは使わない

手軽に修正することができる修正液や修正テープは、一見、修正した跡がわかりにくくなるように思えますが、凹凸が目立って汚く見えてしまいます。
そもそも、履歴書の修正が好ましくないことを考えても、履歴書には使用しないほうが良いでしょう。

履歴書を書き間違えないための2つの工夫

どれだけ慎重に書いていても、書き間違えてしまうことはあるでしょう。
たった一文字でも全て書き直しになってしまいますので、書き間違えないための工夫をしておくことが大切です。
下書きをしたり見本を作ったり、書き間違いを防ぐためにできる工夫をご紹介します。

1.鉛筆などで下書きをする

最も簡単な方法は、鉛筆などで下書きをしておくことです。
濃い鉛筆や筆圧によっては跡が残ってしまうこともありますので、薄く書くのがコツです。
ボールペンで上書きした後は、しっかりインクが乾いてから消しゴムで消すようにしましょう。

2.見本を作っておく

履歴書の見本を作っておくこともおすすめです。
特に、志望動機など、考えをまとめる項目は書き間違いも起こりやすいものです。
見本を作っておくことでスムーズに書けるだけでなく、書き間違い防止も期待できます。

送付後に間違いに気付いたときは?

メールや郵送で履歴書を送った後、「年」を間違えるなど事実と異なる記載をしてしまった場合は、電話やメールでミスがあったことをすぐに申告しましょう。
誤った履歴書を提出してしまった事実を消すことはできませんが、自分から申告することで誠意を受け取ってもらえる可能性があります。
また、書き直しを指示された場合には、すみやかに対応しましょう。その際は、お詫びとお礼を忘れずに伝えるようにしてください。

美しい履歴書でやる気をアピールしよう

履歴書は、採用への大切な一歩となる書類です。丁寧に美しく書かれた履歴書と誤字脱字がある履歴書、比べた場合に「一緒に働きたい」と感じるのがどちらかは、一目瞭然です。
職歴やスキルなど、履歴書に書く内容だけでなく、書き方からも仕事への意欲や能力をアピールできるよう、ミスのない完璧な履歴書を作成して提出しましょう。

 関連ページ

履歴書は修正できる?書き間違えないようにするためのポイントとはに関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。