履履歴書失敗談~Aさんの場合~|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書失敗談
~Aさんの場合~

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

転職活動に欠かせない履歴書ですが、Aさんは文章を書くことに苦手意識があり、うまく志望動機などをまとめることができません。そのため、Aさんは転職サイトの例文を参考にしようと思い立ちます。そのおかげで履歴書は恥ずかしくない内容に仕上がったようですが、その後の面接では思いがけず苦労することになったようです。実際にAさんが体験した履歴書失敗談をご紹介します。

文章を書くのがとにかく苦手…

私は昔から文章を書くのが苦手で、人より時間のかかるタイプです。そのため転職活動で提出する履歴書は本当に困りました。特に悩んだのが志望動機です。

学歴や職歴は特に問題はないでしょうし、必要な資格も取っていたつもりだったので、志望動機などは適当に書いておけばいいと思っていた節もあります。正直、履歴書を一枚一枚、担当者がちゃんと目を通しているとは思えなかったですし、自分で一生懸命考えたところで、みんな似通った内容なんだろうな、と甘く見ていました。

そのようなとき、インターネットで検索していたら、商社なら商社向け、金融なら金融向け、といったように志望動機の例文をまとめたホームページがありました。その情報を参考にしながら、自分なりに書き換えてみようと思いましたが、やっぱり筆が進みません!結局、どうせバレないだろう、と思い、まるまる例文をコピーして自分の履歴書で使わせてもらうことにしました。そのおかげで本当にお手本のような履歴書ができたと喜んでいました。

面接で志望動機を突っ込まれ四苦八苦

その後、無事に書類選考は通り、面接を受けることになりました。面接対策のマニュアルは熟読していたので、落ち着いて受けられれば大丈夫と思っていました。職歴や資格についての質問は特に問題はなかったですし、退職理由も慌てず、マニュアルに示されていた内容で無難に答えられたと思います。

しかし一番、担当者が聞きたかったのは「志望動機」だったようです。履歴書に書いた内容があたりさわりなく、他の会社でも通じる内容だったことから「どうしてわが社なのか?」という点を突っ込まれました。

その点は、面接前に会社の特徴を頭に入れていたので、何とか切り抜けられた気がします。しかし履歴書の志望動機に何気なく書いていた「戦力になれるよう努力いたします」という文言に対し、具体的に何ができそうか、どのような努力をしているか、また掘り下げて聞かれました。

おそらく担当者は、私が転職対策の例文を真似て志望動機を書いていることを見抜いていたのでしょう。思いつく言葉を並べて質問に答えましたが、本来なら一番、熱意を込めて伝えるべき志望動機があいまいになっていたかもしれません。

いくら文章を書くのが苦手でも、履歴書に書く、という行為を通じて、自分自身がもっと志望動機について向き合うべきでした。下手なりに、自分の言葉で書いた方が気持ちは伝わったかもしれません。書きたいことが見つからなかった、ということは、それほど自分にも熱意がなかった、とみなされて当然です。

結局、面接では不採用となりました。履歴書を甘くみて、他人の言葉を借りて書いた私の責任だと思います。

まとめ

志望動機は働きたい意欲を示す大事な項目です。例文を丸々コピー&ペーストするだけではなく、自分の言葉で、オリジナリティーのある内容にした方が採用担当者の印象に残ります。書き方が分からない、文章が苦手、というときはマイナビエージェントに相談し、適切な内容で作成しましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

履歴書失敗談~Aさんの場合~に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。