業界別履歴書の書き方~商社編|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

業界別履歴書の書き方
-商社編-

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

商社への転職を成功させるには、履歴書の内容を充実させ、採用担当者の印象をよくする必要があります。基本的には他の業界へ転職するときと履歴書の書き方に変わりはありませんが、商社だからこそ意識しておきたいポイントをまとめました。

商社を志望するときに用意したい履歴書のポイント

履歴書を手書きかパソコンで作成するかについて決まりはありませんが、どちらでも良いなら手書きにしておく方が無難だというのが定説です。商社に提出する履歴書が手書きでなければいけない、ということはありませんが、別に添える職務経歴書はパソコンで作成するにしても、履歴書の内容は手書きにした方が採用担当者にとっては印象が良くなるようです。

その他の書き方については、一般的な履歴書の原則に従って記載すれば問題ないでしょう。

商社志望で履歴書に書くと優位になる資格とは

商社ではグローバルに活躍できる人材が重宝され、語学力は大きなPR材料となります。英語ならTOEICで最低でも700点台、できれば800程度のスコアを目安としている企業が多いようです。中には900点を要求するような企業もあります。他にもスペイン語や中国語など、取引企業に応じた第二外国語ができると強いでしょう。

また、一般的な会計知識を身に付けていることを証明するには「日商簿記2級」を取得していると有利です。同様に、基本的な法的知識が身に付いていることは「ビジネス実務法務検定」に合格しておくことでアピールできます。

その他、WordやExcel、PowerPointなどMicrosoft Office製品の操作スキルを証明する国際資格「MOS」などでIT系のスキルをアピールするのもおすすめです。

履歴書で重視したい志望動機の内容

志望動機にはなぜ商社の仕事に就きたいのか、なぜこの会社を選んだのか、という理由をはっきり書くようにしましょう。商社と一言に言っても、様々なジャンルの商品を扱っている「総合商社」と、特定の商品に特化している「専門商社」に分かれます。応募する会社がどのようなビジネスを行っているのか、しっかりリサーチしたうえで、その会社の強みや将来性に言及した志望動機にすると説得力が高まるでしょう。

例えば専門商社の場合は、その会社が取り扱っている商品についてどこまで理解しているか、その分野で何を成し遂げたいのか、といったところまで深く考えておく必要があります。さらに同業他社がある中で「なぜその会社を選んだのか」を明らかにするために、会社の強みや経営戦略、方針などについても触れましょう。

一般的に商社では体育会出身者のようなガッツがあってタフな人材や、英語が堪能な人材が求められると考えられていますが、まず重視されているのはコミュニケーション能力です。志望動機の中で「信頼関係を築いていきたい」、「人と人との関わりを大切にしていきたい」、「お客様のニーズに応えたい」など人脈や人付き合いを大事にする姿勢を打ち出すと良いでしょう。

まとめ

人気の高い商社へ転職を希望するときは、履歴書の内容でも第一印象が左右されます。この内容で大丈夫か、不安に思ったときはマイナビエージェントに相談するのもおすすめです。ポイントを確実に押さえた履歴書を用意して、後悔のない転職活動を進めましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

業種別履歴書の書き方・考え方に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。