履歴書の「通勤時間」の正しい書き方とは?記入が必要な理由と遠方の場合の工夫|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書の通勤時間の書き方とは?
記入が必要な理由と
遠方の場合の工夫

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書には、自宅から勤務先までの通勤にかかる所要時間や、使用する路線などを書く欄があります。
この通勤時間欄に書かれた情報を基に、通勤環境が採用条件に適しているかを採用担当者は判断しますので、わかりやすく正しい情報を書くようにしましょう。
ここでは、通勤時間欄の書き方のポイントや、履歴書にて通勤時間の記入が必要な理由などについて解説します。

通勤時間の書き方 5つのポイント

履歴書の通勤時間を書くときには、片道の最短時間や公共の交通機関を優先して書くなど、様々な約束事があります。
そこで、通勤時間を記入する上で基本となる、5つのポイントについて解説します。

ポイント1.片道の最短時間を書く

通勤にかかる時間は、往復ではなく片道の最短時間で記入しましょう。
この場合の時間は、自宅から勤務先まで、ドア・ツー・ドアの所用時間です。
勤務地の最寄り駅から勤務先まで実際に歩いたことがなくても、Google マップなどの地図アプリなどを使って、自宅から勤務地までの経路時間を調べることができます。
複数の路線による通勤方法がいくつかある場合でも、その中から最短時間の路線を選びます。

また、会社によっては、時間ではなく運賃が最も安い通勤経路を記入するよう指定しているところもあります。
一般的に、特急料金や有料道路の通行料金が発生する通勤手段は認めていない会社が多いですので、調べる際には、たとえ最短時間のルートであっても、別途費用がかかる経路は候補から外してください。

ポイント2.通勤時間は正確に、5分単位にまとめて書く

会社によっては通勤時間の情報が、住宅手当の支給や、社宅・寮への入居対象になるかなどの判断材料になります。そのため、「だいたいこれくらいだろう」という想像で書いてはいけません。
たとえ利用したことがある路線であっても、インターネットなどで通勤時間を調べましょう。
ただし、会社が知りたいのは、通勤時間の概算です。正確な情報が必要だとしても、1分単位ではなく5分単位で記載します。たとえば、通勤時間の合計が「38分」とわかった場合は「40分」として記載します。

ポイント3.通勤手段は公共の交通機関を優先して書く

通勤時間の記入欄が広い場合、利用する通勤手段を書いておくと、より丁寧な印象を与えることができます。
「約1時間20分(JR、地下鉄)」「約50分(バス、電車)」などです。
もし、自転車や自家用車での通勤を考えていたとしても、電車やバスなどの公共交通機関を使った通勤手段を書きましょう。
自転車やバイク、自家用車などは、交通事故に遭う確率が高いため、万一の場合に企業側の評価に影響しかねません。
企業によっては、公共交通機関以外での通勤を認めていない場合があります。公共交通機関による通勤手段を書いておき、面接の際に自転車などによる通勤が可能か確認をしてみましょう。

もし、自家用車やバイクでの通勤が認められていて、自身も利用するつもりであれば、通勤時間欄に「約◯◯分(自転車通勤の場合)」などと補足しておきましょう。
なお、車は「自家用車」バイクは「自動二輪車」原付は「原動機付自転車」など、正式名称で書きます。

ポイント4.複数のルートがある場合は経路を書く

通勤時間は最短時間を書きますが、その経路が複数ある場合にどの経路を選んだのか、書き添えておくとより丁寧です。
「△△線●●駅→◎◎線□□駅→××線◯◯駅を利用の場合」など、通勤時間欄や本人希望欄に記載します。

ポイント5.空欄を作らない

通勤時間欄に「  時間  分」とあらかじめ印字されていて、通勤時間がちょうど1時間だったり、1時間以内だったりするときは、それぞれ「約1時間00分」「約0時間45分」などと書きます。
空欄があると記入漏れなのかがわからないため、0を書いて書き忘れではないことを示します。

通勤時間の記入が必要な理由

履歴書の通勤時間欄は、必須項目として書くことになっています。
これは、採用担当者が通勤時間欄を見て、「距離が遠すぎないか」を確認するからです。
通勤時間がかかりすぎると、採用した場合に本人がつらいだけでなく、会社も通勤交通費を多く負担することになりかねません。つまり、応募者への配慮や企業側のコストを考えるための判断材料としているのです。
また、社宅や事業所が複数あるような企業の場合は、それらを検討するために、通勤時間を確認する場合もあります。

通勤時間が長い場合はプラス要素を補足する

一般論として、通勤圏内は90分以内が理想といわれています。
前述のとおり、通勤時間が長すぎると、「通勤によって体力を消耗してしまい、仕事のパフォーマンスに影響しかねないこと」や「会社側のコスト的な負担が増えること」などから、採用の懸念材料となる可能性があります。
そのため、通勤時間が長い方は、下記のようなマイナス要素を補うアピールポイントを書き添えましょう。
面接などで履歴書の内容に補足して、言葉で伝えることも大切です。

体力的に問題がないことをアピールする

通勤時間が長めであっても、業務に支障をきたさないことや、以前も同じ通勤時間で勤務したことがあるなど、時間の長さが問題ないことを積極的にアピールしましょう。

残業ができることを伝える

距離が遠い場合は、残業がしにくいイメージが想定されるため、採用面でネガティブなイメージを持たれてしまう可能性があります。
可能であれば、残業ができることを伝えるだけでなく、具体的に終電が何時までか、何時までは対応できるのかなどを伝えておくといいでしょう。

転居を予定していることを伝える

すでに転居予定がある場合は、履歴書に書くだけでなく、そのことも面接で伝えましょう。
転居予定がない場合でも、採用されたら近くに転居するつもりであるなど、「この会社で働きたい」という熱意を伝えることが大切です。

入社後に転居を予定している場合の書き方

勤務地が遠方にある企業の求人へ応募するとき、入社後に転居を予定している場合もあるでしょう。
または、単に引越しを予定している場合も、履歴書へ記載する必要があります。
履歴書には、本人の希望を記入する「本人希望欄」が設けられているため、入社後に転居を予定している場合はそこに書きましょう。
ここでは、転居先が未定の場合と、すでに決まっている場合の書き方をご紹介します。

転居先が未定のとき

転居先が未定のときは、下記のように記載します。

例)

内定後は通勤可能な範囲に転居を予定しています
通勤30分以内のエリアへの引越しを予定しています

転居先が決まっているとき

いつ転居するのかを記載します。新住所および、通勤経路や通勤時間も書きましょう。

例)

◯月に下記へ転居予定です。その場合の通勤時間は下記のとおりです。
(新住所)/通勤時間:約◯時間◯分/◯◯駅→△△駅

勤務地が複数ある場合は希望勤務地を書く

応募先の企業に事業所が複数あり、どの勤務地になるのか自分では判断できない場合があります。
その場合は、自身が希望する勤務地までの所要時間を書くようにしましょう。

例)

JR△△駅 約1時間20分(◯◯支店までの通勤時間)

会社の条件と自身の希望が合致した場合、その場所で働くことができる可能性が高まります。
記入した場所以外での勤務も可能な場合は、面接の際に補足しておくと良いでしょう。

通勤時間は採用の判断材料になる

他の応募者と評価が同等だった場合、通勤時間が採用の合否を左右することも十分ありえます。
だからといって、本来かかる時間より短く書くような不正を行わないようにしましょう。
公共交通機関を利用した場合の、片道の最短時間を5分単位で書く、通勤時間が長めの場合は問題ないことをアピールする、転居の予定があればきちんと情報を載せるなど、採用担当者に不安を感じさせない書き方を心掛けてください。

 関連ページ

履歴書の「通勤時間」の正しい書き方とは?記入が必要な理由と遠方の場合の工夫に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。