履歴書は手書き?パソコン作成?それぞれのメリット・デメリット|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書は手書き?
パソコン作成?
それぞれのメリット・デメリット

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書は手書きでもパソコンでも作成することが可能ですが、どちらで作成するべきか迷うという方もいるでしょう。
ここでは、手書きとパソコンで履歴書を作る、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。また、履歴書をパソコンで作成・送付する際に、気を付けたい点についても解説します。

履歴書をパソコンで作成するメリット・デメリット

まずは、履歴書をパソコン、または手書きで作成する際の、メリットとデメリットをご紹介します。

<パソコンで作成するメリット>
パソコンで履歴書を作成するメリットは、調整することで他の企業にも転用できるため、手書きの履歴書に比べ、作成時間が少なくて済むことです。
また、文字が読みやすく、美しく整った履歴書を提出することで、パソコンスキルを証明することもできます。

<パソコンで作成するデメリット>
手書きを良しとする企業では、評価が低くなる可能性があります。

<手書きで作成するメリット>
手書きの履歴書のメリットは、美しい文字を書ける方であれば、アピールポイントとなります。

<手書きで作成するデメリット>
字が下手だと、文章が読みにくい場合があることと、書き損じたらまた最初から書き直さなくてはならず、作成に時間がかかることがデメリットです。
また、パソコンスキルを重視する企業などでは、評価が低くなる場合もあります。

手書きとパソコンどっちが好印象?採用担当者の目線

履歴書を手書きで作成するか、パソコンで作成するかによって、採用結果が変わることは基本的にないとされています。しかし、企業や採用担当者によっては、手書き、またはパソコンいずれかによる作成が好印象となるケースもあります。いくつかのケースを見ていきましょう。

企業側が指定している場合

「手書きの履歴書を郵送」や「パソコンで作成した履歴書と職務経歴書を送信」など、企業側が手書きかパソコンかを指定している場合があります。このようなときは、企業の指示に従った方法で履歴書を作成しましょう。
また、「パソコン作成を推奨」などと書かれている場合も同様で、よほどの理由がない限りは推奨される作成方法を選択してください。

応募者が多い企業など、読みやすさが重視される場合

特に応募者が多い企業の場合、採用担当者は数多くの履歴書をチェックする必要があるため、読みやすさが求められます。
そのため、文字の大きさなどが均一になる、パソコンで作成された履歴書のほうが好ましいと感じる採用担当者がいるでしょう。

パソコンで履歴書を作成する際のポイント

それでは、パソコンで履歴書を作成する際のポイントを5つご紹介します。

1.フォーマットを利用する

パソコンでの履歴書作成は、時間が短縮できるのが大きなメリットですが、自分でフォーマットを作っていたのでは、かえって時間がかかってしまします。
履歴書のフォーマットはインターネット上でダウンロードすることが可能です。Excel形式やWord形式など、様々な種類がありますので、内容に合わせ、書きやすい形式を選んできれいに仕上げましょう。なお、企業によって指定がある場合は、指定の形式を選んでください。

2.読みやすさを大切に

パソコンでも手書きでも、履歴書は読みやすさを重視してください。
パソコンで作成する場合は、文字間隔や行間隔に注意して、読みやすいレイアウトを心掛けましょう。一文が長くなりすぎないように気を付けたり、適宜箇条書きなどを使ったりする工夫も効果的です。
履歴書を作り終えたら、一度プリントアウトして、印刷した後のレイアウトに問題がないかどうかも確認しておくことをおすすめします。

3.適切なフォントの種類やサイズで書く

原則として、フォントは「明朝体」、サイズは「10.5~11pt」で記入してください。
なお、明朝体の中にも複数の種類がありますが、1枚の履歴書の中で使うフォントは基本的に1種類に統一します。複数のフォントが混在していると、雑多な印象になってしまい、見にくいためです。

また、フォントのサイズも基本的に統一します。「自己PRが入らないからそこだけ文字を小さくする」ということは避けてください。
ただし、これは志望動機や自己PRなど、本文のフォントサイズです。氏名などについては、もう少し大きい13~15ptを選択しましょう。

4.英数字は適宜調整する

英数字を書く場合も、基本的には、本文と同じ明朝体を選択します。英数字は半角で記載しますが、「1位」など、1文字のみの場合は全角を使用しても構いません。

例)
2020年度には、チーム成績1位を獲得することができました。

上記の例では、「2020」は半角、「1」は全角を使用しています。

5.年号は統一

これは、手書きにもいえることですが、年号は西暦か和暦か、どちらかに統一しましょう。
「昭和」を「S」と略したり、「1995年4月11日」を「1995/4/11」と略したりするのは避けてください。

パソコンで作成した履歴書を送る際の注意点

パソコンで作成した履歴書を送る際は、ビジネスマナーを意識することが大切です。続いては、履歴書を送付する際の注意点をご紹介します。

履歴書を印刷して郵送する場合

印刷をするときは、普通紙ではなく、上質紙か履歴書印刷専用紙を選びます。普通紙を使用するよりも、上質な雰囲気を出すことができます。
なお、履歴書の写真は別途用意して、印刷した履歴書に貼付しましょう。

データで履歴書を送る場合

企業から履歴書データを直接送るよう指示があった場合は、作成したデータに写真画像を挿入して、メールで送ることになります。
このときには、下記のような点に注意する必要がありあす。

・ファイル形式
特に指定がないのであれば、WordやExcelで作成した履歴書をPDFに変換してから送信します。PDFで送れば、採用担当者がレイアウトの崩れなく印刷することが可能です。

・ファイル名
ファイル名はわかりやすさを重視し、「履歴書」「氏名」「日付」の3点をつなげる形で設定します。
たとえば、2020年9月14日に山田太郎さんが履歴書を送る場合は「履歴書_山田太郎_20200914.pdf」などがおすすめです。
採用担当者は、毎日多くのファイルを受け取ることになるため、タイトルだけで内容がわかるように配慮しましょう。

履歴書は手書きでなくパソコンがおすすめ!

履歴書はパソコンで作成すれば、手軽に書き直しができますし、きれいに仕上げることができます。特に、IT系企業やパソコンを使う職種へ応募する場合は、基本的なスキルを示すためにもパソコンで作成するのがおすすめです。
ただし、手書きの履歴書も、丁寧さや文字の美しさなどをアピールするためには効果的です。それぞれの企業や職種に合わせて選択するようにしてください。

この記事の監修者


この記事の監修者

久保 有也

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴4年。販売サービス領域専任アドバイザー。大手芸能事務所での女優、タレントマネジメント経験を持ち、プロデュース業で培った強みを引き出す能力を武器に新たなキャリアデザインを得意として、年間120名以上の転職サポートの実績あり。

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴4年。販売サービス領域専任アドバイザー。大手芸能事務所での女優、タレントマネジメント経験を持ち、プロデュース業で培った強みを引き出す能力を武器に新たなキャリアデザインを得意として、年間120名以上の転職サポートの実績あり。

 関連ページ

履歴書は手書き?パソコン作成?それぞれのメリット・デメリットページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。