履歴書はパソコンで作っても良い?印刷や送付時の注意点について|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書はパソコンで
作っても問題ない?
印刷や送付時の注意点

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

少し前まで、履歴書といえば手書きが鉄則でした。

しかし、最近では応募者の側の意識も、採用担当者の意識も変わりつつあります。ウェブ上で入手できるフォーマットを使ってパソコンで履歴書を作成し、プリントアウトして提出したり、データのままメールで提出したりというケースも増えてきています。

ここでは、パソコンで作った履歴書と手書きの履歴書それぞれのメリット・デメリットや、履歴書をパソコンで作成・送付する際に気を付けたいことなどについて、まとめてご紹介します。

パソコンと手書き、それぞれのメリット・デメリット

履歴書をパソコンで作成する機会が増えたとはいっても、まだまだ手書きの履歴書も健在です。それぞれの方法はどちらが優れているというわけではなく、それぞれにメリット・デメリットがあります。

履歴書をパソコンで作成するメリット・デメリット

パソコンで履歴書を作成するメリットは、一度作っておくと、微調整を加えれば他の企業にも転用できるため、手書きの履歴書に比べ作成時間が少なくて済むことです。

また、文字が読みやすく、美しく整った履歴書を提出することで、パソコンスキルを証明することもできます。一方、手書きを良しとする企業では、評価が低くなる可能性があります。

履歴書を手書きで作成するメリット・デメリット

手書きの履歴書のメリットは、読み手に丁寧さを伝えやすく、筆跡に親しみや個性を感じてもらいやすいことです。一方、字が下手だと、文章が読みにくい場合があること、書き損じたらまた最初から書き直さなくてはならず、作成に時間がかかることがデメリットです。

また、パソコンスキルを重視する企業などでは、評価が低くなる場合もあります。

パソコンと手書きどちらがいいのか?

このように、パソコンでの作成と手書きにはどちらもメリットがあるので、一概にどちらが良いとはいえません。
応募先企業に、特にこだわりがないようなら、どちらの方法でも構いません。

国内の一般企業で、特に企業からの指定がない場合は、手書きだからといってマイナス評価になる可能性は極めて低いです。採用担当者が年配の方の場合などは、パソコンで作った履歴書より手書きの履歴書を高く評価することも考えられるので、手書きにしたほうが無難ではあります。

なお、どちらが良いか企業に問い合わせても失礼にあたることはありませんが、転職エージェントを利用している場合、担当のキャリアアドバイザーなどに聞けばいいので、安心して確認することができるでしょう。

一般的に、IT系や外資系の企業、パソコンスキルを重視している職場・職種の場合は、パソコンで作成したものが好まれ、手書きはマイナス評価になる可能性が高いといえます。

パソコンで履歴書を作成する際のポイント

パソコンで履歴書を作成する場合、形式の面で気を付けておきたいポイントがあります。

1.フォーマットを利用する

パソコンでの履歴書作成は、時間が短縮できるのが大きなメリットですが、自分で一からフォーマットを作っていたのでは、余計な時間がかかってしまします。

ウェブ上には、Excel、Wordなどの形式による履歴書フォーマットがたくさんありますので、それらをダウンロードして利用しましょう。そうすることで、仕上がりもきれいになります。

2.読みやすさを大切に

パソコンでの作成でも手書きでも、履歴書は読みやすく仕上げることが重要です。パソコンで作成する場合は、フォントや文字サイズを統一したり、長くなりそうな部分は箇条書きなどを使ったりして、読みやすくなるよう心掛けましょう。

項目によってフォントや文字サイズがバラバラだと、「パソコンスキルが不十分」「細かいところまで気を配れない人」と思われかねませんので注意してください。

フォントは「明朝体」か「ゴシック体」(MS P明朝やMS Pゴシックなど)、文字サイズは10.5~11ptが一般的です。

パソコンで作成した履歴書を送る際の注意点

パソコンで作成した履歴書は、送る際にも注意点があります。

履歴書を印刷して郵送する場合

データが出来上がったら、次は印刷となります。その際は、普通紙ではなく、上質紙か履歴書印刷専用紙がおすすめです。一般の紙とは違うつやがあるので、見た目がかなり変わります。

履歴書の写真は、プリントアウトした履歴書に糊付けして貼るようにします。履歴書データに写真を入れて、いっしょにプリントアウトすることは避けたほうがいいでしょう。

写真は、写真スタジオのほか、スピード写真機でも撮影できますが、できれば写真スタジオで撮ってもらったほうがきれいな仕上がりになります。

データで履歴書を送る場合

企業から履歴書データを直接送るよう指示があった場合は、作成したデータに写真ファイルを貼り付けて、メールで送ることになります。

ファイル名はわかりやすさを重視し、「履歴書(山田太郎)日付.doc」または「履歴書(山田太郎)日付.xls」としましょう。採用担当者は、毎日多くのファイルを受け取っているので、他人のものと混ざらないことが第一です。

なお、Windows上で、Macで作った日本語名のzipファイルを開くと、ファイル名が文字化けすることがあります。
そのような場合は、日本語を使わず「Resume_YamadaTaro_20180914.doc」のように、数字とアルファベットのみのファイル名にしてください。

これに加え、データを送付する場合は、応募先企業がそのデータを印刷することも考えて、あらかじめ印刷範囲を指定しておくと親切です。

また、ファイルには必ずパスワードをかけることも、セキュリティ上重要です。パスワードは絶対に同じメールでは送らず、別に送るようにしましょう。

印刷の仕方や送り方にも注意

履歴書は、パソコンで作ったほうがいいのか、手書きのほうが無難なのか、きちんと判断した上で、どう作成するのか決めましょう。

パソコンでの履歴書作成は、書き方だけでなく、送り方や印刷方法でも手書きと違って気を付けるべき点があります。
履歴書作成の際の参考にしてみてください。

 関連ページ

履歴書はパソコンで作っても良い?印刷や送付時の注意点についてページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。