転職活動に必要となる準備、スケジュールの立て方とは?|求人・転職エージェント

転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

転職活動に必要となる準備、スケジュールの立て方とは?

転職ノウハウ
最終更新日:2020/12/16

key_column_preparation.jpg

転職活動は、あらかじめ準備をしておけばスムーズに進めることができますし、応募した企業から内定を獲得する可能性も高くなるでしょう。しかし、一言で準備といっても、転職活動に必要な準備は、「気持ちの準備」から「物の準備」まで様々です。
ここではまず、転職活動の流れやスケジュールの立て方をご紹介します。その上で、転職を有利に進めて合格率をアップさせるために、やっておくべき様々な準備をご紹介します。

転職活動の流れと合格率をアップさせるためのポイント

転職活動で必要な準備についてチェックする前に、まずは、転職活動全般の流れを押さえておきましょう。それぞれのステップで合格率をアップさせるためのポイントについてもご紹介します。

1.キャリアプランを見つめ直して応募する企業を探す

転職活動の第一歩として、まずは応募する企業を探しましょう。同業界の企業に転職したいのか、また、同職種の仕事を続けたいのか、今一度、自身のキャリアプランを見つめ直してください。異なる業界や職種を目指したいと考えるなら、その業界・職種における適性があるか、自己分析をしておくことも必要です。業界や職種が決まったら、求人情報サイトなどを参照して応募する企業を探します。
なお、特定の企業に思い入れがあり、「どうしても、この企業で仕事をしたい」というモチベーションがあるなら、それを優先するのもいいでしょう。

失敗しない応募企業の選び方

求人情報で応募したい企業が見つかったらすぐに応募するのでなく、その企業のウェブサイトで、事業内容や経営方針を確認するのがおすすめです。
会社概要や沿革を見れば、その企業の生い立ちがわかりますし、IR情報をチェックすれば企業の現状が把握できます。また、企業が提供する製品やサービスの情報を集めることで、商品開発のポリシーも見えてくるでしょう。
企業のウェブサイトで詳細をチェックした上で応募すれば、入社後のミスマッチなどの失敗を、ある程度防ぐことができます。

2.企業に応募書類を送付

応募したい企業が決まったら、履歴書や職務経歴書を作成します。転職の場合は特に、職務経歴書が採用担当者の印象を大きく左右します。
経歴を正しく記載するのは当然ですが、それだけでは不十分です。「◯◯億円のプロジェクトを主導」「前年比◯◯%以上の営業実績を◯年間達成」など、具体的な数字を挙げて自分自身をアピールすると、採用担当者の印象に残るはずです。
ウェブサイトで得た応募企業の情報と募集要項などから企業が求める人材を把握した上で、自分がそれに近い人材であることをアピールするようにしましょう。

3.面接を受ける

一般的に転職活動では、応募企業の面接を受ける必要があります。面接官から質問を受けたら、慌てず落ち着いて回答するようにしてください。
なお、転職の面接で聞かれる質問は、志望動機や前職での経験など、ある程度予測できますので、回答内容を準備しておくのがおすすめです。他にも、身だしなみや立ち居振る舞いなど、面接官の好印象となるように対策しておくといいでしょう。

4.退職の手続き

応募した企業から内定が出たら、あらためて労働条件について確認しておきましょう。転職してから「こんなはずではなかった」ということにならないよう、ここでの確認は必須です。それから、退職の手続きを始めてください。
退職時には、現職における後任者への引き継ぎや、健康保険・住民税など様々な手続きが必要になるため、余裕を持ってスケジュールを組むことが大切です。なお、退職の意を伝えるときは、就業規則を確認の上、できる限り早めに直属の上司に伝えましょう。
突然「退職したい」と伝えるのではなく、「相談したいことがあるのですが、お時間いただけますでしょうか」などと切り出すのがおすすめです。

円満退社するためのポイント

志望した企業の内定が出ると、新たな環境への期待で心がいっぱいになるものです。しかし、現職への対応がおろそかになってしまわないように心掛けることが大切です。「立つ鳥跡を濁さず」の格言どおり、円満退社できるよう努めてください。
円満退社するためのポイントは、引き継ぎを丁寧に行うということ。誰が見てもすぐわかるような担当業務のマニュアルを作成するなど、後任の担当者や部下、上司などに迷惑をかけないよう配慮しましょう。

転職活動の上手なスケジュールの立て方

転職活動の流れを把握したら、スケジュールを立てましょう。続いては、転職活動の上手なスケジュールの立て方をご紹介します。

1.転職予定日を決める

まず、いつ頃に転職したいのかを、転職予定日として設定します。ゴールを設定し、そこから逆算して転職活動のスケジュールを組みましょう。
担当している大きなプロジェクトがあるといった理由で、転職活動のスタートが遅くなりそうな場合は、転職予定日を後ろ倒しにするなどして調整するようにしてください。

2.退社日を決める

転職予定日が決まったら、目安でいいので退社日を決めます。退社日を決める際には、就業規則の退職に関する規定を必ず確認してください。
また、業務の引き継ぎに必要な日数や未消化の有給休暇なども考慮の上、余裕を持って決めることが大切です。なお、円満退社のためには、繁忙期を避けるなどの配慮も必要になるでしょう。

3.企業への応募を開始する日を決める

次に、転職活動のスタート時期を決めます。企業への応募を開始する日は、退社日の少なくとも2ヵ月前に設定するといいでしょう。前述のとおり、応募企業を選ぶときは入念な情報収集が必要となりますので、転職活動を開始する時期は余裕を持って設定することがおすすめです。

合格率をアップさせる転職の準備とは?

続いては、転職活動で志望企業への合格率をアップさせるために、済ませておきたい準備をご紹介します。

1.転職をする理由を明確にしておく

転職活動を始める前の準備として、まずは転職したい理由を明確にしておきましょう。
転職の理由は、人によって様々です。中には、感情的な理由で転職を決意する人もいるでしょう。それは悪いことではありませんが、転職することが本当に自分の将来に役立つのか、どんな環境が好ましいのか、冷静に考えることは必要です。
「年収を上げたいから」「もっと雇用環境のいい会社で働きたいから」「自分のスキルをもっと伸ばしたいから」など、転職したいと思う理由を具体的にピックアップしてみましょう。
転職の理由が明確になれば、「やりたい仕事内容」や「自分のなりたい将来像」「希望する企業の条件」などが見えてきて、転職活動における企業探しや書類作成がスムーズになります。面接でも、明確な受け答えができるようになります。

2.自分の経歴やスキルをまとめておく

転職活動の準備として、自分のスキルやアピールポイントの棚卸をすることも大切です。
まずは、現職で得た経験を整理してください。「どんな業務をしてきたか」「どんなスキルを身に付けたか」「取得した資格」などを書き出せば、自身の転職市場における価値を正確に判断できますし、応募する企業を選ぶ際に役立てることができるでしょう。
また、自分のスキルをまとめると、自分に足りないものが見えてくることもあります。すぐには転職活動を開始しないという人は、必要なスキルを磨いたり、資格を取得したりして、足りないものを補うことをおすすめします。

3.転職活動のための資金を準備しておく

転職活動では、ある程度の資金が必要になります。転職活動中、どんなことにお金がかかるのかをまとめましたので、確認の上、資金を準備しましょう。

<転職活動に必要な主な資金>

  • 面接などで企業を訪問する際にかかる交通費
  • 企業を訪問する際のスーツ、バッグ、靴などをそろえる費用
  • 資格を習得するためにかかる費用
  • 転職に伴う引越し費用

4.入念な業界研究、企業研究をしておく

前述のとおり、応募企業を選ぶ際には、情報収集を行うことが大切です。さらに、応募企業が決まったら、「会社四季報」などで入念な業界研究、企業研究をしておくといいでしょう。
特に、応募企業が現職とは異なる業界に属している場合、その業界の文化や慣習について、できるだけ多くの情報を集めて研究しておくのがおすすめです。

転職準備をスムーズに行うためのコツ

最後に、転職準備をスムーズに行うためのコツについて見ていきましょう。

1.転職サイトで求人情報をチェックする

インターネット上の転職サイトでは、業種・勤務地・年収など、希望の条件にマッチした求人を数多くチェックできます。求人内容を比較すれば、仕事内容や給与、残業、仕事のやりがいといった傾向が掴めます。
また、希望条件での求人が何件あるかにも注目してみましょう。あまり数が多くない場合は、年収や勤務地など、条件を調整して検索してみてください。もし、年収額を調整して求人件数が増えたら、希望年収が高すぎた可能性があることがわかります。
希望の条件を登録し、ヒットする求人が掲載されたときにメールで通知される「アラート機能」を活用すれば、自分に合った求人を見逃すこともなくなるでしょう。

2.企業の口コミや評判を集めたサイトを利用する

厳しい転職活動を経て入った会社は、長く勤められる環境であってほしいものです。そのためには、求人情報だけでなく、企業の口コミや評判を集めたウェブサイトで、労働環境や人間関係、社風などを調べてみることをおすすめします。
たとえば、「個人の裁量が大きい」という口コミがあれば、自発的にどんどん仕事をしたい人に向いた会社かもしれません。「研修が充実している」といった口コミがあれば、教育環境が整っていることがわかるでしょう。
実際に働く人・働いていた人の声を参考にすれば、「自分がその会社でどう働くか」を具体的にイメージすることが可能です。前向きなイメージを持つことができれば、その会社とは相性が良い可能性がありますし、そうでなければ、他の会社を探したほうが良いかもしれません。

3.転職フェアに参加する

選択肢の幅をもっと広げたいという場合には、転職フェアを利用するといいでしょう。
転職フェアとは、転職希望者を対象にした合同の企業説明会のことで、企業の採用担当者と直接話すことができます。求人情報には掲載されていない職場の雰囲気や、転職に際して感じている不安など、気になることを聞いてみましょう。
採用担当者と話すだけでも、その会社になじめそうかどうか感覚的に掴めますし、面接の練習にもなるはずです。

4.希望の会社のブログやSNSを読む

気になる会社の社長やスタッフのブログを読むと、社風や職場の雰囲気、その会社が目指す方向などがわかってきます。自分が入社したらどんな働き方ができるかが、具体的に想像できるはずです。
製品やサービスを提供する会社なら、製品ブログやSNSなど、コンシューマー向け情報もチェックしてみることをおすすめします。
その会社が多くのサービスを提供している場合は、主力商品だけでもチェックしておきましょう。誰をターゲットにしているのか、今後どう発展させるつもりなのか、自分なりに分析しておくと、その会社への理解が一層深まります。
可能であれば競合他社とも比較すると、目指す方向やターゲットを理解しやすくなり、より有益な企業研究になるでしょう。

5.転職のプロ・転職エージェントを利用する

個人で行う業界研究や企業研究には限界があります。そのようなときは、転職エージェントを活用するといいでしょう。
転職エージェントでは、専門のキャリアアドバイザーが企業の担当者と連絡をとり合うことで得た最新の情報を利用者に提供してくれます。また、本人の転職の目的やスキルなどを基に最適な求人を提案し、書類作成や面接対策についてもサポートしてくれます。
転職エージェントを利用すれば、一人で行うよりスムーズに転職準備を進めることができますし、転職の成功率を高めることができるでしょう。

転職の準備はマイナビエージェントにお任せ!

希望の転職を実現させるため、転職準備は入念に、効率良く行うことが重要です。とはいえ、現職での仕事を続けながら転職準備を行うとなると、思うように進まない場合があります。転職の準備をスムーズに進めたい方は、マイナビエージェントにご相談ください。
マイナビエージェントでは、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、スキルの棚卸や応募企業の情報収集など、求職者の皆様の転職準備のお手伝いをさせていただきます。現職への退職交渉や退社までのスケジュール調整など、転職活動をスムーズに進めることができるよう、サポートさせていただきます。

この記事の監修者


この記事の監修者

石崎 翔太

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴5年。IT領域専任アドバイザー。前職でのIT業界での幅広い経験を踏まえ、ITエンジニアのキャリアアップを支援いたします。

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴5年。IT領域専任アドバイザー。前職でのIT業界での幅広い経験を踏まえ、ITエンジニアのキャリアアップを支援いたします。

 サービス紹介

転職活動に必要となる準備、スケジュールの立て方とは?に関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。