自己PRに行動力と書きたい場合のまとめ方と伝え方のポイント|求人・転職エージェント

自己PR完全ガイド

自己PRの書き方のポイントや、例文、面接での対応方法などをご紹介

自己PRに行動力と書きたい場合の
まとめ方と伝え方のポイント

自己PR完全ガイド 転職成功ノウハウ

自分の強みを企業に伝える自己PRは、転職活動においてとても重要な役割を担っています。内容はもちろんですが、それ以上に、自分の強みをどのように企業担当者に伝えるのかを意識しておく必要があるでしょう。

ここでは、自己PRで行動力や積極性を訴えたい場合にどう伝えるべきなのかをまとめました。

行動力とは?

そもそも、行動力とは一体何なのでしょうか。何かを思い立ったときに、すぐに行動に移せるタイプの方に対して「行動力があるね」ということがあります。
しかし、後先を考えずに突き進むタイプの方は、「行動力がある」というよりも「無謀」な人といったほうが適切です。

行動力は、一般的にポジティブな言葉で、無謀とは違います。本当に行動力がある方は、目標を達成するためにはどのような道筋をたどる必要があるのかを自分自身で考え、確実に実行することができます。
そのため、行動力という言葉には、計画力や実行力、主体性、積極性といった要素も含まれるといえるでしょう。

転職活動においては、これに加えて、企業が求める行動力とは何なのかについても考える必要があります。
いくら自分で考えてゴールに向けて行動できる方であっても、それが自分本位では、会社組織になじめない可能性もあります。
企業風土に合わないと判断されないためにも、企業研究を行い、求められる人物像に合わせたアピールをすることが大切です。

転職面接の自己PRで行動力をアピールするためには「実績」が必要

自己PRを求められた際、「行動力がある」とだけ伝えても、抽象的で具体性がありません。本当に行動力があることを示し、説得力を持たせるためには、それを示すエピソードを見つける必要があります。

転職活動の場合、行動力を示すエピソードは、これまでの仕事に関連することから見つけるのが基本です。すでに社会人経験を積んでいるはずの応募者から、学生時代のエピソードなどを語られた場合、「前職では何をしていたんだろう?」と思われてしまいます。
採用後のイメージを持ってもらうためにも、次の仕事にどのように活かせるのかを伝えましょう。

エピソードには、「課題」「課題を解決するために考えたこと」「実際に起こした行動」「行動の結果」などを盛り込みます。
何のために、どのような行動を起こし、その結果どうなったのか、道筋を立てて説明することで、実際にアクションを起こして問題解決につながったことをアピールできます。

自己PRで行動力を伝えたいときの3つの注意点

自己PRで行動力と伝えたい場合に、覚えておくべき注意点が3つあります。
行動力は社会人としても求められることの多い要素ですが、伝え方を間違えるとマイナスイメージにもなってしまいます。注意点を意識して自己PRを考えましょう。

1.安易に「行動力があります」という言い回しをしない

転職活動では、質問に対しては結論を先に答えるのが原則です。しかし、「自己PRをお願いします」という質問に対して、「行動力があります」と答えると、やや抽象的に感じられる可能性があります。
行動力はアピールポイントとして利用されることも多いため、「またか」と思われてしまうおそれもあるでしょう。

そこで、「現状に満足せず、より良い結果を導き出すために積極的に動いてきました」など、実際のエピソードにつながる簡単な説明から入ると、どのような人物なのか理解してもらいやすくなります。

2.企業が求める人材像に適したエピソードを探す

自分が行動して結果を残したエピソードは、これまでの人生でいくつかあるかもしれません。しかし、その中から自己PRで説明できるのは、基本的に1つだけです。どのエピソードを選ぶのかによって、選考結果が左右されることもありますから、慎重に選択しましょう。

複数のエピソードを書き出した上で、企業が求める人材像に最も適したものがどれなのかを検討してみてください。自分自身が一番魅力的だと感じるエピソードではなく、企業が一番魅力的だと感じるエピソードを選択することが成功につながります。

3.面接中の言動にも注意する

面接官は、面接中の受け答えの仕方でも、応募者の資質をチェックしています。
質問に対してなかなか答えられずに口ごもってしまったり、逆質問が思いつかなかったりすると、「この人は本当に行動力があり、自分から積極的に動けるタイプなのか?」と疑問に思われてしまうでしょう。
面接中の言動にも注意して、行動力があり、前向きで活発な印象を持ってもらう必要があります。

自己PRで行動力をアピールするための例文

最後に、自己PRで行動力をアピールするための例文をご紹介します。
これまでのポイントを踏まえ、自分に合った自己PRを考えてみましょう。

私は、課題を解決するための方法を模索し、それを実行に移す行動力を持っています。
前職ではルートセールスを行っていましたが、他社の製品に押されて売上が伸び悩んだことがありました。そこで、小売店の担当者と相談し、陳列方法や販促方法について大幅な見直しを行いました。顧客の口コミを積極的にチェックし、より顧客感情に合った展開を心掛けた結果、SNSで大きな話題となり、売上を持ち直すことができました。
その後、チームに情報を共有してさらなる見直しを行い、最終的には、個人の売上を前年比30%、チーム全体の売上を15%伸ばすことに成功しました。逆境にあってもそれを打破するために行動し、周囲と協力し合いながら前向きに取り組むことで、御社でも結果を出していきたいと考えています。

行動力をアピールするときは自分本位にならないように注意

自分から積極的に動ける人材は、企業から求められることも多くあります。しかし、伝え方を間違えると、自分本位で協調性がない人間だと思われてしまいます。
自己PRを組み立てた後、数日寝かせて見直してみたり、周囲の人や転職エージェントのキャリアアドバイザーにチェックしてもらったりして、客観的にどう思われるのかを確認してみましょう。

この記事の監修者


この記事の監修者

佐藤 幹宏

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴5年。東海圏の製造業を中心に多くの求職者様・企業様を担当。長期的なキャリア形成・入社後の活躍を念頭に置いた転職支援を心掛けております。

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴5年。東海圏の製造業を中心に多くの求職者様・企業様を担当。長期的なキャリア形成・入社後の活躍を念頭に置いた転職支援を心掛けております。

関連リンク

転職成功ノウハウページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。