転職の自己PRで積極性をアピールする際に知っておきたいポイント|求人・転職エージェント

自己PR完全ガイド

自己PRの書き方のポイントや、例文、面接での対応方法などをご紹介

転職の自己PRで
積極性をアピールする際に
知っておきたいポイント

自己PR完全ガイド 転職成功ノウハウ

積極性は、多くの企業で歓迎される力です。「特別なスキルや豊富な経験がなくても、積極性の高い人材を採用したい」と考えている企業は多く、転職活動ではアピールしたいポイントのひとつです。
ただし、多くの転職希望者がアピールするものだからこそ、採用担当者の印象に残すには工夫が求められます。
ここでは、柔軟性を自分の強みとしてアピールするにあたって、気を付けたいポイントをご紹介します。

積極性とは?

企業が求める積極性とは、「主体的に行動する力」と言い換えられます。
常に仕事に対する高い意欲を持ち、目標を達成するために自ら考えて動ける力は、業種・職種を問わず、多くの企業が歓迎するものです。
特に、募集要項に「チャレンジ精神のある方歓迎」「失敗を恐れずに挑戦できる社風です」などの記載のある企業であれば、積極性は一番のアピールポイントになるでしょう。
また、若くて具体的な実績のアピールは難しいけれど、やる気だけは誰にも負けないという場合も、積極性を前面に出してアピールしていくのはおすすめです。

自己PRで積極性をアピールするための3つのポイント

履歴書や面接で、単に「私は積極性があります」と言っても説得力がありません。企業の採用担当者に「積極性がある方だな」と思ってもらうには、しっかりとした根拠を示す必要があります。
ここからは、自己PRで積極性をアピールする場合のポイントを、3つご紹介します。

1.どんな動機からどういう行動を起こし、どんな成果が生まれたのかを伝える

具体的なエピソードを伝えるとき、「何をしたか」を中心に話してしまいがちですが、行動した結果、どのような成果を上げたかについて伝えることも大切です。
また、同じ行動をとったとしても、組織への貢献を目指してのことなのか、インセンティブを目指してのことなのかなど、動機は一人ひとり違うものです。
採用担当者は、伝えられた動機から「応募者は何にやる気を感じるのか」「本当に積極性があるのか、それとも身勝手に突っ走っているだけなのか」についても判断します。
ひとりよがりの行動ではないことを伝えるためにも、動機はしっかり話すようにしましょう。

2.関連するいくつかのエピソードを重ねるのも効果的

積極性を示すエピソードが1つだけだと、話によっては「このときだけでは?」と、採用担当者に思われてしまう場合があります。これを避けるためには、いくつかの関連するエピソードを重ねて伝えることが重要です。
また、具体的なエピソードを話すだけでなく、その積極性を仕事でどう活かすことができるかを添えると、説得力が高まります。

3.他の受け答えとの矛盾に注意

具体的なエピソードを交えて、積極性があることをアピールしても、他の質問への回答や言動と矛盾していれば、説得力がなくなってしまいます。
たとえば、最後に「何か質問はありますか?」と逆質問を受けたとき、「ありません」と答えたのでは、「本当に積極性があるのだろうか?」と思われてしまう可能性は高いでしょう。

自己PRで積極性をアピールするための例文

最後に、自己PRで積極性をアピールするための例文を2つご紹介します。
これまでのポイントを踏まえ、自分に合った自己PRを考えてみましょう。

私の強みは、自ら行動を起こしていく積極性です。
前職は外食企業に勤め、チェーンの居酒屋店の店長を任されており、売上アップのために様々な取組みを行いました。
たとえば、店舗前の看板を見たけれども、10秒ほど迷い、結局入店に至らなかったお客様が1日平均10人ほどいらっしゃったことから、上司に掛け合ってポップ看板を大幅に見直しました。
また、スタッフ全員で店を作っていく意識を高めるため、毎月自由参加のコンペ形式で「次の1ヵ月間、特別メニューとして店に出す創作料理」を募ったり、居心地の良い店づくりを目指して、スタッフの意見を取り入れてテーブルの配置を変更したりしました。
その結果、新規のお客様が10%増え、平均客単価もアップさせることができました。
このように、他人から指示されなくてもできることを探し、積極的に取り組んでいく積極性を活かして、御社に貢献したいと思います。

私の強みは、積極性です。
前職は書店員で、店舗売上アップという目標を達成するために、様々な取組みを提案し、実行してきました。
まず、多くのお客様に足を止めてもらうため、これまでパソコンで作っていたPOPを手書きに変更し、書店員の感想や「◯◯な方におすすめです!」といった一言を入れて、興味を持ってもらいやすくしました。
さらに、多くの方に書店に足を運んでもらうきっかけを作るため、定期的に作家のサイン会を開催した結果、新刊本の売上を15%伸ばすことができました。
このように、積極的に仕事に取り組む姿勢で、御社に貢献していきたいと思います。

積極性をアピールする際には、具体的エピソードが有効!

自己PRで積極性をアピールする方が多い中、埋もれないようにするためには、具体的なエピソードを交えることが大切です。
どうしても、自己PRがうまくまとまらないという場合には、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーがアドバイスを行うこともできます。お気軽にご相談ください。

関連リンク

転職成功ノウハウページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。