自己PRが見つからない人必見!強みの見つけ方とアピール方法|求人・転職エージェント

自己PR完全ガイド

自己PRの書き方のポイントや、例文、面接での対応方法などをご紹介

自己PRが見つからない人必見!
強みの見つけ方とアピール方法

自己PR完全ガイド 転職成功ノウハウ

転職活動では、企業に対して自分の魅力や採用するメリットをアピールする必要があります。そのため、自分自身で「自分にはアピールできることがない」と考えているようでは、採用を勝ち取るのは難しくなります。

そもそも、転職面接において、自分を効果的にアピールするためにはどうすればいいか、ご存じでしょうか。ここでは、自己PRの正しい考え方と、自分なりのアピールを見つける方法についてご説明します。

自己PRが「ない」ということはない

自己PRがないと感じている方の中には、「自分には輝かしい経歴や人に誇れる実績がない」と考えている方もいるかもしれません。しかし、自己PRは、このような経歴や実績についてのみを伝えるためだけにあるものではありません。

自己PRは、人柄や分析力、アピール力などを面接官に伝えるためのものです。人柄とは、その人自身がどういう人物であるかを指しているので、人柄が「ない」ということはありえないのです。
面接における自己PRは、「あるかないか」ではなく「できるかできないか」です。自己PRがないと感じている方は、実際には、自己PRを組み立てることができていないのです。

自己PRで企業が知りたい3つのこと

転職面接においては、相手の期待することをしっかり伝えることが大切です。自己PRについて考える前に、まず、企業が自己PRを通して、どのようなことを知りたがっているのかを考えましょう。
一般的に、企業が知りたいといわれていることは、次に紹介する3つとなります。

1.行動力

行動力とは、自分が抱えていた課題に対して、どのように行動したかということです。
自己PRは、具体的なエピソードを添えて話すことが基本です。このとき、結果だけを話すのではなく、どのような課題を抱えていて、それに対してどう行動し、成果を上げたのかをチェックされます。
なぜなら、仕事をする上で、業務遂行能力や能動的に動ける力がどの程度あるのかは、とても重要なことだからです。

2.価値観や人柄

自己PRとして選ぶエピソードが何なのか、それを達成するために何を行ったのかということは、その方の価値観や人柄が表れます。
どのような面で強みを発揮できるのか、また、何に価値を見いだすのかは、企業にとって、自社の社風や希望に合う人材かどうかを判断する材料になります。
自己PRを通して、人となりをチェックされていると思いましょう。

3.分析力やアピール力

まったく同じ経験であっても、切り口や伝え方を変えれば、自己PRから受ける印象も変わってきます。これは、企業の一員として他社と交渉をする際も同様です。
事実を曲げることなく、より相手が魅力的だと思う形で提示する力は、社会人として重要な能力のひとつです。

より魅力的な自己PRをするためには、企業が求める人材像にマッチするエピソードを選択した上で、さらに、その企業に合わせて構成する必要があります。
自己PRが苦手な方は、この部分でつまずいている可能性があります。自分の経歴や実績だけに目を向けるのではなく、伝え方についても考えてみましょう。

自己PRが思いつかないときの4つの解決策

どうしても自己PRが思いつかない方は、これから紹介する4つの解決策を試してみてください。
自分と企業について掘り下げて考えていくことで、アピールポイントが見えてくるはずです。

1.成功だけでなく失敗について考える

自己PRで語るのは、必ずしも成功体験である必要はありません。成功エピソードが見つからないときは、失敗談を自己PRに利用することもできます。
失敗した経験は、誰にでもあるものです。そのとき、何を考えて、どのように行動し、失敗をフォローしたのかを伝えることで、自分の考え方やミスをフォローする能力についてアピールすることができます。

2.モチベーションが高かったときとその理由を考える

これまでの人生におけるモチベーションの推移を知ることで、自己PRに役立つエピソードが見えてくることもあります。
まず、モチベーションをグラフにした「モチベーショングラフ」を描いてみましょう。これまでの人生を横軸、モチベーションを縦軸に設定し、年代ごとに、主なライフイベントの内容とモチベーションの推移を書き記していきます。

モチベーションが高かった時期の仕事内容や、充実していたと感じる理由の中に、自己PRに利用できそうなエピソードはありませんか?また、モチベーションが低い状態から上昇できた理由は何でしょうか?
モチベーションの変化とともに人生を振り返ることで、アピールできるエピソードが見えてくるはずです。

3.自分の個性を考える

趣味というほどはっきりしたことではなくても、「スマホで写真を撮るのが好き」「銭湯通いをするのが好き」など、「これをしていると楽しい」と感じることは、誰にでもあると思います。
好きなことは、個性につながります。好きなことをするためにこれまでどのような努力をしてきたのか、また、そこから仕事に活かせる人柄が見えてこないか、考えてみてください。

一見、仕事とは関係ないように思える「銭湯通い」という趣味であっても、「銭湯マップを作って友人に配った(=デザイン力、企画力)」「都内の銭湯を制覇した(=コツコツ続けることができる、凝り性)」など、仕事につながるエピソードがあるかもしれません。
「忙しいときでも銭湯に行ってリフレッシュすることでうまく気持ちを切り替えられる」など、メンタル面での強みをアピールできることも考えられます。自分なりのアピールの仕方を考えてみてください。

4.第三者に自分の強みを聞いてみる

どうしてもアピールできるポイントが、自分ではわからないときは、友人や家族、転職エージェントのキャリアアドバイザーなど、第三者に「私の強みはどこだと思いますか?」と聞いてみましょう。
モチベーションの推移を記したグラフや経歴書など、話を引き出すきっかけになる資料を用意すると、より意見を聞きやすくなります。

自己PRは伝え方が大切

自己PRは、自分の強みをどのように企業で活かしていけるのかを伝えるためのものです。たとえ輝かしい実績がなかったとしても、伝え方を工夫することで、企業に適した自己PRを作ることができます。
自己PRがないと思っている方でも、必ずアピールできる要素があるはずです。客観的な振り返りや第三者の助言を取り入れながら、各企業に適した自己PRを考えましょう。

この記事の監修者


この記事の監修者

小泉 崇

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴14年。経験領域としてはオールジャンルを経験しており、経験豊富な点が最大の強みかと思います。

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴14年。経験領域としてはオールジャンルを経験しており、経験豊富な点が最大の強みかと思います。

関連リンク

転職成功ノウハウページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。