転職活動の自己PRで向上心を伝えたい!伝え方のポイントとは?|求人・転職エージェント

自己PR完全ガイド

自己PRの書き方のポイントや、例文、面接での対応方法などをご紹介

転職活動の自己PRで
向上心を伝えたい!
伝え方のポイントとは?

自己PR完全ガイド 転職成功ノウハウ

転職活動を進める上で、自己PRは企業の採用担当者に「この人と働いてみたい」と思わせるための重要なものです。
自己PRで「向上心」をアピールしたい場合には、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。向上心を自己PRで使う際のポイントをご紹介します。

向上心とは?

向上心とは、自分を成長・進歩させたいと思い、より優れた状態を目指そうとする心のことです。
「成長意欲」「成長心」「上昇志向」などと同様に、前向きな気持ちを表す強みとなります。
向上心は、仕事をする上でとても重要なものですので、多くの企業が向上心のある人材を求めています。

自己PRで向上心をアピールする場合の4つのポイント

向上心をアピールする方は少なくありません。ですから、下記のようなポイントを踏まえて、向上心を持って臨んでいることを、採用担当者に強く印象付けることが大切です。

1.向上心を自分の言葉に言い換える

「自分の長所や持ち味は、向上心があることだ」という直接的な表現だけでは、採用担当者には響きにくいもの。向上心は数値として表すことができず、そのままの言葉だけでは評価するのが難しいからです。
また、向上心のアピールは、ありがちと思われることも多いため、印象に残らないばかりか、「また同じようなアピールか」と、マイナスの印象を与えてしまうことも考えられます。

そうならないためにも、向上心という言葉を使わずに、自分なりに別の言葉に置き換えることはひとつの手です。
「現状に満足しない」「常に上を目指す姿勢」「現状を改善するための努力を惜しまない」などと言い換えるだけで、印象は大きく変わります。

2.具体的なエピソードに落とし込む

自分なりの言葉に置き換えるとともに、具体的なエピソードを取り上げて、向上心を伝えるのも良い方法です。
これまで仕事をしてきた上で、向上心を持って取り組んできた経験や、目標に向かって努力をしてきたことなどを盛り込むことにより、採用担当者にどんな人物かをイメージさせやすくなりますし、説得力が増します。

3.成長した結果を伝える

向上心があることを伝えるだけでは、それが強みであるとは思ってはもらえません。向上心を持つことにより、成長した結果や実績を示すことで、強いアピールとなります。
ですから、向上心を持って努力した結果・実績を具体的な形で伝えます。自分が任された業務において、どのような努力や工夫をし、その結果どういった成果がもたらされたのかを伝えることで、向上心を持っているだけではなく、それを結果に結び付けられる力量があることを認めてもらえるでしょう。

4.応募先企業で、向上心をどう活かせるかをアピールする

向上心を持っていることにより、企業側にどのようなメリットをもたらすことができるのかを、採用担当者にイメージさせることが重要です。応募先企業に、自分の向上心によって、どのような貢献ができるかをアピールしましょう。
携わるであろう業務によって、それぞれ方向性は違ってくるとは思いますが、業績を上げるための具体的な工夫や将来的にどんな展望を描いているかなどを伝えられると効果的です。

自己PRで向上心を伝えたいときの2つの注意点

自己PRに向上心を打ち出したときに、思いもよらないマイナスイメージを与えてしまうこともあります。気を付けたい2つの注意点をまとめました。

1.我が強いと思われる

必ずしもそうとは言えませんが、向上心が強い方は我が強いと思われがちです。自分が一番であろうと努力することはいいことですが、周囲の意見に耳を貸さずに我を通そうとしては、組織の中にあっては浮いてしまい、協調性がないものとみなされてしまうおそれがあります。
向上心のアピールは、このように諸刃の剣となる場合がありますので、あくまでも周囲との調和のもとでという前提を、忘れないようにしてください。

2.すぐに辞めてしまうのではないかと危惧される

向上心の表れとして、「どんどんスキルアップして、大きな仕事に取り組んでいきたいです」といったアピールをしすぎるのも、少し考えたほうが無難です。

企業は、良い人材にはできるだけ長く在籍して、貢献してほしいと考えています。せっかく、仕事にも慣れ大きな仕事を任せられるようになった人材に、「スキルアップのため」といった理由で辞めてしまわれては困るわけです。
あまりに大きな目標を掲げた向上心のアピールは、逆効果になってしまうかもしれませんので注意しましょう。

自己PRで向上心をアピールするための例文

最後に自己PRで向上心をアピールするための例文を2つご紹介します。
これまでのポイントを踏まえ、自分に合った自己PRを考えてみましょう。

私は現状に満足せず、常に高い目標を掲げ行動してきました。現職では不動産売買の営業をしておりますが、入社2年目にして店舗でトップの成績となりました。
しかし、そこで満足せず、全国トップクラスの成績を収める先輩の経験を伺い、アポイントの件数をそれまでの1.5倍に増やすとともに、顧客との対話を深め、ニーズの掘り起こしを丁寧に行うことを自分に課しました。
その結果、翌年には全国で10位の成績を収めることができました。
御社においても挑戦し続ける心を失わず、貢献ができるよう努力したいと考えています。

私は妥協を一切せず、全力で取り組むことを続けてまいりました。
現職では企業のオウンドメディアのウェブマーケティングを担当していますが、当初はウェブに関する知識が乏しかったこともあり、効果的なマーケティングを実施できてはいませんでした。
そこで、仕事外でもウェブマーケティングの関連書籍を何十冊も読み、最新のマーケティング知識を技術メディアから吸収するなどし、学んだ技術を実践していきました。
その結果、担当したメディアのPV数を、約20倍に伸ばすことに成功しました。今後も現状に甘んじず、御社のウェブメディア運営に貢献できればと考えています。

差別化できる自己PRを考える

自己PRで向上心を伝えるには、自身の経験の棚卸をするとともに、いかに他の応募者と差別化を図れるかがポイントとなります。
どうしても、自己PRがうまくまとまらないという場合、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーが、客観的な視点でアドバイスを行います。転職活動に関する悩みや心配事がある場合は、お気軽にご相談ください。

この記事の監修者


この記事の監修者

万澤 勁太

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴3年。東海圏でメーカー・ITを中心に様々な業界で支援実績有。前職は大手自動車部品メーカーで生産管理を経験。業界知見や自身の経験を活かした転職支援を心がけています。

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴3年。東海圏でメーカー・ITを中心に様々な業界で支援実績有。前職は大手自動車部品メーカーで生産管理を経験。業界知見や自身の経験を活かした転職支援を心がけています。

関連リンク

転職成功ノウハウページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。