仕事がうまくいかないのはなぜ?知っておきたい主な原因と対処法|求人・転職エージェント

転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

仕事がうまくいかないのはなぜ?知っておきたい主な原因と対処法

転職ノウハウ
最終更新日:2019/05/28

3.jpg

仕事がうまくいかないのはなぜ?知っておきたい主な原因と対処法

常に何事もうまくいくとは限らないように、仕事でうまくいかないと思い悩むことは、多くの方が経験します。仕事が行き詰まった状態が長く続くと、ストレスの原因となったり、私生活にも影響が出てしまったりすることもあるため、早急に解決したいものです。

そこで、どうして仕事がうまくいかないのか、その主な原因を紹介します。また、仕事で行き詰まりやすい方の特徴や、対処法についても見ていきましょう。

仕事がうまくいかない理由とは?

仕事がうまくいかない理由は人それぞれです。まずは冷静に現状を見つめて、その原因を探ることが大切です。

ここではまず、仕事が行き詰まってしまう主な理由を見ていきましょう。

気分の落ち込みやストレスがパフォーマンスに影響している

仕事がうまくいかなくなると、その悩みにとらわれ、気分の落ち込みやストレスがパフォーマンスに影響してしまうことも。

パフォーマンスの低下によってさらに仕事が行き詰まり、仕事がうまくいかない状況がなかなか改善できなくなってしまいます。

心身の疲労

長時間労働やストレスを抱えた状態などが続くと、本来必要な休息時間や睡眠時間が削られてしまいます。

心身の疲労が蓄積された結果、集中力や体調にも悪影響があり、仕事がうまくいかなくなってしまいます。

仕事のやり方が間違っている

仕事の進め方が間違っていても、仕事はうまくいかないものです。特に、異動や転職などで業務内容や作業に変化があった場合、その変化に対応できていないと行き詰まってしまいやすいです。

ある程度の慣れが必要な仕事であれば、時間が解決してくれる場合もありますが、同じやり方で仕事をしていては解決できないこともあるため注意しましょう。

「そういう時期」というケースも

常に仕事がうまくいっているという方は、ほんのわずかしかいません。誰しも様々な理由で、仕事で行き詰まることはあるものです。

これといって原因が見つからない場合、「そういう時期なのだ」と割り切ってしまっても良いでしょう。

ただし、だからといって怠けてしまうことは避け、あくまで一生懸命取り組む姿勢は変えないことが大切です。

こんな方は仕事で行き詰まりやすい!6つの特徴

仕事で行き詰まりを感じてしまう頻度には、個人差があります。そこで、仕事がうまくいかないと感じやすい方の特徴をピックアップしました。自分にあてはまる特徴があるかどうか、確認してみましょう。

1. 不本意な仕事や地味な作業を嫌々している

本来は取り組みたくない仕事や、単調な作業を嫌々している方は、特に仕事で行き詰まってしまいやすいものです。

ただし、下積みとなる仕事であれば、今後の仕事のベースにもなるため、真剣に取り組むべきでしょう。

2. 作業の優先順位が決められない

タスクの重要性を把握し、優先順位を決めて取り組むことができなければ、効率的に仕事を進められなくなります。

特に、タスクの優先順位を決めずに、目の前にあるものから着手してしまう方ほど、「納期に間に合わない」「残業が増えてしまう」といった状態に陥ってしまいがちです。

3. 物事にルーズ

物事にルーズで、納期や締め切りを守ることのできない方は、当然仕事がうまくいかないもの。

納期だけでなく、スケジュールや会社の規則などを守れない方も、うまくいかないばかりか、社会人としての信用も失ってしまいます。

責任のある仕事を任せてもらえなくなる可能性もあるため、ルーズな姿勢は改善する努力をしたほうが良いでしょう。

4. 周囲と協調できない

周囲と協調できず、常に自分だけで仕事を進めようとしていても、うまくいかない悩みを抱えてしまいやすいです。

仕事のチームや上司・部下との伝達や協力がうまくいかないと、そのすれ違いからミスが生じてしまうということもあります。

また、このパターンは、能力が高い方にもあてはまるケースが多いです。特に、自分の能力を過信している方ほど、職場で孤立してしまい、周囲のサポートを得られないことがあります。

5. 他人と比較する

他人との競争意識を持つことは、モチベーションアップに効果的ですが、時にはプレッシャーとなってしまうこともあります。

自分がなかなか成果を出せないときにライバルが高い実績を出していると、焦燥感や挫折感がプレッシャーとなり、パフォーマンスに影響を及ぼしてしまうのです。

特に、成果がわかりやすい営業職などで、他人と自分の成績を比較して落ち込んでしまうケースが多いでしょう。

6. 理想が高い

仕事に対する理想が極端に高い方や完璧主義の方も、仕事で行き詰まってしまいがちです。

自分に高いハードルを課して乗り越えようとしますが、それが能力に見合っていないと、当然時間も手間もかかります。

その結果、仕事のスピードが遅くなり、「かけた時間と労力に対して、成果が見合わない」ということになる可能性も高いのです。

仕事がうまくいかない原因を知るための3つのポイント

仕事がうまくいかない原因を探るにあたっては、現状を省みる際に着目すべきポイントがあります。

ここでは、原因を明確にするための判断基準として確認しておきたい、3つのポイントを見ていきましょう。

1. 残業やストレスの悪循環に陥っていないか

帰宅しても仕事のことばかり考えて思い悩んだり、残業続きで睡眠不足に陥ってしまったりしていないかと認識することは重要です。

こうした悪循環に陥っている場合は、まずは仕事とプライベートを切り離し、生活リズムを整えることを優先しましょう。

2. 最近、仕事内容や取り組み方に変化があったか

うまくいかないと感じている仕事が、新しく始めた仕事ではないか、従来の作業方法から変更はなかったかといったことも振り返ってみましょう。

また、仕事の取り組み方を変えてみることで、スピードアップや効率化につながることもあります。

他にどんな取り組み方があるのかを挙げ、実践して結果を蓄積していくことで、仕事の対応力も大きく向上するでしょう。

3. 自分以外に原因はないか

仕事がうまくいかない原因が、自分だけにあるとは限りません。職場での人事変更や、取引先の担当者の変更が原因でうまくいかなくなることもあります。

自分についてだけでなく、周囲に変化はなかったかどうかも振り返ってみましょう。

仕事がうまくいかないときの5つの対処法

仕事がうまくいかない状況を打開するためには、自分の仕事への取り組み方や考え方を変えてみることも重要です。

仕事で行き詰まってしまったときに実践したい、5つの対処法をご紹介します。

1. 完璧主義にならない

全ての仕事を完璧にこなそうとすることはやめたほうが良いでしょう。仕事に丁寧に取り組むことは大切ですが、あらゆる作業に対して不要なプレッシャーをかけてしまうと、手間も時間もかかってしまいます。

仕事では、「重要度の高い仕事でベストを尽くす、もしミスがあればその都度修正すればOK」くらいの考え方がおすすめです。プレッシャーから解放され、余裕を持って仕事に取り組めるでしょう。

2. 他人と比較しない

過度な他人との競争意識を持つこともやめましょう。もし、同期や後輩が良い成績を出していても、「自分は自分」と気にしないことがポイントです。

周囲に仕事をうまくこなしている方がいれば、その仕事術を自分にも取り入れてみよう、と思えるくらいの精神的な余裕を持つことがおすすめです。

3. 周囲に相談する

うまくいかないと思ったら、周囲に相談してアドバイスをもらう習慣をつけることがおすすめです。

できれば、同じ仕事をしている上司や同僚に相談してみましょう。同じ悩みを持った経験がある可能性が高く、「自分はこうして克服した」という具体的なアドバイスも期待できます。

4. リフレッシュする

仕事がうまくいかないときは、ストレスが溜まっているものです。体を動かしたり、退勤後や週末にしっかり休養したりして、きちんとリフレッシュしましょう。

体力の低下は気分の落ち込みや疲労の原因にもなるため、定期的な運動を取り入れることは特におすすめです。

また、仕事がうまくいかないときほど、睡眠不足などでパフォーマンスが低下してしまわないよう、休息をきちんととることが重要です。

5. 思考を切り替える

仕事がうまくいかないと、それを乗り越えようとあれこれと思い悩んでしまいがちですが、「いつまでも悩んでいてもしかたがない」と割り切ってしまうことも大切です。

リラックスして取り組むことで、意外とスムーズに解決できることもあります。

ただし、投げやりな考え方になり、怠けてしまうのはNGです。今までどおり、誠実に仕事に取り組みましょう。

仕事がうまくいかないときの3つのNG行動

仕事がうまくいかないと、そのストレスを発散するために普段とは違う行動をとったり、ネガティブな思考に陥ったりしてしまうこともあるでしょう。

その結果、解決するどころかさらに状況が悪化してしまう可能性もあります。

ここでは最後に、仕事で行き詰まってしまったときに避けるべき3つのNG行動を見ていきましょう。

1. 暴飲暴食

ストレス発散のために暴飲暴食に走る方もいますが、健康に悪影響があるためおすすめできません。

肥満や依存症のリスクがあるばかりか、胃もたれや二日酔いがさらに仕事のパフォーマンスを下げる原因にもなってしまいます。

2. 家でも仕事のことばかり考える

仕事とプライベートは切り離して考えることが大切です。

家でも仕事のことばかり考えていると、リラックスするはずが、些細なことでもイライラしてしまい、プライベートの人間関係を悪化させてしまう可能性もあります。

家では思考を切り替えてゆっくりと過ごしたり、趣味に没頭したりして、いったん仕事のことは忘れる時間を設けましょう。

3. 責任転嫁する

ストレスが溜まっているからといって、自分のミスを他人のせいにすることはNGです。ミスがあった場合は、「同じミスを繰り返さないためにはどうすべきか」を第一に考えましょう。

ただし、ミスを起こした自分のことを責めすぎないことも重要です。責任が誰にあるのかを考えるのではなく、ミスを防ぐための方法に思考を切り替える習慣をつけましょう。

仕事の悩みは自分一人で思い悩まないことが大切

仕事がうまくいかないという悩みは、タイミングや内容は違っても、誰もが経験することです。自分だけで抱え込まず、まずは周囲の方に相談してみることをおすすめします。

客観的に見たアドバイスをもらえるだけでなく、一人では難しい仕事のサポートをしてもらえたり、以前よりも効率的な仕事の進め方の発見につながったりすることもあるでしょう。

仕事がうまくいかないのはなぜ?知っておきたい主な原因と対処法に関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。